1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5からの短期決戦。

【208目実績】SAPIX国語・社会(D03)

2月25日の実績 

 

  • 学校対応(日記、定期テスト向けの確認など)
  • 基礎トレ など

 

ポイント

 

木曜日 ~SAPIXあり、この日も学校定期テスト前日~

2月25日(木)。学校から直接SAPIXへ移動。この日のSAPIXは国語・社会。

この日は帰宅も遅く、翌日はまた学校で定期テストがあるため夜に様々な取り組みはしていない。学校のテストについて、算数は特に何もせず。「計算間違い等には気を付ける、前回は最初の計算から落として8割しか取れなかったから」と本人は言っていた。理科は子どもたちが作った予想問題(実際その中からも結構出題されるのだとか)をざっと見ていた。穴埋めのようなものばかり・・・。

 

国語D03、社会D03

基礎力定着テスト03①は55点。最後の大問2問を落とすだけでなく最初の大問「1」で2問も間違う。やっぱり重症。時間が足りないと言うけれど時間のかかる方法を続けているものもある。丁寧なやり直しが必須。過去の範囲に遡って確認しようと思う。

国語のデイチェは先週分で88点。対応が手薄な状態で向かったことは認識していたが、漢字だけでも3問も落としている。どれも普段きちんと書いていたようなものだったり、「この部分は『九』じゃないよ、『丸』だよ」とか「この場合はこちらの文字を使うよ」とか、あえて注意して練習していたようなものだったり。テストになるとそういうものに限って「これってこうだっけ?」と怪しい部分、不安な箇所が出てくるのではないかと思う。普段から意識的な練習が必要だと思う。

社会のデイチェは100点。

この日は帰宅後、SAPIXについて(国語や社会の内容について)何も語らなかった。そういうとき私からは特に問うたりしない。基礎力定着テストの出来が悪すぎたこと、また予想できていたとは言え国語のデイチェ(先週分。今週もイマイチなのかな)の点数も酷かったことなどが影響しているかと思う。深刻な事態なのは私も分かっている。二人三脚で乗り越えていこう。

 

志望校調査用紙、『さぴあ』3月号

この日は『志望校調査用紙』と『さぴあ』3月号を持ち帰っていた。志望校は第一志望から第三志望まで記入して提出。『さぴあ』については部分的に読みたい記事があるそうだ。

 

感想

 

今日は学校が5時間目までなのであと1時間程度で帰宅するだろうか。私は今日取り組みたい内容などの準備を進める。算数の復習が必須となっているものについて、単に表面的に解き直すだけではなくて、過去に遡り根本的にやり直そうと思っているものがあるので、その該当テキストを引っ張り出しておこうと思う。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

よろしければクリックお願いいたします。 

【207目実績】息子に任せる

2月24日の実績 

 

  • 学校対応(社会まとめノート、定期テスト向けの確認など)
  • 基礎トレ
  • 算数:数の性質(SAPIX算数 D01『デイリーサポート』・『デイリーサピックス』など)
  • 国語:SAPIX国語 D02A、D02B

 

ポイント

 

水曜日 ~学校定期テスト前日~

2月24日(水)。16時20分頃、学校より帰宅。

 

算数:数の性質

算数の重点的な復習について、この日は「数の性質」。祝日の前日と当日を利用して総復習した「平面図形」ほどには長時間取り組めないし、取り組んだ問題数も少ない。基本的にはSAPIXのD01テキストの問題等を用いポイントを確認しながら復習していった。

途中疲れたようで30分くらい昼寝もした。

今週火曜日がお休みだったので算数・理科の授業が1週間空く。それでこのように補強が必要な分野の重点的な復習も可能になっているわけで、ありがたいと思う。3月7日には組分けテストがあるが それを意識した勉強は特にできていない。今週はこのように多少の余裕をいただいているのだから、一般に公開されているような予想問題など(SAPIXとは無関係の塾?などが公開しているもの)を解いてみて弱点のあぶり出しや全体的な復習をしてみようかと思う。

 

その他のお勉強は息子にお任せ ~社会まとめノート~

そのような感じでしばらく算数のお勉強を続けていると、息子が焦り出したように言った、「社会のまとめノートをやらないと・・・」。

学校では翌日(木曜日)・翌々日(金曜日)に定期テストが行われる(テスト時間以外は通常授業)。木曜日は国語・社会、金曜日は算数・理科らしく、「社会のまとめノート」というのは社会のテストがある日(翌日の木曜日)が提出期限なのだそうだ。

「社会のまとめノート」では、ひたすら学校の社会の授業ノートを ”清書” しているようだった。

以前 地理の学習をしていた頃、同様のまとめノートを作成している際には「この ”清書” に意味があるだろうか、時間ばかりかけているが もっと有益な学習方法があるのでは」と思ったものの、現在学習中である歴史の場合は 息子の中に理解の基盤が存在しているように感じられるので、単なる ”清書” でも頭の中を整理し内容や漢字を確認するためにも意義はあるように思えた。

当該ノートに関して担当の先生からどのような指示を受けているのか私は知らない。もしかしたらもっと有益な「まとめ」が作成されていることを期待されているのかもしれない。でも学校のことは本当によく分からないので基本的に息子に任せている。

頭を悩ませて算数の問題を解くのとは異なって、学校のノートの "清書" は平易な作業であるし 楽しいらしく、学校の課題だから息子の中での優先度も高くて、正しい姿勢で熱心に取り組み完成させていたようだ。

歴史について繰り返し取り組んでいるときに感じる安心感とは裏腹に、私の頭を悩ませるのは地理。土特の「知識の総完成」だけは毎週完璧にしようということで何度も確認しているが、単なるバラバラの知識を何とか定着させようと繰り返しているだけという感覚になってくる。土台がない。太い幹やそこから広がる枝がなければ果実をくっつける場所がない。これでは定着率も低いままだろう。

時期が時期なので暗記事項は繰り返すが、別途今さらながらも土台を築く学習が必要だろうと感じている。理科も分野によってはその状態。

 

その他

この日は その他に、学校の国語・社会に関する翌日の定期テスト向け勉強と、翌日SAPIXで授業のある国語・社会のお勉強がメイン と伝え、すべて息子にお任せ。

SAPIX向けのお勉強に関しては、国語は宿題の残りもあった。それから国語・社会共にデイリーチェックのための最終確認。国語は漢字の要と言葉ナビ、それからデイチェ範囲、社会はデイリーステップや確認問題、テキスト本文(テーマ)の確認くらい。

それ以外に算数についても少々「これを最後にやっておいてね」と。

それらには「社会まとめノート」を終えてから対応した模様。何をどの程度やったのかも今回私はよく把握していない。デイチェのための確認などになると、提出が必要な宿題とは異なり「軽く見たか / 見なかったか」という程度かもしれない。でもこの日の取り組みについては息子を信用し任せた。実際のデイリーチェックで間違いがあれば復習する。

 

感想

 

現在はSAPIXで国語・社会の授業を受講中。今日は帰宅が遅いし、翌日にも学校で定期テストがあるので夜にできることは限られる。

明日の帰宅後は少しゆったりと広い視点で、しかし取り組むべき項目を着実にこなす日にしたい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

よろしければクリックお願いいたします。 

【206目実績】祝日 ~重点的な復習といつもの取り組み~

2月23日の実績 

 

  • 学校対応(社会まとめノート、国語問題作り、日記、「類義語・対義語」・「ことわざ・慣用句・故事成語」)
  • 基礎トレ
  • 算数:SAPIX算数 5年-D37(平面図形総合)「アプローチ」、W01「分野別補充プリント(A)」復習、W01『ウィークリーサピックス』X(割合))
  • 国語:SAPIX国語 D02A(コトノハ実戦編、『漢字の要』、『言葉ナビ』)
  • 理科:土特W01 「X-1」、「知識の総完成」、「知識の20題」
  • 社会:土特W01 「知識の総完成」、SAPIX社会 D02(政治史② 古墳時代平安時代確認問題発展編)

 

ポイント

 

祝日

2月23日(火・祝)。前日から5年生の算数テキスト D27とD37の「アプローチ」を使用して平面図形を総復習中。この日はその後半、D37テキストにある「アプローチ」の全面的なやり直し。

 

算数:平面図形(5年‐D37 平面図形総合)

前日に 5年‐D27テキスト(比と図形(2))の「アプローチ」全問題をやり終え、この日はD37テキスト(平面図形総合)へ。

平面図形に 続けて取り組み過ぎて、最後の応用問題まで来たときにはすっかり疲れていた模様。

最終的にこの日は、土特の分野別補充プリント(A)をやり直してみた。後日、D37テキストの確認問題等もやり直してから同プリント(無印)に取り組んでもらおうと思う。

その他、算数については土特W01のXの問題にも取り組んだ。割合(特に損益算)も重点的に復習したほうが良いと思っている。例えば冬期講習のテキストF03をざっくり復習するなど。取り組み中さらに基礎的なポイントに立ち返る必要が生じるかも。

 

その他

国語については学校の定期テスト向けとなる「類義語・対義語」や「ことわざ・慣用句・故事成語」の確認のほか、『漢字の要』や『言葉ナビ』、それからAテキストの宿題に取り組む。

理科は土特のテキストにある「知識の20題」、「知識の総完成」や X の「1」番に取り組む。繰り返さないと忘れている。

社会は土特の「知識の総完成」(地理)とD02テキスト(歴史)の確認問題発展編。歴史については地理ほど課題があるわけではないが、漢字の間違いが多い。

理科のほか 特に社会の地理について、『新小学問題集』を利用して 今さらだが個々の事項を載せるための基軸を築いていく方針。

 

感想

 

この日は祝日で学校もSAPIXもお休みだったため、前日の夕方と合わせて平面図形の集中的な取り組みをした。

木・金曜日には学校で定期テストもあり、木曜日・土曜日とSAPIXもあるので 今日(2月24日(水))の夕方は平常通り 目下すべきことを着実にこなす日。

ただ、不得手な科目や苦手な分野などはきちんと認識し、どんなときでも別途対応していきたい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

よろしければクリックお願いいたします。 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。