1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5からの短期決戦。

【124日目実績】学校の勉強

 12月3日の実績 

 

  • 学校対応(日記、定期テスト向け:理科)
  • 基礎トレ当日分
  • SAPIX国語A 31(漢字、デイチェ範囲、言葉ナビ)
  • SAPIX国語B 31
  • SAPIX算数 32(倍数算:確認問題「A」)
  • SAPIX理科 31(滑車と輪軸:確認問題「1」)
  • SAPIX社会 31(幕政改革:確認問題基礎編「1」)

 

ポイント

 

木曜日

この日、取り組み前に机上の整理などをしていて開始が少々遅れた。もともと広々したダイニングテーブルだったところが今は息子と私のお勉強スペースになっていて、この日はブックスタンドや机上台を追加し参考書・問題集などが並ぶ前面部分を整理整頓。

翌日は学校で算数・理科の期末試験がある日だった。「理科はちょっと確認したい。算数は何もしなくてもいいよ」と息子。今回の「算数の範囲は〇〇と〇〇と・・・、そんなに難しくはないよ、大丈夫」などと言う。

私は学校のことはよく分からない部分が多いし、本人に任せている。この日算数については本当に全く何の確認もしないで息子は寝てしまったのだけれど大丈夫なのかな。とりあえず様子見。

 

SAPIX国語

翌日のSAPIXは国語。今週は漢字や言葉ナビの確認もろくにできず前日を迎えてしまった。さらに国語Bも残していた。

漢字、デイチェ出題範囲、言葉ナビ(三字熟語)の順に確認。

漢字については、最近は以前に比べるとだいぶ頭が柔らかくなってきたし漢字にも多少親しんできているので定着率が高まってきているように思う。デイチェ出題範囲については、まだ少し間違いもあり 全体的に丁寧に確認を進めた。言葉ナビも今回は明らかに繰り返し回数が少なく、危うい。

デイチェの結果をもってまた復習したいと思う。

国語Bについては、数問の設問に答えていた。今回の出典は河合隼雄著『物語とふしぎ』。板書ノートを基に答えを組み立てていたので答えのエッセンスはそろっているのだが、記載の順序と接続の仕方から「〇」にできないと思うものがあった。答え方としては論理的に読み取りそのまま答えとして組み立てれば正解できるものなので、まだ読み方や記述の仕方が曖昧で大雑把なのだと分かる。ただ本当に読み込もうと思うとき、内容としては奥が深く難しい話なので、どの程度理解できているかなと思うところがあった。多少話を広げて語ってみたりした。私もちゃんと読んでみよう。

 

学校の勉強

この日も最初に学校の宿題にある日記に取り組んでいた。翌日は日直だからこの日記を朝みんなの前で読むのだと言っていた。日記の文章は気軽に書いているので、記述の仕方や論理構成など厳密な観点から見るとツッコミどころ満載ではあるもの。

翌日の定期テストは算数・理科。

算数については上述の通り特に何もしなくても大丈夫などと言って、本当に何も見ることなく過ごしていた。

理科については ノートと教科書(バインダーに綴じられたプリント)を見ながら復習をしていた。お友だちが作った予想問題のプリントを見ながら確認したり、ノートを見ながら私に説明をしてくれたりした。

「同じクラスのお友だちでテスト前に3時まで勉強しているっていう人がいるよ。徹夜することもあるんだって。日記にそう書いてたよ」と息子。学校のテスト? そんなに勉強するの?  「その子はSAPIXの**校に通っていて α だよ」と言う。へぇ、すごいね。(SAPIXに通っている人も多いのかな? よく聞く気がする。)

前回みたいに学校のテストとマンスリーテストが時期的に重なって徹夜になることがあったのかなぁ。ふと、学校のテストも100点満点、オール5を当たり前のように目指されているのだろうなと思った。比して我が家。私も甘いし、息子自身「大丈夫」って言っているけれど、どの教科にしたって彼は「8割取れればそれでよし、赤点じゃなければ万事OK」という感覚でいるように思う。本当に大丈夫なのだろうか。通知表にどんな成績が記載されて返ってくるのだろうか。恐ろしい。とりあえず様子見(やっぱり親も甘い… )。

私も完璧になるまで繰り返して欲しいと思うけれど、実際のプレイヤーである息子がそこまでやらないというのがある。親御様も熱心な上にお子様自身もそれを認識して自分から当然の如くそこまで頑張れるというのが最も素晴らしく、それが成績という結果に反映されるのだと思う。

今回の算数の範囲には「速さ」も入っていると言っていた。流水算や通過算も対象であると考えると、とても「大丈夫」とは私には思えないのだけれども・・・。

 

その他(SAPIX 算数・理科・社会)

学校のテストがあることもあり、今週は本来の進捗と比較すると取り組みが遅れており、月曜日に授業のある理科・社会もほぼ手付かずだった。

この日は、とりあえず残る時間で、理科・社会の確認問題「1」番、算数については確認編「A」に取り組み。それぞれ理解度のチェック。

ギリギリに詰め込むのは避けたいし、今回理科は「滑車・輪軸」がテーマであるためそれなりに時間を取りたいのだが、また土日に大半の対応をすることに。

算数の「倍数算」についても、とりあえず「A」の問題は解けていたものの、多少時間を取っているし、今回も手元にある参考書で典型的な問題パターンに順序良く触れることで体系立てて理解し直してから、再度テキストに戻り問題演習に取り組みたいと思う。

貴重な土日。結局、大半の取り組みが土日に集中してしまう。学校では来週英語のテストがあるらしく(本人曰く「危ない」)、土日にその時間も取らねばならないのが非常につらいけれども、時間を大切に、集中して取り組みたい。

 

感想

 

現在SAPIXで国語の授業中。今日の基礎力定着テスト、デイチェはどうだったろう。今回のデイチェは先週よりやり直しが増えそうな予感。どの教科もそうだけれど、日々何があっても、ちょっとずつでも繰り返すようきちんと予定を組まないと、と改めて私自身が反省。

この日も基礎トレは7分で全問正解と、ここのところ算数も調子よく進めているようには思える。てこや滑車だって得意にしうる範囲だと思う。息子の気持ちに上手に寄り添いつつうまく取り組みを進めていきたい。

とりあえず明日からの土日、時間を大切に、しっかり頑張ろう。 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ 

よろしければクリックお願いいたします。 

【123日目実績】調子の良かったSAPIX算数

 12月2日の実績 

 

  • 学校対応(日記、定期テスト向け:国語・社会、社会まとめノート)
  • 基礎トレ当日分
  • 基礎力定着テスト32① 復習

 

ポイント

 

算数の水曜日

学校後 直接SAPIXへ移動。最近、20時35分ごろ自宅最寄り駅まで息子をお迎えに行くと、仕事帰りの主人も同乗することが多い。この日も時間が同じくらいだったようで帰りは3人。

この日、お迎えの車に乗り込んできた息子は久しぶりにご機嫌で大きな声で話し始めた。最初に話し始めたのは「今朝は1本前の電車に乗れたから教室に入ったときクラスで3番目くらいだった。次の電車は7分後だけど、それだともう16~17人くらい教室にいるの。これからもできれば今日と同じ電車で行きたい」といった内容だったけれど、その雰囲気から今日は基礎力定着かデイチェなどで比較的良い点が取れたんだろうなと思った。

予想通り、しばらく走ったところで「今日はデイリーチェックが150点満点だったよ、先生が優しくて それだけでシールが6枚もらえた」と話し始めた。やっぱり分かりやす過ぎる小5男子。

何にせよ調子よく行って機嫌が良いのは非常に助かる。この日は帰宅後の取り組みも前向きに進めてくれた。

 

基礎力定着テスト32①(「総合」の復習)

85点。間違いは「2」と「4」の(2)。

間違いはどちらも流水算だった。帰宅後のやり直しでは、「2」は正解で「計算がどこかで間違っていたんだと思う」、「4」の(2)については解答解説を参照し「まぁ言われれば分かる、最後の式までいかなかった」とのこと。

 

ベイシック確認テスト①

100点。この日は調子が良かったのだろうか。先週は目を疑う20点だったのだが。振れ幅が大き過ぎる気が。

「今日は8問しかなかったしね」と言っていたけど、全体的に本人にとって得意な問題セットだったか 一般的に易しかったのか(本人の気分や疲労度も関係しているのは間違いなさそうだけれども)。裏頁の「ベイシック確認テスト②」を家で解かせてみて普段より難なくこなせるようなら、前回のものと比較して何が得意で何が苦手か明確化できると思う。

 

デイリーチェック32(「和と差に関する問題」)

150点。シール6枚。

「時間が6分余ったんだよ」とのこと。多分、普段息子は「時間が余る」ことがほぼないのだと思う。また「やった問題ばっかりだったよ。数字が違うくらいで」って、デイチェって だいたい いつもそうだと思うんだけどね と思った。

デイチェが55点しかなくて仰天したのはたった1週間前。満点だったことは嬉しいことだし、今回の範囲はある程度理解できていると考えることもできるとは思うけれども、やはり変動幅が大き過ぎるのは問題なので、弱点をしっかり認識しその部分を補強するように努めたい。

また、今回の範囲がある程度は得意にできたと考えるならば、この1週間の進め方を一つの成功事例として 今後の学習を進める際にも参考にしたいと思う。(「和と差に関する問題」では『応用自在』と『塾技』で、過不足算・消去算・差集め算・つるかめ算等 該当する問題パターンを体系立てて学んだあとテキストの問題に戻った、また『プラスワン問題集』にも取り組んだ。)

 

【1週間前のログ 】

nakataka.info

 

基礎トレ

帰宅後、基礎力定着テストの復習、それから基礎トレ。この日は基礎トレも8分余りで全問正解していた。

この日は機嫌が良かったので、疲れや眠気などを見せることもなく 本人が前向きに取り組んでくれたのが良かった。

 

学校の定期テスト向け勉強など

翌日から学校の期末試験。翌日(木曜日)は国語と社会、翌々日(金曜日)には算数と理科のテストがあるらしい。

また「社会のまとめノートが明日提出だ」と。「まとめノート」を作る作業が試験勉強になれば良いのではないかと思ったが、横で見ていると「まとめノート」自体は授業中の板書をそのまま写すような作業になっていた。(所要時間 1時間30分)

その後、学校で受け取ってきた社会のプリントに 口頭で答える形式で取り組んだ。これについては特に問題なさそうだったが、最後に各工業地帯/地域に含まれる都市の確認をすると、まだ怪しい部分が。(学校のテストでは各都市がどこに含まれるかが分かっていれば良いとのこと。)

この2つの確認作業をしていて、やはり学校の社会は暗記事項もそれほど多くなく、全体を ”丸く理解する” だけで何とかなるような雰囲気を感じた(うまく表現できないのだが)。各都市の位置など、私からすればここ数日繰り返しているのでそろそろ当然頭に入っていて良いと思うのだけれどまだ怪しい。中学受験のレベルでは、都市名・その位置は当然のこと、その都市では何がさかんなのか等、特色まで確実にきちんと覚えて、その知識を適切に運用できるレベルにまでしておかないといけない。

社会の「まとめノート」作りで結構な時間を要してしまい、お風呂に入った後 漢字の確認を少々。もうだいぶ眠いようだった。「漢字が危ない」と本人も言っていたし私もそう思う。最低限の確認はしたが、それでさえどの程度頭に入っているだろう。またテスト直しを行う上でさらに定着していってもらえればと思う。

この日もなるべく早く就寝させたかったけれど、結局かなり遅くなってしまった。

 

感想

 

今日の帰宅後は、明日の期末試験向けの確認(算数・理科)と、SAPIX国語に取り組む。

SAPIXの国語も、もう前日だと言うのに 今週はあまり対応できていない。Bテキストの読解問題も残しているし、漢字・デイチェ出題範囲・言葉ナビも まだ最終確認に少々時間が必要だ。

学校の理科もこれまで一緒に確認していないので少々時間を要するかもしれない。

それでも今日はSAPIXがないから帰宅後疲れているようなら1時間程度仮眠休憩を と思っている。

今週も忙しく過ごしている。結局 まとめて取り組みができるのはやっぱり土日しかないなぁと思う。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ 

よろしければクリックお願いいたします。 

【122日目実績】『アトラス』・『白地図トレーニング』で地理の確認

 12月1日の実績 

 

  • 学校対応(日記、定期テスト向け:国語、社会)
  • 基礎トレ当日分
  • SAPIX国語A 31(漢字、知の冒険、言葉ナビ)
  • SAPIX算数 31(和と差に関する問題:計コン、『デイリーサピックス』)

 

ポイント

 

火曜日

学校の定期テストが近く「国語の予想問題作り」という宿題もあった。本人も「定期テストの勉強全然してない、結構まずいかも」なんて言ったので、定期テストを考慮した勉強にも時間を使用。

 

学校向け国語

学校の国語では予想問題作りというのが宿題のようだった。国語のテストは木曜日にあるようだが、その前日の水曜日にお隣の人とお互いの予想問題を交換して解き合うのだとか。

問題文はすでに印刷してあり設問を書きこむ部分が白紙になっている。実際のテストでも問題文については同様の箇所が出題されるらしいと言っていた。

1つ目の文章の設問を5つ、2つ目の文章でも5つ、3つ目で漢字の問題と作る。少々時間がかかった。

 

学校向け社会

社会は、数名の児童が作成した予想問題を組み合わせたテスト(プリント)を持っていた。すでに授業中に取り組み済みのようだった。工業都市を工業地帯/地域 に分類する問題に関して「あまり覚えられていない」と言っていたので、この日 『白地図レーニング』を使って地理関係の取り組みをした(多少 別分野も含めて)。

『アトラス』で確認しながら、『白地図レーニング』の工業地帯/地域 のページに学校のプリントに記載された各工業都市名を記入していく作業は、時間がかかるけれど楽しそうにやっていた。

次に『白地図レーニング』で、それぞれ「何のさかんな工業都市なのか」を 学校のプリントに記載されていない都市も含めきちんと確認。

白地図レーニング』も毎日コピーしておいて、どんどん繰り返そうと思う。その場で書けないものもたくさんあるのだろうけれど、とにかく書けないものはその場で確認、そしてそれをくり返す。

この日の社会の取り組みでは、最後に学校のプリントに記載された各工業都市名を私が言って、それがどの工業地帯/地域に含まれるのか息子が答えていくようにしたのだが、こうなるともう眠いのか疲れているのか、不機嫌になって船を漕ぎだした。(嫌なものになると眠くなる? 多少頭を使わないといけなくなると眠くなる? ・・・分からなくもないけど頑張って欲しい。)

 

基礎トレや漢字

この日は12月1日。基礎トレは新たな問題セット初回。

最近 基礎トレも以前より慣れてきたかなと感じる。一つは、先月の基礎トレについて、平均正解率が以前より高まり、平均所要時間も以前より短縮されているから。もう一つは、この日は初回だったけれど9分程度で終わっているから。以前は初回になるとチンプンカンプンで20分~30分かかることさえあった。最近は「そんな頃もあったよね」という感じ。とは言え間違いはあったけれど。ただし、間違いも「あぁ、そうだった」と過去に学習した内容がちゃんと思い出せて、すぐに納得でき学びのあるものだから。

その他 国語Aの漢字についても、この日 最初のほうで取り組んだ。漢字や国文法についても過去のテキストをコピーしておいて気軽に復習していきたい。そういえば『漢字の要』についても先日受け取ってきた。 6年生になるとこれが毎週のデイチェ範囲に含まれるようだが、12月からこれを用いて漢字の確認を進めるのも良いかもしれないと思った。

 

算数:和と差に関する問題

翌日のSAPIXは算数の授業。だから今週のテーマとなる「和と差に関する問題」について本当はもっと取り組みたかったのだけれど、この日は上記の通り学校向けの取り組みに結構な時間を割り当てたので、こちらについては最後にちょっとだけ。

『デイリーサピックス』で主要な問題を解いていく。★3つの以前できなかった問題はもう一度解説を確認する必要があった。それ以外の問題でも間違ったものはあり、その間違い内容がいかにも息子らしい よくある残念なタイプのものだった(「『余り』だから足さないといけないのに引いていた」と言っていたりした。ケアレスミス・レベルだけれど息子の場合よくある「雑」で「無意識的に解いている」というパターン)。

またサクサク解けているときは機嫌よく進むのに、ちょっと分からなくなったり間違っていたりするだけで一気に不機嫌になり、一緒に確認しようとするだけで眠さに負け船を漕ぎだす。まるで急に魂が抜けたように。

もう時間切れなのでそれ以上のことはできなかった。また今日のデイチェや基礎力定着テストで苦手なものをあぶり出しつつ復習していこう。(そろそろ今週も睡眠不足が積み重なり疲労度が高まりつつあるので 今日のデイチェ等もちょっと心配なのだが。)

 

感想

 

今日SAPIXから帰宅したら学校の定期テスト向けの勉強を。明日は国語と社会のテストがあるらしい。帰宅したらもう21時前だし、あまり遅くまでできないからほんの少しのチェックになるけれど。今回学校の定期テスト向けの勉強はこれまでほとんどしておらず今日の最終確認程度で本番になる。

今日の目標は早く寝ることだ。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ 

よろしければクリックお願いいたします。 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。