1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【446日目実績】SAPIX算数・理科(D27)~10月度マンスリー帳票~

10月21日の実績

 

  • 学校:算数
  • 算数:基礎トレ、過去問復習など
  • 国語:漢字

 

ポイント

 

SAPIX 算数・理科 D27

10月21日(木)、学校から直接SAPIXへ移動。この日のSAPIXからの帰宅はなぜか(電車も少々遅延していたようだ)少々遅くて、自宅最寄り駅に着いたときにはすでに22時。

 

帰宅後:学校関連

前日に学校関連の話で、委員会で新聞を作らないといけないけれどどう書けば良いのか分からないという話があって、作成途中のものを何となく見ると本当にどう書けば良いのか分かっていないような酷いレベルだったため、この日帰宅してから参考となるパンフレットなどを渡そうと準備していた。

どうもごみの分別などについて書こうとしているらしかったから、ある自治体のごみ処理関連パンフレット(各家庭に配布されるもの)と、一般的に小学生が作成する「新聞」のサンプル(ごみ処理に関する内容)を、見開きできるクリアファイルに入れて。

表面から一般的な小学生の「新聞」サンプルが見えるようにしていたら、それだけで「これ面白そう。」と言い、私が話す前から興味を持っていた。

それから中を開いて某自治体のパンフレットを。単に各種ごみの収集曜日や分別に関する情報が載っているだけのものだが、パンフレット自体が見やすく構成されていることもありそれだけで食い入るように見ている。ちょっとしたアドバイスは入れたが、これだけでこんなに興味津々なのだなと思った。その自治体は分別の仕方が細かいほうだった。それを見ながらゴミに出す前の処理について「これ全部丁寧にやってみたい。」などと言っていた。

とりあえず第一歩はこれだけで良いかなと思った。それほど話さなくてもこれを渡すだけで調べたいこと、書きたいこと、どんなふうに書けば目を引くか(理想形)などについては自分の中に浮かんだみたいだったから。

どの自治体も同じようなパンフレットを配布しているが、回収回数・回収方法や分別方法はそれぞれで少しずつ違っていたりする。例えば搬入される清掃工場の施設の違いに起因することもあり、いくつかの自治体のパンフレットを比較してみるのも面白いかもねとは言っておいた。

 

帰宅後:過去問の取り組み方について話す

連日過去問に取り組んでいる。第一志望の算数の過去問について、出来があまりにもひどく復習にも時間を要しているが、今後少なくともこの学校の算数についてはより丁寧な復習(学習)方法を採ろうという話をした。

具体的なやり方について私からの提案。息子も前のめりで聴いているし、やる気も見える。これで行こうと合意。

今の出来はあまりに酷いけれど、乗り越えて行けるように頑張っていこう。

ただ単純にそこにある問題を復習するだけではない。それらが解けるようになるためには、そもそもベースとして取り組む必要のある問題群が出てくる。それについても強い心でちゃんと取り組んでくれるだろうか。前のめりになってくれるだろうか。私は何とかうまく導けるか、日々息子を見ていると正直なところ非常に不安になるけれども私はとにかく前向きでいよう。

 

帰宅後:この日の取り組み

学校の算数の宿題、基礎トレ、漢字の後、この日は最近の算数デイチェや基礎力定着テストについて復習未済だったものがあったためまずそれに取り組む。

この日も帰りは遅く、塾の通常授業に行くことさえ「休む? 家できちんと『(本来的な)勉強』をする?」と言いたくなる日々だったけれど、塾の後はテキパキしていて良いなとは思った。時間も限られている。漢字の確認方法についても、前日提示した改善策によるもの(短く時間を区切っての「テスト→確認→再テスト」というやり方)だったが、本人も前向きに取り組めておりキビキビしていて効果的だと思った。

さてその後は、すでに遅かったため、過去問(第一志望・算数)の復習は前日に取り組んだ図形の問題の再度やり直しと、続く大問のみ。

ただ、たったこれだけなのに、続く大問(「速さ」の問題)になるとまた「意識飛んでる?」という状態に。眠いのは分かる。本人は「寝てない!」と言うが「様子を動画に撮っておこうか? それを見たら『寝ていた』と納得できるよ。」と言いたくなる。前のめりのやる気は全く感じられず、目が閉じているような状態になる息子。道のりは長い。

私の力説ばかりだからダメなのだろう。うまく質問・答えのような形式にはしたいが、「だってレスポンスが悪すぎるんだもの。」が私の言い訳。あぁ、難しい。母親が「こうだよ、分かる? 聞いてる!?」と連発しているって、何だか違うよねぇ・・・。

そして、この日はもともと最後に社会のコアプラスだけはやろうとしたのに、そんな調子だったからすっかり忘れてしまっていた。とにかくこの問題の最後までは聴いて、そこまで我慢して、と言う感じで、それが終わったらお風呂へGo。後から気づいた、「あ、社会やってない」。他科目も日々少しずつでも触れておきたいのに最近社会の取り組み時間が短すぎる。

 

国語の読解関連で

6年生になってから特に国語の読解文が難しいと言い、どうも本人には内容がよく理解できないからなのだろう、読むのが遅すぎていつも時間切れ。

一つにはそういった文章の精読量(普通に読んだ量)が少なすぎるからだろうと思っており、今さらながら銀本にある全文章を一つずつ読んでいってもらうことにしている。

基本的には学校のショルダーに入れて行き帰りの電車とか空いた時間に読んでね、と。問題まで解く必要はなく、よく分からなくてもとにかく読み進めて欲しいと言っている。

銀本はカッターで何冊にも分冊化している。ただこの日尋ねてもまだ数日前に渡したものが読み終わっていないと言う。一冊を一日で読んでもらう予定なのに。

本人にとって難しかったり、今のところ特に興味のないような話題だからそうなるのだろうけれど。

自宅でそのために一定の時間を取るほどの余裕もあまりなかったり、その時間を取っても冊子を軽く手に持ったままうたた寝している様子さえ想像できたから、とにかく分からなくても隙間時間に読んでもらうことを求めている。

この取り組みについて、その目的は中学入試で使用されるような文章を読み慣れることと、そういった話題の情報を自分の中に蓄積してもらうことだ。その意味では、自宅で私が一緒に見ながら音読(そして私のことだから読みながらコメントを入れてしまうだろう、その会話には息子も楽しそうに乗ってくるだろう)して進めることだって可能だし、そうすればこの息子だって楽しそうに取り組む(入ってくる)のは目に見えている。しかし、今回の本質的な目的は「自分で読んでもらうこと」だ。よく分からないなーと思っても、難しいなーと思っても、自力で読み進めてそれなりのスピードをつけてもらうこと、その上で下地になる知識を少しは身につけてもらうことだ。だから私が音読する方法は採りたくない。

「よく分からなくてもとにかく読み進めて。明日は絶対この一冊は読み終わってね。」とだけ念押しした。

 

10月度マンスリー実力テスト成績帳票

この日は10月度マンスリーの成績帳票を受け取って帰っている。自己採点の時点で低偏差値なのは目に見えていた。

40 < 国語 < 45 < 理科 < 四科 < 50 < 社会 < 算数

今回特に悪く全体を下へ引っ張ったのは国語。

よく「模試の結果に一喜一憂してはいけない。」と言われる気がするけれど、すみません、我が家「全『憂』」なんですが・・・。「一喜」の要素がどこにも見当たらないー。最後の一回だけで十分なので我が家にも「喜」が欲しい・・・。

まだこのテストの復習さえすべて終わっているわけではなく、常にタスクが山積みどころか、タスクに埋もれた状態。上からどんどん問題が降ってくる状態だけれどそれどころではなく「これだけは」というところまでとことん絞らねばならない。もちろんテストの復習は必須タスクだ。

 

感想

 

毎日忙しいので大変なのは分かっており、私ももう少し睡眠時間を取ってもらいたいと思う。そしてそれだけでなく、本来的な勉強、つまり自分でパワーを使って解き、自分の血肉とするような勉強のために時間を使ってもらいたいと切に思っている。

もっと時間を大切にしたい。しんどくても頑張ろうとする気力が見たいとも思う。

この日、「校内新聞を書く」という受験には特に関係のない学校関連のことについて、ちょっとしたサンプルや参考資料を渡すだけで本人の目が輝いた。受験勉強だって、ほんの少しのトリガーや、ほんの少しのきっかけで、本人の表情がパッと輝いたり、本人自身が「あ、分かった。」という状態になることだってきっとあるのだろうと思っている。

もう時間もない。居住する区に対して公立中の希望選択票を返送する期限も来た。小学校が決まった後、近所の公立小ではなく私立小に進学すると電話で連絡したことを覚えている。今回も入学できる中学校があれば連絡できるだろう。しかしそれが一つもなかったら今ここに書かれた公立中へ進むのだ(私たち両親も、私たちのきょうだいも親戚にしても、中学は皆私立か国立で公立中は未知の世界)。時間はない。でも王道もない。丁寧に取り組むこと、そしてきちんと反復すること。コツコツ進めて行くだけ。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

【445日目実績】多忙な日々、取り組めるメインの量はほんの少し

10月20日の実績

 

  • 学校:算数、日記、英語
  • 算数:基礎トレ、過去問
  • 国語:漢字、過去問復習
  • 理科:コアプラス

 

ポイント

 

時間があるようでない

10月20日(水)、学校からは16時過ぎに帰宅。しかし学校の後というのはなかなか本題に入れない気がする。

帰宅しおやつを食べお昼寝をする(90分間くらい)。その後学校関連の取り組みをする。最初に算数、次に英語、その次は日記。最初の算数と英語は iPad 上での取り組み。翌日は委員会があるとかで「嫌だなぁ。新聞とかポスターとかを書けって言われるけど、どう書いたらいいか分からないもん。」などと言っていた。そういったものも iPad 上で作っているらしく、引き続き iPad を持ったまま、どうも作っている新聞らしきものを開いていたのでそれが少し目に入った。

ご担当の先生はある程度テーマや書き方などをアドバイスくださっているのではないだろうか。しかし書いている途中という画面を見てみると、小一レベル? 幼稚園レベル? 内容はほとんどなかった。もうこの時期なので、こんな感じはどう? とか一緒に調べてみたりとか、その場で私があれこれ構っている余裕がないのだけれど「これは酷いな。」と感じずにはいられなくて、後日私からも一言アドバイスしようとは感じた。(私の育て方も悪かったのだろうと反省点も多々あるのだけれど「どうしてこうなった?」とさえ感じる小学六年生。)本来自分で調べて書いていくものだと思うが、自治体のごみ関連パンフレットなどを参考までに渡してちょっとした提案でも入れておこうと。その場で対応できれば良かったが、こちらは翌日繰り越し対応。

最後の日記は紙に手書き。そんなこんなをしていると、どうしても学校の後というのは帰宅後のお昼寝はあるし、あれやこれやとバタバタした感じで何だか落ち着かず、なかなか本題に入れないような気がする。頭が痛い。

ただ大変なのも忙しいのも痛いほど分かっている。よくこんな睡眠時間で、これほど忙しい毎日を送っていられるなと思わなくもない。遠い学校まで毎日休むことなく通勤電車に揺られてきちんと通っていることさえ偉いと思う。よく頑張っていると思う。

 

取り組み内容

「ようやく本題に入れた。」とこの日スタートしたのは、算数の過去問の復習。前日第一志望校の算数の過去問を最後に解いたのだけれど、結果はもちろん酷いもので、そのやり直しなどの大半は未済だったため。

翌日になって一題ずつ丁寧に確認していくと、初見で「とても難しい。」と思った数々の問題もそこまでではないように見えてくる。

ただ入試には一ひねりがあったり、いくつかのジャンルの組み合わせになっていたりする。きちんと根気強く調べて丁寧に答えていく能力が試される問題もある。

私から見ると問題文の中に解法のヒントが散りばめられているし、逆にその情報が解に繋がる情報のすべてなのだから、これまで学習した手法のうちそこにある情報(条件)から考え得る道筋を組み立てるといった方法でも解けて行けるかなと感じる。どちらにせよ、これまでの解法が理路整然と自分のストレージに格納されている必要があり、都度正しく必要な情報を抜き出してくる必要があって、それにはまだまだトレーニングが欠かせないのだろうなという気はする。

この日も最後に一年分の過去問を解いているのだが結果はさらに酷かった。取り組んでいる最中、息子は「難しい。」を連発。簡単な問題のみこの日のうちに一緒に復習したが、図形については「こんなに単純な問題で白紙とは。」と感じるものもあった。正に「それ」が見えれば即答できるもの。ただ「それ」が見えなければ分からないかも。さすがに「見えて」欲しいと感じずにはいられない問題で「慣れていないのだな、こういった問題は必要な数をこなし反復する必要がある。」と痛感。以前の土特の分野別補充プリントも枚数は多めだが種類としては19しかない。これを再度繰り返したい。一回目には苦痛があっても、複数回繰り返すごとに慣れてくるはず。

過去問というものはそれほど何度も解くものではないと一般的に言われている。私もそう思っていたが、少なくともこの第一志望校の過去問については、今はざっと解いてざっと復習しているレベルだが、手元にあるこの学校の算数過去問がすべて一度解き終わったら、次にまたもっと丁寧にやり直す段階に入りたいと思っている。過去に模試などで間違った問題について、ルーズリーフを用い一問一枚の独自ノートを作成したのと同じ方法で。

以上の取り組みだけでも結構な時間を要した。この日漢字については取り組み方法を少し変えた。規定量をテスト形式で確認し、答え合わせ後間違った問題は「見る」だけの復習(短時間)、それから再度同じ範囲をテスト形式で実施。漢字・語彙も繰り返し。あれこれ問題が降って来るけれど、根底では一つの問題集に絞るようにしている。読解については先日取り組んだ過去問の復習(まだ残りあり)。

この日の最後は理科のコアプラス。ちょうど翌日授業の指定範囲が結構多めでそこを確認。すでに時間が遅くて本人も比較的不機嫌。

一通り確認できたら「明日の塾は休んでも良いんだよ?」と言ってみた。こんなふうに範囲や取り組み内容の指定をいただくことでペースメーカーとして導いていただいているけれど、それを活用するのは自分たち。その締め切り効果で範囲の確認ができたならば、しんどいなら、家で自分で必須の取り組みが実行できると言うなら、塾は休んでも良いと言った。そう言うと息子は行こうとする。でも行くならば、ただ漫然と授業を受け時間の浪費にするのではなく、目的を考えて集中し、自分のものとするべく頑張ってきて欲しいと伝えている。

不機嫌なとき口論のようになるのは嫌だ。その際にも「ひねくれた考え方をするなぁ・・・。」と思ってしまう発言が息子から次々と飛び出す。どうしてそういった考えになる? どうしてそういうことを言う? こう感じるとき、私こそ私自身を反省する。私はたぶん息子に対しているときが最も自分をさらけ出している。私自身ひねくれたことを言っているのかも。息子に対して「そういった考え方はして欲しくない。」とか「そういうことを言ってはいけない。」とか「感謝の念を持とう?」と感じてしまうなら、私はどうなんだろう、と。ひねくれた間違った考え方を、私こそ息子に対して言い続けてきてしまったのかなぁ。

そんな反省もあって、今朝家を出る前に息子をハグして「大好きだよ。」と言ってからそんな気持ちを伝えようとしたら・・・、以前だったら小さい子を「よしよし。」とするかのようなハグだったのに、おや? 何か変? 私より背の高い男性に向かって高く手を伸ばしその首元に抱きつくかのような? 未だに幼い(いや、以前より幼くなってない?と思う部分もある。)息子なのだけれど、すっかり大きくなってしまった。

 

感想

 

一つひとつの取り組みにあまりにも時間がかかるのでスムーズな進捗ではないけれど、「解けない、難しい。」と思う一題一題の過去問を大切にして欲しいと思っている。

でも過去問は「やりたい。」という気持ちがあるようだ。解けない苦悩も、その後の勉強に役立つはず。

ただそれが解けるようになるまでには努力が必要。図形だってパッと「見える」ようになるためにはトレーニングを積まないといけない。特にその最初(一回目)が苦しいのは分かる。そこを何とか乗り越えて頑張って欲しい。それに負けず頑張れるかな。乗り越えることができたならきっと力がついているだろうし、成長しているだろう。

私はうまく伴走できるかな。忍耐も要る、でも希望があれば頑張れるはず。本人がそんな気持ちを抱いて頑張れるような対応が必要だと分かっている。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

【444日目実績】最終的な目標から塾に行く目的を考え直す(今さら)

10月19日の実績

 

  • 学校:算数、交換日記
  • 算数:基礎トレ、過去問
  • 国語:漢字

 

ポイント

 

SAPIX 国語・社会 D26

10月19日(火)、学校から直接SAPIXへ移動。SAPIXの授業も終わって自宅最寄り駅に到着するのは22時前。帰宅時も機嫌が良かった。

夕食は帰宅後。いつものことだけれど遅い。なんでもおいしく食べてくれるのは嬉しいけれど、そんな時間なのに本当によく食べる。

食後の取り組みは、まず学校の宿題から。算数以外に一年生との交換日記もあって、それについては楽しそうに書いている。ちょっとした挿絵もとてもかわいかった。

その後、あまり時間もないので算数については第一志望の学校の過去問を一つ、大半のやり直し(復習)は翌日に持ち越し。それから漢字。その程度しかできず。(漢字の確認方法も再考。)

 

過去問中心になって来た

ようやく過去問に重点が置けるようになってきた。ただし第一志望の学校の算数は目も当てられないほどの惨憺たる結果。

本人も良い意味で青ざめ危機感を持ったと思う。そして、そもそもなぜ塾に通っているのかとか、塾の授業には本来どのように臨むべきなのかといった根本的な観点から考え直す機会になったことは非常に良かった点だと思っている。

もちろん、今後何を重点的に学習すべきか、また各教科の時間配分などについても本人自身が考え直したり認識を新たにしたりしたことも良かった点だ。

息子の場合は何をとってもペースはかなりスロー。SAPIXの授業ではたくさんの問題が扱われているけれどどこまで自分なりに咀嚼できているのだろう。たくさんの解法を耳にした状態で帰って来るのだろうが、それを少しでも活かすために、自分の頭で考え直し、自分の中に落とし込み、そして自力で確実に解けるまでの能力を身につける必要がある。その時間を確保するために、今後また土特を欠席することもあるかもしれない。そして本人がその状態に至れるようにするには、やはりかなりのフォローが必要であると強く認識した。

私もやはりもう少し関与しなければとよく分かったが、今回確認し合えたように最終目標や塾に通う目的を見失わず、そして息子自身の傾向などをきちんと理解して、広い視野で関わっていきたいと感じる。

あまりに過去問が解けなくて青ざめてはいた息子だけれど、取り組み順序を決める際も自分から「過去問がやりたい。」と言った。「サピだけだと飽きる。」なんていう表現もした。夏に『有名中』に取り組んでいるときはそのような感じはなかったが、第一志望の学校の過去問にどんどん取り組むようになったら状況は変わった。特に赤本のコピーではなく実際の入試問題が入手できているものについてはそれをコピーして取り組んでいるから、さらに新たな気持ちで緊張感をもって取り組めるようだ。

 

感想

 

一日にできることがかなり限られている。何にしても遅いので、一つひとつを大切にし、そこからの学びを極力大きくしたい。

解説を読んで考えて、ようやく理解して「なるほど。」などと言っているレベルでは程遠く、反射的に自分で解けるようにならないといけない。大変な一つひとつも、その苦しみを大切にして丁寧に取り組んでいくうちに慣れたり、傾向が見えたりして道が拓けていくかなと思う。

息子の場合はできることが限られている。とにかく「大切にするもの」を絞って取り組んでいきたい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。