1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5からの短期決戦。

【108日目実績】 柔軟な姿勢が大切

 11月17日の実績 

 

  • 学校対応(算数問題集、漢字、日記、理科コイルモーターカー作り)
  • 基礎トレ当日分
  • 算数:流水算(「休みながら進む」・「川にぼうしを落とした」:基礎力定着テスト30、デイチェ29、デイリーサポート確認編「D」、デイリーサピックス
  • SAPIX算数 D30(通過算:デイリーサポート、デイリーサピックス、計コン③・④)
  • 社会 デイリーチェック25~29復習

 

ポイント

 

火曜日

普段と同じく6時間目まであったのになぜか通常より20分くらい帰宅が早かった。学校からの帰宅が早いことは私にとって とても嬉しいことなのに、想定外に早かったから(後から連絡がすでに入っていることに気づきビックリ)お迎えが少し遅れ、2分ほど駅前で待たせてしまったみたい。

ただしこの日は学校の宿題の中に理科の工作が。「コイルモーターカー作り」と言っていた。「今日中に作って明日持っていかなければいけない」と。プラモデルみたいにニッパーでパーツを切り離し簡単な組み立てをしたり、コイルを巻いたりしていた(時間が・・・)。そして、最後に始めた算数問題集の宿題では少々躓いた部分があり、そこで機嫌を少し損ねる。

そんなわけで この日はちょっと帰宅が早かったものの、結局なかなか取り組みは開始できず。

 

流水算・通過算

翌日の水曜日はSAPIXで算数の授業を受ける日。11月度マンスリーの直前となる授業が算数。算数は「総合」として範囲の総チェックができるから嬉しい。

流水算に取り組んでいた週、「D」の範囲を手付かずで過ごしてしまい(失敗)、前回の基礎力定着テスト30②では最後の問題(「休みながら進む」と名付けられている問題パターン)が解けなかったので、これについてデイチェやデイリーサポートなどを用い復習。

またその問題に取り組んでいる最中に、やはり★3つに該当する「川にぼうしを落とした」というパターンの問題も「これもよく分かってないんだよね」と言ったので一緒に取り組み。

しかし取り組みとしては失敗したと思う。

これらについて何とか自力で問題なく正答し「なるほど、分かった」と納得の段階に至れることをこの日の目標にしていたが、時間の制約もあり "危うい感じ" で終わってしまった。

通過算についてもデイリーサポート「C」・「D」やデイリーサピックスで以前間違った問題を復習したが、同様に目標とする地点には到達できず。

通過算は翌日(今日)のデイリーチェックで理解の度合いを確認したい。

またこれらに時間を要したため「比と図形」について全く対応できず。ありがたいことに翌日(今日)の授業で範囲内全分野の問題が総復習できるはずなので、D30テキストの授業中に集中して一気に復習しておいでと伝えた。

 

「型を身につける」ということ

この日マンスリーテストについての話もした。前回のマンスリーテストを参照しながら、算数については前半でくだらない間違いをしないように、失点しないようにすればだいぶ成績は上がるという話。本人も納得。

またそれとは別に、今週の通過算について、正しく図が描ければ基本的に正解できており、間違うときは図の記載の一部が間違っているという話をした。つまり問題文の読解がちゃんとできていれば正解は近い。そして、いくつかの苦手としていた問題について、デイリーサポートで問題文を確認した後 すぐに解答解説の図を参照してみた。

その際に本人が「マンスリーだったらこの『型』を全部覚えておくだけで中盤くらいまでは確実に得点できるね」と言った。「『暗記パン』ではダメで 応用できるように『理解』できていないと意味はないけどね」と私が言うと、それについても分かっているようだった。

私は、いつも言っていることが少し本人に伝わったような気がしてちょっと嬉しく、「こんな基礎的な問題をずっと考え続けていないで もう答えを見なさい、『学ぶ』は『まねぶ』だから、それを見て理解すればいい、『下手の考え休むに似たり』だよ」といつも言っているのはこのことだよ、と言った。

型を破るにはまず型を身につけないといけない。柔軟な姿勢が本人になければ それはうまく行かない。

とは言え、それが分かったところでそんなに簡単にいくわけではないけれど。

息子は通過算でよく間違う問題について、解答解説に描かれた図、式や文章をずっと見ていた。--- あれ? 見ている時間、長すぎない!? というか、じーっと見ているから私には今 頭の中がどういう状態か分からないけど、大丈夫・・・? せめてそこに記載されていることを自分もノートに書いてみたら・・・? 書くこと自体が嫌いな彼、そう声掛けをしたところで態度が変わるわけではない。

まぁ ぼーっと見ていてもダメなんだよね。確認して理解して、理解したと思ったら自力で解いてみて、解けたらある程度理解はできたのかなと判断して… 、という流れの繰り返し。本人も「ずっと見ていたけど自力で解けるかって言うとそれは別問題」と言っていた。そりゃそうだ。

 

すぐ席を立つのが気になる

1問 解くだけでそれなりにパワーを使うというのは分からなくもない。ただ息子の場合、うまく正答できなかった場合にすぐ「もう嫌だ」などと言って席を立つのが気になる。

もうちょっと粛々とできないかな、もう少しの時間辛抱して座っていられないかな。

テストでは算数が終わった段階で結構疲れているんだよと言う。分かる、こんなにボリュームのある四教科の問題をあんな短時間で解いて帰ってくるんだもんね、家だったら絶対無理だもん。私もすごいなって思ってる、疲れるよね。

家でももう少し一定時間忍耐をもって頑張る練習をしてみない? 訓練したほうが良いと思う。

 

ノートに書かないのも気になっている

学校の宿題で、毎日 算数問題集の指定されたページを解いている。答えはノートに書いているのだけれど、最近 答え以外の図や計算は全部問題集に直接書いているのが気になる。

以前(一時)、それらはノートに書いていたのだけれど、たぶん内容が分数の計算になった頃またノートには答えしか書かなくなった。確かに元の数式をノートに改めて書き出さない場合、約分など途中経過は問題の上に直接記載したほうが楽だろう。

そして今、内容が流水算や通過算になっているのにノートには答えだけ。図も式も筆算もノートに書いたほうがいいよ と私が言っても、そうしてくれるほど素直ではない。

 

コピーはした、本人は見てくれるか

この日は、漢字も理社も最後に全部復習がしたかった。ところが時間が遅すぎて、本人もとても眠そうで、かろうじて社会のこれまでのデイリーチェックを復習できただけで終了。しかも社会のデイチェも最後の1冊には到達できなかった。

私は、『言葉ナビ』と今回の範囲となるテキストの漢字、それから社会のコアプラスをコピーし、それぞれ別のクリアファイルに入れた。それらは学校のショルダーに。

また算数もSAPIXの直前に最終確認できるようにと、流水算と通過算の苦手としていた問題のみデイリーサピックスの問題と解答解説をコピーしてそれぞれセットに。クリアファイルに入れ、こちらは塾バッグに。

私はどんな風に復習すれば良いかは伝えた。しかし、実際に取り組むのは本人。さて私が一緒にはいないケースで(学校、電車内や塾の直前)、本人はこれらに目を通すだろうか。私にできることは限られている。できる手助けはする。でもやるのは本人。頑張れ。

 

感想

 

この日も上述の通り取り組みはうまくスムーズに進まなかった。時間が限られている、すべきことは山積している。ただ、そういった現実を前に私が焦りすぎているかなとも思った。もっとすべきことを絞り、焦ることなく大事な「この一点」にじっくり落ち着いて集中してみる。一つのことを大切にしてみる。「一つ」の重みも、「重要」と思っている内容も、そのほうが本人によく伝わるかもしれない。

柔軟な姿勢が大切だと息子に対して思っている。自分こそ柔軟になれ、私。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ 

よろしければクリックお願いいたします。 

【107日目実績】理科などの宿題の取り組み方 再考

 11月16日の実績 

 

  • 学校対応(算数問題集、漢字プリント、日記)
  • 基礎トレ当日分
  • 基礎力定着テスト30② 復習
  • 算数 ベイシック【速さ】(第4章)間違った1問のやり直し
  • 理・社 コアプラス確認テスト、デイリーチェック30 復習
  • SAPIX社会 D30(江戸時代のゆらぎ:確認問題基礎編「1」)
  • SAPIX理科 D30(てこ②~力学⑥~:確認問題「1」)

 

ポイント

 

理社の月曜日

帰宅後 機嫌よくその日の話などを聞かせてくれたが、基礎力定着テスト30②の復習をしている際に眠気もあって機嫌が最悪に。

学校の宿題など何かに取り組んでいるときにも ふとその日の出来事を思い出して話し始めたり、多少ダラダラとこなしたりすることがあったが、学校・SAPIX後の夜のケースでは私にそれを許容する傾向があり、彼のペースのままに「うん、うん」と聞くことが多かった。でも、もう時間も遅いし(早く寝るべき)、息子にはやることが山積しているし… ということを考えると、今後私はこのケースにおいてもちょっと気持ちを引き締めて厳しめに接していくべきと思った。すべきことに集中して取り組むように導いていこう。

 

基礎力定着テスト30②(流水算)

85点。最後の「7」が間違い。シールは1枚いただけたとか。

「7」番って、あぁこの問題かぁ。本人も認識の通り「まだ自分のものにできていない『あの』問題」。★3つ該当の問題で、デイチェで間違った際に復習したけれど解答に納得しただけで自力で解けるところまでまだ到達していなかった問題。

この日復習したけれど眠気もあって機嫌は最悪。今日帰宅後に類題にも取り組んで、明日の基礎力定着テスト30③では正解できるようにしておこう。(単に直後にあるそっくりな問題で正解できるようにするだけではなくて、流水算、通過算についてもちょっと複雑な問題にも取り組みつつ本来の深い理解を目指さないと ... とも思う。)

 

理科 コアプラス確認テスト、デイリーチェック30

アプラス確認テスト(セキツイ動物)は90点で、シールが1枚いただけたらしい。

間違った(6)番について、帰宅後自分から説明を始めた。内容は「セキツイ動物の5つの仲間を{魚類・両生類}と{ハ虫類・鳥類・哺乳類}の2つに分けた。どのような性質で分けたか」という五択問題だった。息子は思わず「心房が1つか2つか」を選んでしまったが「『心房』と書いてあるのに『心室』と思い込んでこれを選んじゃったの」と言い、絵を描きながら5つの仲間の心臓のつくりを説明してくれた。当該問題の正解は「体外受精か体内受精か」。

デイリーチェックは81点で、コアプラスとの合計点で こちらもシールが1枚いただけたとか。間違いは、「胚」という漢字の間違い、プランクトンの体の大きさを順に並べる問題で大きいものから並べなければならないのに小さいものから並べたという間違いと、顕微鏡の使い方について接眼レンズと対物レンズの順に取り付け倍率は低いものにしておく理由を記述する問題の3つ。

 

社会 コアプラス確認テスト、デイリーチェック30

アプラス確認テストはつまらない間違いで低得点。70点で、間違いは「東大寺」と書けば良いところ「東大寺南大門」と書いている間違い(意味が分かってない?)と、解答欄に「京」とすでに記載されているのに「平安京」と書いてしまっている間違い(「平安」だけで良い )と、「『菅』原 道真」の「くさかんむり」をなぜか「たけかんむり」にしているという間違い。コアプラスの問題とどれも全く一緒だし、大半の人が満点だっただろうなぁ。

デイリーチェック30も低得点で92点。こちらも間違いの一つはまた漢字で「武家『諸』法度」の「諸」を忘れたというもの。「武家諸法度」については結構しっかり意味などの説明もしたし、その場で何度も書いていたと思うのだけれど こうなる不思議。まぁ漢字については長い目で。やはり覚えるときに、成り立ちや部首、関連する語句等に広く触れながら接していくべきだと思う。もう一つの間違いは鎖国の理由の一つ「幕府が( )による利益を独占するため」の( )に当てはまる語句を答えるもの。正解は単純に「貿易」。ここが空白だった。

復習によって気を付けるべき事項や重要事項を心に留めてもらえればと思う。

 

理科の取り組み方法について

この日、今クラスで理科を習っている I 先生からお電話をいただいた。息子によるとこの先生の授業はこれまで一度も受けたことがなく、今回のクラスが初めてだそうだ。

I 先生は宿題の答えをテキストに直接記入せずノートを使用するようご指定くださったらしく、この回からノートに記載していた。先生はそのノートをご確認の上でアドバイスをくださった。

取り組み方としては、{覚えなおし・解きなおし}の繰り返し。

息子の場合、調べないと分からなかった答えや、解答を見ないとできなかった答えのすべてを鉛筆で書いており、その上で丸付けの色を変え区別していた。それらの問題には別途テキストにマークを入れておき、解きなおしは家にある別のノートで行っていた。

先生のアドバイスは以下。

  • 間違い(分からなかったものも含む)は全部「赤」で正しい答えを書く(こうして分からないところをはっきりさせる)
  • それらの問題について、テキストやノートを参照しながら、理解・覚えなおしを実施する
  • 覚えなおしができたら、日を空けてノートの続きのページにそれらを解きなおす

このように正しいやり方を続ければ知識も定着していくとのこと。至極真っ当なご指摘で、今後教わった通りのやり方で丁寧に進めていきたいと考えている。

振り返ってみれば、伴走後長らくの間 授業後の理解度がとても低く「授業で一体何を学んでいるのか」と思うほどで、算・理・社のすべてで私の "授業" が改めて必要になっていた。しかし、気づけば最近はどの教科も授業後の理解度が高まっている。おそらく授業時にその内容を受け入れるための土台がある程度はできてきたのだろうと思う。

だから以前は理科も社会も、いきなり問題を解こうにも正直ほとんど1回目は空白になるような状況で、こういった王道のやり方が取れなかった。しかし今なら言われた通りに進めることができる。

この日も、理科・社会のD30テキスト(マンスリー範囲としては12月度に入る)について、どちらも最初の問題(確認問題「1」)をノートに解いてもらった。テストだと思って急いでざっと書くように。これにより以前とは異なりこういった取り組み方ができるようになっていると確認できた。そして「毎回帰ったらこのやり方をするよ」と言っておくことで、授業中に理解して帰ろう、帰宅後すぐ問題が解けるレベルに達して帰ろうという意識も高まるのではないかと考えている。また、常に問題に対してテストと同様の感覚で向き合うことで、マンスリー等テスト時の対応力も高まるだろうと思っている。

 

感想

 

今日は火曜日。今日も16時30分くらいには帰ってくるだろうか。これから私は、いつもと変わらず 直前の作業(取り組みの準備と家事)をこなす。

取り組みの準備については、今日取り組む内容の取りまとめや教材・問題の準備。帰宅時の息子の機嫌・疲労度が取り組みのネックになるので、どんな状態で帰ってきても受け入れられるよう心の準備(笑)と 状況に合わせて取り組み順序・方法を変えられるようにするだけの準備。家事については、夕食だってお風呂だって、どのタイミングでも差し挟めるようにするための準備。

さて今日はどんな息子が帰ってきて、どんな取り組み状況になるだろうか。お手柔らかに願いたい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ 

よろしければクリックお願いいたします。 

【106日目実績】マンスリー前の復習をする日曜日

 11月15日の実績 

 

  • 学校対応(算数問題集 × 2日分)
  • 基礎トレ当日分
  • SAPIX社会 D29(江戸幕府の成立:確認問題実戦編、デイステ)
  • アプラス社会 今回マンスリー範囲(鎌倉幕府成立~江戸幕府成立)
  • SAPIX理科 D29(食物連鎖:確認問題・デイステ2、4、6 の復習、デイステ3、5)
  • 理科マンスリー範囲復習(D25~28 テキストのデイステ2・4・6)
  • 算数 ベイシック【速さ】(第4章 通過算:各例題、ステップ1~3、第5章 流水算・時計算:各例題、ステップ2~3)
  • SAPIX算数 D29(通過算:確認問題B~D 復習)
  • アプラス 理科 / 社会(今週の指定範囲)
  • SAPIX国語A(D25~29 の漢字))

 

ポイント

 

マンスリーを見据えた日曜日

金曜日には11月度マンスリーテストがある。この日はテスト前最後の日曜日。

翌日の授業が理科・社会なので、それらについては宿題の残りやデイステの確認、またコアプラス確認テストの指定範囲を復習したりしたが、どの教科もこれまでの範囲(D25~D29)の総確認を実施。

(ただし、国語にはほとんど取り組めず。また算数について「比と図形」にはあまり取り組めなかった。)

 

計算の工夫

この日の基礎トレは第三週の初日で18分かかっていたが、基本的に良くできていた。ただし初回のため大半の問題は「!」マーク付きで後ろに解説があり、正解していてもすべてに関しその確認を一緒に。

②、③番は単純な計算問題だがその計算には工夫が可能。例えば、②の解説では、「3.5 × 2.4 + 25 × 32」を「7 × 1.2 + 100 × 8」として計算している。この前半は「 ( 7 × 5 × 1/10 ) × ( 2 × 12 × 1/10 )」になり「5×2=10」で一つの「1/10」が消え「7×1.2」になるね等と確認をしていった後に、計算間違いの対応として「丁寧に計算して間違わないようにする」という対処法以外に「そもそも間違うような道を避ける」という重要な観点があることについて改めてお話をした。

息子も2桁×2桁などの掛け算はよく間違っている。掛け算部分ではなくて足し算のところで。そこで私は「丁寧に」と言い、対応として例えば百ます計算を時々実施したりしている。これも一つの手だけれど、「そもそもそういう間違いを生み出しやすい計算をしなくて良いように避ける」というのも大事な手であるというお話。②、③番の解答で工夫の例を確認。慌てて計算をしている最中に自分からぱっとこの工夫ができるかは分からないけれど、こういった工夫があるのだなということを頭の中に残しておいてもらいたい。

 

ベイシック【速さ】

先週学習したのが流水算、今週は通過算。夏前に持ち帰っていた『算数分野別問題集 ベイシック 基本60題』の三冊目が『【速さ】』であることに今さら気づき、この日「第4章 通過算」と「第5章 流水算・時計算」に取り組み。

どちらも最初に8問ある例題を確認してから、通過算はステップ①~③、流水算・時計算はステップ②・③に取り組み。

通過算の「ステップ」はどれも10分以内に解き終わった(①よりも②、②よりも③のほうがさらに短時間で終了)が、ステップ③で一問間違いがありやり直し。

流水算・時計算のステップ②と③はどちらも10分を少々超過した。ステップ②では時計算で二問間違い、復習。ステップ③はその復習後なので間違いなし。

今週のテーマである通過算はテキスト(『デイリーサポート』)B~Dの復習も(裏面)。引っかかるところはいつも同じなので、『デイリーサピックス』で類題に取り組みたいと思う(この日はそこまで対応できず)。

 

理科・社会

翌日SAPIXの授業が理科・社会なので、今週のテキストで復習。理科はこれまでに解いた確認問題を見直すと共に、デイステ2・4・6をもう一度。社会は確認問題実戦編が未済だったのでこの日に取り組み、その後デイステで重要事項を確認。

どちらも今クラスの先生はノートに答えを書くよう指定されているらしく、今回から理科もノートを使用(復習がしやすい)。

社会の確認問題については、これまで実戦編に取り組んだことがなかったが、今クラスの先生は実戦編にも取り組むよう指示されたとのことで、初めて取り組み。実戦編の問題は、確かにすぐに答えの書けないものが多く、テキストを確認すると読み漏らしていたようなところに記載があったりした。また単に歴史上の用語を問うのではなく、地理などこれまで学習してきた内容と関連付けた問題などが多かった。丁寧に確認しながら進めていく。

幸いにも息子は歴史に非常に興味を持っており、途中SAPIXで受け取っている歴史資料集を何度も読んだり、アトラスも参照したり、歴史マンガを取り出してきたり、楽しそうでもあり非常に良い時間。また主人も歴史については詳しく頼りになる。

実戦編を一通り解いた後『応用自在(社会)』で同様の範囲を確認しておいた。確認問題の実戦編で初めて知ったような情報について『応用自在』を見てみると案外当たり前のように本文中で触れられていたりした。

理科についてはデイステ1・3・5が今回の範囲外の内容。デイステ1 にはすでに取り組んであったが、2(てこ)、3(ふりこ)は未済だったためこの日に取り組み。

どちらも以前は苦手だった分野。「てこ」については先日丁寧に学習したため、現在は基本的なことは理解できていると思う。この日『特進クラスの理科』を用い再度基本的事項をチェックしてから全問題を確認。「ふりこ」については、夏休みに何度も一緒に取り組んだがあまり理解できていなかった分野。しかし現段階になると理解も早い。息子だけではなくて私自身もなのだが、頭も柔軟になってきて取り組みのコツもつかめているので、重要ポイントがはっきり把捉できるようになってきたし、掴んだポイントの理解も早い。成長を感じる。

 

マンスリー向け 理科・社会

社会については、今回の範囲が「鎌倉幕府の成立」から「江戸幕府の成立」なので該当範囲を『コアプラス』で確認していった。

8月から伴走を始めて(最初の1か月間は夏期講習中で通常と勝手が違ったこともあり)ここに来てようやく色々と事情も分かってきて、これまで『コアプラス』は「コアプラス確認テスト」向け(専用)の教材と見做してしまっていたが、学習中もこれで内容の確認をすれば良かったんだとようやく気付いた。

理科については、D25~28テキストのデイステ 2・4・6 を一気に復習していった。問題も端的だし基礎的な重要事項の復習になるが、基本的に抑えるべきポイントはまとまっている。息子もよく頑張って成長していると思う。前回マンスリー前までは、該当範囲のデイステ偶数回を全部一気に通して確認するのも困難だったと思うから。今はそれが可能となっている。そしてどの範囲も基本的な事項はきちんと押さえられていると感じた。

 

マンスリー向け 残している内容

この日最後に国語Aの漢字に取り組もうと思っていた。それ以外の勉強を終えたところで、私も就寝が遅くなるのが嫌で、国語AのD25~29テキストを息子に渡し「これまでの範囲の漢字を復習してね」と任せて席を立ち家事を始めた。

息子は最初パラパラとページをめくっていたようだったが、気付くとすぐに大好きなお絵かきを開始していた。「ずっと絵の続きが描きたかったんだよね~♪」と言わんばかりに。

まだ漢字の確認は不完全だと思うし本人自身も確信犯。「お母さん、後日伴走よろしくね~」という感じ。

国語に関しては、漢字以外に『言葉ナビ』の 慣用句・類義語・対義語・上下で対の意味となる熟語・四字熟語 についても、知の冒険で扱われた文法についても後日復習が必要。

算数に関しては、この日の取り組みが流水算や通過算だけ(しかも基礎的な内容)だったので、「比と図形」について後日重点的な復習を行う。

 

感想

 

マンスリー前最後の日曜日。息子の成長を強く感じた。そして私自身も以前よりずっとうまく取り組みが進められるようになってきたように思う。

私も多少大声を出して活発にテキパキ過ごした休日。普通休日って穏やかに過ごすはずだけど、静々と また粛々とお勉強に取り組む息子ではないので、私も「肝っ玉母さん」みたいになる。良い意味で。

ソファで横になり休んでいる息子のそばで「もう時間だよ、タイマー鳴ってるよ! 戻るよ!」と促す私、巨体の息子を引っ張る私。不機嫌だったり、「お姫様抱っこ~」と私をからかったりする息子。「私より10㎏以上も重いこんな肉塊、お姫様抱っこなんてできるわけないでしょー」と返す私。「はい、次はこれ!」とテキパキ取り組みを進める私。私って息子がいなかったら絶対こんなキャラじゃないだろうなと思う。

でもそんなテキパキした休日が楽しかった。血流さえ良くなった気分。息子も、まんざらでもない という感じな気がする。楽しい家族、楽しい生活をありがとう。

算数や理科・社会に取り組んでいるときは、以前だったらテキパキ進めたくても全然思うように進まないことが多かった。でも今は結構想定通り進められたりする。何か月かしっかり頭を使ってきて、こなれてきた というのか、明らかに対応力は上がってきている。私自身の気持ちだって少しずつ変わってきた。

まだまだ課題はいっぱい。でも私独りだったら暗い気持ちになるところ、明るい息子のおかげで何かを心配することもなく、前向きに頑張っていける気がする。

週末は伴走後3回目のマンスリーテスト。今回も楽しんでいこう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ 

よろしければクリックお願いいたします。 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。