1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【448日目実績】読解問題に息子が「登場」し、家族で笑う

10月22日の実績

 

  • 算数:基礎トレ、各種問題演習
  • 国語:漢字
  • 社会:公民
  • 四科:10月度マンスリーテスト総復習

 

ポイント

 

土特を欠席し一日自宅学習

10月23日(土)、この日の土特は欠席し自宅で丸一日、落ち着いて自分自身の取り組みを進めた。これまでの復習がメインだ。

土曜日なので主人も近くにいる。本人が逃げ出したくなっても私以外にもう一人いれば多少は状況も違ってくる。

 

主な取り組み内容

算数について、模試の大問「2」(小問集合)や大問「3」(図形小問集合)にある問題、あるいは「速さ」に関する問題や「立体図形」に関する問題を中心に取り組んだ。基本的にはこれまでの模試等で間違った問題を復習するかたち。

それから社会の公民について、暗記カードを使用しながら確認を進めた。必要な場合は過去のテキストを参照。気になった息子がパッと該当ボックスを手元に引き出すのだが、SAPIXのテキストはたくさんあり同じ内容があちこちで扱われ散逸しがち。「あれ」が見たいと思っても、それが何冊目のテキストのどこに在るか探すのに少し時間を要することもあった。このアクセス時間がもったいない。SAPIXはその場でどんどん頭に入れること、最低でもどこにどんな情報が載っているかを覚える程度には各テキストを扱っている期間に覚えておくことを求めているのだろう。

10月度マンスリー実力テストについては四科目について総復習。基本的には本人が間違った問題のうち正答率の高い問題から復習をしていった。

 

国語の読解問題に息子が「登場」

10月度マンスリー実力テストでは国語の成績が特に悪かった。このテストでは帰宅時に「今日は眠かった。」と言った息子、特に国語について「全然できなかった。」と言っていた。

この日全体を総復習しているが、その中で大問「3」の物語文に取り組んでいるときのこと。最初に息子に音読をしてもらっていた。出典は、瀬尾まいこ『その扉をたたく音』だった。

冒頭にある「<ここまでのあらすじ>」には

「俺」は老人ホーム(「そよかぜ荘」)にギターの演奏をしに訪れた際、ひょんなことから利用者である水木さんと知り合い買い物を頼まれたことで、息子という形で毎週訪れるようになります。そんな「俺」は大学を卒業したあと無職のまま、親の仕送りで暮らしながらギターで成功することを夢見ています。

とあった。

「あはは。楽して死ねたらラッキーじゃないか」

水木のばあさんはゲラゲラ笑うと、

「ぼんくらと話してると本当疲れるわ」

と大きなあくびをした。

というセリフを読んでいるところで、息子は急に横にいる私をじーっと見つめてこう言った、「お母さんもよくぼくにこういうこと言うよね」。

え?

「テストから帰るとき『今日、読解文にお母さんそっくりのおばあさんが出てきたよ。』って言おうと思ったの。言わなかったけど。」

物語は続く。

病院へ入院することになった「水木のばあさん」は「俺」に手紙をしたためていた。その冒頭。

ぼんくら息子へ

六月十二日、ぼんくらの演奏を聴いて驚いた。へたくそなギターに野太い声。よくこんなので人前で歌う気になったなとぞっとしたよ。みんながしらけてるのに、堂々と歌い続けてさ。

「ぼんくら息子」、 我が家の息子のこと? これについても思い当たる節があり過ぎる。本人も「読んでて、これ自分のこと言ってる?って思った。」と心当たり大あり。隣にいる主人も涙をぬぐいながら大笑いしだした。

自分のできることだけをして、何とも向き合わず、何も超えようとせずに生きてきた俺

その通り、一同爆笑。

「うるさいぼんだね。それより九月も終わるんだから、ぼんくらはちゃっちゃと目を覚ましてやることやんな」と言っていた「水木のばあさん」は入院後ほどなくして亡くなってしまう。

他の人物の存在があり葬儀に足を運んだ「俺」は、「水木さん」の「宝物」をお棺に入れるよう渡される。それは以前「俺」が「水木さん」に頼まれて購入したハンドタオルで、「ばあさんに預かった金では足りず、自分の金を使っ」て買ったものだった。「水木さん」はそれをずっと「高級タオル」だと言い、手洗いして大切にしていたと言う。

このとき「俺」は目を覚まし

いや、これは俺が買ったんじゃない。このタオルに使ったのは、俺の金じゃなく、親父の金だ。

待ってくれ、ばあさん。ばあさんの宝物はこれじゃない。俺、すぐに動き出すから。十一月二十七日ではなく、今すぐに。俺が体と頭を使って手にした金で、ばあさんに持っていてもらえるものを、ちゃんと贈るから。

と、現実を直視せず逃げてきたこれまでの自分と決別し、自立して生きていくことを決意する。

「『待ってくれ』と言っても、もうおばあさん死んじゃってるよね。[息子] も気づくのはお母さん(私)が死んだときか。」と主人。

「これ読んでてめちゃくちゃ自分のことじゃんって思ったけど、ぼくまだ12歳だから。この人29歳だから、あと17年ある。」と言う息子に対して、「でもちゃんと『自分のことだ』と気づけて、自分の姿を客観視できて良かったね。この物語のおかげで今本当に目が覚めたなら素晴らしいね。」という話になり、家族で大笑い。

具体的な出来事に即し毎日のように息子に諭すように伝えることのある我が家。この物語の表現があまりにその状況にぴったり一致して、驚きながらも爆笑と語り合いの時間を持った我が家だった。

そして夜、公民の学習をしているときのこと。基本的に粛々と学習していれば良いところ、なぜか内容の逸れるような的外れな話を始めることも多い息子、この日も「●●って何?」と全然関係のない某保険商品名を突然尋ねてきた。息子にとってはたぶん学習中に扱っていたある用語とその名称とが似ているように思われたのだろう。

「それは生命保険の一つだね。」と答えたのをきっかけに、また受験勉強としては時間の浪費になるかもしれないが、各種保険の話になった。

前日も前々日も、息子と私たちとの間でちょっとした言葉のやり取りがあった。その際「息子は恵まれ過ぎている上にまだ世界も狭いから、自分がどれだけ多くの人に支えられていているかも分からず常に自分が世界の中心だと思って、感謝の念も抱きにくいのかも。」と感じ、私はその通り話していた。

この日はこの生命保険の話をきっかけに、将来のことを考えてお父さんも色々な生命保険を掛けていたりするという話を始めた。普段当たり前のように生活している息子は知らないだろうけれど、万一のことがあっても家族が困ることのないようにとか、何かあっても息子が勉強を続けられるように等と、実は裏側で様々な備えをしてくれていること、社会は皆が支え合って成り立っていることなど。

息子は「難しいな。」とか「知らなかった。」などと言いながらも興味深そうにその話を聞いていた。我が家の「ぼんくら息子」の表情も、このときは少しだけ変化した気がした。

 

感想

 

自分のことについて自分で自覚しているのは素晴らしいと思う。

「このテストのときめちゃくちゃ眠かったんだよ。でもその割には結構頑張ってる。ほら見てよ、これ。」と、試験中に船を漕いでいた跡(問題冊子にフラフラした鉛筆の縦線が数本)を見せてくれさえする、正直者の「ぼんくら息子」君。

この日も今日も、主人が少し息子に指示を出したり様子を見たりしてくれていて、私は家事も結構できた。「これを〇分、チェックを〇分」など、私が言ってもそのようにしてくれなかったりするが、主人の指示だと多少威力がある。そして以前だと、主人が居るときは静かにしていて不在の日に私に対し「昨日は我慢していたんだ!」などと突然激しい物言いをすることがあったが、今回はそうはならないのではないかと思っている。今、息子の様子を見ていてそう思う。少しだけ変わった、・・・かもしれない。

社会や理科のコアプラスの確認でさえ時間がかかり過ぎ。とっくに覚えているはずのものなのに。10月マンスリーの漢字でもちょうど先日私が解説したばかりのものさえ間違っていた。信じられない。

丁寧にやろう、と思う。「さすがにもう覚えているだろう。」とか「先日やったばかりだから。」、「これだけ繰り返しているのだから。」などという思い込みは捨てよう。息子には適用できない。

もしかしたら少しだけ息子も「目が覚めた」かもしれないのだ。だから、ゆっくりでもいい。自分の頭、自分の力で考えて、自立して自分のものにしていけるのがそのスピード、そのやり方であると言うならば。

息子には息子の生き方がある。周囲に振り回されることなくいつもマイペースで居られるのもなかなかすごいことだ。

私の人生はここで終わるかもしれない。でも息子の人生にはまだ可能性がたくさんある。これからもまだまだ変わっていけるのだ。

「ぼんくら息子」君、あなたの歩みで結構です。互いに思いを一つにし高ぶらず共に歩んでいける気がします。こんな「ぽんこつ母さん」(あ、「ばあさん」かな)ですが、これからもよろしく。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

【447日目実績】少ない取り組み量の中

10月22日の実績

 

  • 学校:日記
  • 算数:基礎トレ、各種問題演習
  • 国語:漢字
  • 社会:コアプラ(地理)

 

ポイント

 

ダラダラしないで…

10月22日(金)、学校から帰宅後のお昼寝はしていない。

この日そこそこ時間がかかったのは算数の各種問題演習(過去に間違った問題のやり直し)と社会の地理(コアプラス)。

主人が帰って来た後だったと思う(最近は帰宅が早め)。私が軽く家事に入っているときだった。要約の練習時、制限時間を決めていてもそこまでに終わらない相変わらずの息子に主人が少々注意。それをきっかけに親子間でまたちょっとした言葉のやり取りがあった。

 

抽象度を上げる

例えば算数で以前間違った問題をやり直す場合のこと。ルーズリーフ一枚に一問とし、それぞれ表に問題、裏に答えを貼り付けている。再度間違った場合は裏面に間違った理由とその対策を記載してもらう。

それだけでなく解き方に関し、具体的な数値ではなく論理的な言葉で解法のステップを書いてもらいたいと言っている。

しかし抽象度を上げ言語化することは息子には難しいことがある。難しくても「頑張って」考えること、正しい言葉で説明することを続けてもらいたいと私たちは考えている。

 

丁寧さを求める

この日社会のコアプラスで地理の一部を確認していたが、以前何度も繰り返した内容でも定着していない事項は多かった。また息子の場合は非常に曖昧な記憶にしていることが多い。

言葉の一つひとつを大切に扱っていく必要があると感じる。

算数に取り組んでいても、何を問われているのかしっかり把握できていないことが多い。「積が『12の倍数』になるのは何通りか」と問われているのに「積が『12』になるのは何通り」だと思っていたとか、「三角形ABCの〇〇を求めなさい」と書かれているのに「AB」と「C」との間に改行があったために「Cの〇〇を求めなさい」だと思い込んでいただとか。

他教科でも正しく読解して思考する問題で、正確に読み厳密にしっかり考え通すことが出来ていなかったりする。

物事の一つひとつ、言葉の一つひとつの重みをじっくり味わっていきたいと思う。

 

感想

 

この日もちょっとした言葉のやり取りがあったが、お互いが丁寧に話し合い思っていることを言えれば良いかなと思っている。

翌日は土曜日。すべきことがたくさんあり、もう新しい問題を流すのはしばらくストップしたほうが良いと感じる状況で、翌日の土特の欠席連絡を入れた。落ち着いて自分なりにきちんと丁寧な取り組みにして欲しいと思ったし本人もその認識であったため。

その次の日(日曜日)は第二回合格力判定サピックスオープン。前回とは異なる中学校会場での受験となる。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

【446日目実績】SAPIX算数・理科(D27)~10月度マンスリー帳票~

10月21日の実績

 

  • 学校:算数
  • 算数:基礎トレ、過去問復習など
  • 国語:漢字

 

ポイント

 

SAPIX 算数・理科 D27

10月21日(木)、学校から直接SAPIXへ移動。この日のSAPIXからの帰宅はなぜか(電車も少々遅延していたようだ)少々遅くて、自宅最寄り駅に着いたときにはすでに22時。

 

帰宅後:学校関連

前日に学校関連の話で、委員会で新聞を作らないといけないけれどどう書けば良いのか分からないという話があって、作成途中のものを何となく見ると本当にどう書けば良いのか分かっていないような酷いレベルだったため、この日帰宅してから参考となるパンフレットなどを渡そうと準備していた。

どうもごみの分別などについて書こうとしているらしかったから、ある自治体のごみ処理関連パンフレット(各家庭に配布されるもの)と、一般的に小学生が作成する「新聞」のサンプル(ごみ処理に関する内容)を、見開きできるクリアファイルに入れて。

表面から一般的な小学生の「新聞」サンプルが見えるようにしていたら、それだけで「これ面白そう。」と言い、私が話す前から興味を持っていた。

それから中を開いて某自治体のパンフレットを。単に各種ごみの収集曜日や分別に関する情報が載っているだけのものだが、パンフレット自体が見やすく構成されていることもありそれだけで食い入るように見ている。ちょっとしたアドバイスは入れたが、これだけでこんなに興味津々なのだなと思った。その自治体は分別の仕方が細かいほうだった。それを見ながらゴミに出す前の処理について「これ全部丁寧にやってみたい。」などと言っていた。

とりあえず第一歩はこれだけで良いかなと思った。それほど話さなくてもこれを渡すだけで調べたいこと、書きたいこと、どんなふうに書けば目を引くか(理想形)などについては自分の中に浮かんだみたいだったから。

どの自治体も同じようなパンフレットを配布しているが、回収回数・回収方法や分別方法はそれぞれで少しずつ違っていたりする。例えば搬入される清掃工場の施設の違いに起因することもあり、いくつかの自治体のパンフレットを比較してみるのも面白いかもねとは言っておいた。

 

帰宅後:過去問の取り組み方について話す

連日過去問に取り組んでいる。第一志望の算数の過去問について、出来があまりにもひどく復習にも時間を要しているが、今後少なくともこの学校の算数についてはより丁寧な復習(学習)方法を採ろうという話をした。

具体的なやり方について私からの提案。息子も前のめりで聴いているし、やる気も見える。これで行こうと合意。

今の出来はあまりに酷いけれど、乗り越えて行けるように頑張っていこう。

ただ単純にそこにある問題を復習するだけではない。それらが解けるようになるためには、そもそもベースとして取り組む必要のある問題群が出てくる。それについても強い心でちゃんと取り組んでくれるだろうか。前のめりになってくれるだろうか。私は何とかうまく導けるか、日々息子を見ていると正直なところ非常に不安になるけれども私はとにかく前向きでいよう。

 

帰宅後:この日の取り組み

学校の算数の宿題、基礎トレ、漢字の後、この日は最近の算数デイチェや基礎力定着テストについて復習未済だったものがあったためまずそれに取り組む。

この日も帰りは遅く、塾の通常授業に行くことさえ「休む? 家できちんと『(本来的な)勉強』をする?」と言いたくなる日々だったけれど、塾の後はテキパキしていて良いなとは思った。時間も限られている。漢字の確認方法についても、前日提示した改善策によるもの(短く時間を区切っての「テスト→確認→再テスト」というやり方)だったが、本人も前向きに取り組めておりキビキビしていて効果的だと思った。

さてその後は、すでに遅かったため、過去問(第一志望・算数)の復習は前日に取り組んだ図形の問題の再度やり直しと、続く大問のみ。

ただ、たったこれだけなのに、続く大問(「速さ」の問題)になるとまた「意識飛んでる?」という状態に。眠いのは分かる。本人は「寝てない!」と言うが「様子を動画に撮っておこうか? それを見たら『寝ていた』と納得できるよ。」と言いたくなる。前のめりのやる気は全く感じられず、目が閉じているような状態になる息子。道のりは長い。

私の力説ばかりだからダメなのだろう。うまく質問・答えのような形式にはしたいが、「だってレスポンスが悪すぎるんだもの。」が私の言い訳。あぁ、難しい。母親が「こうだよ、分かる? 聞いてる!?」と連発しているって、何だか違うよねぇ・・・。

そして、この日はもともと最後に社会のコアプラスだけはやろうとしたのに、そんな調子だったからすっかり忘れてしまっていた。とにかくこの問題の最後までは聴いて、そこまで我慢して、と言う感じで、それが終わったらお風呂へGo。後から気づいた、「あ、社会やってない」。他科目も日々少しずつでも触れておきたいのに最近社会の取り組み時間が短すぎる。

 

国語の読解関連で

6年生になってから特に国語の読解文が難しいと言い、どうも本人には内容がよく理解できないからなのだろう、読むのが遅すぎていつも時間切れ。

一つにはそういった文章の精読量(普通に読んだ量)が少なすぎるからだろうと思っており、今さらながら銀本にある全文章を一つずつ読んでいってもらうことにしている。

基本的には学校のショルダーに入れて行き帰りの電車とか空いた時間に読んでね、と。問題まで解く必要はなく、よく分からなくてもとにかく読み進めて欲しいと言っている。

銀本はカッターで何冊にも分冊化している。ただこの日尋ねてもまだ数日前に渡したものが読み終わっていないと言う。一冊を一日で読んでもらう予定なのに。

本人にとって難しかったり、今のところ特に興味のないような話題だからそうなるのだろうけれど。

自宅でそのために一定の時間を取るほどの余裕もあまりなかったり、その時間を取っても冊子を軽く手に持ったままうたた寝している様子さえ想像できたから、とにかく分からなくても隙間時間に読んでもらうことを求めている。

この取り組みについて、その目的は中学入試で使用されるような文章を読み慣れることと、そういった話題の情報を自分の中に蓄積してもらうことだ。その意味では、自宅で私が一緒に見ながら音読(そして私のことだから読みながらコメントを入れてしまうだろう、その会話には息子も楽しそうに乗ってくるだろう)して進めることだって可能だし、そうすればこの息子だって楽しそうに取り組む(入ってくる)のは目に見えている。しかし、今回の本質的な目的は「自分で読んでもらうこと」だ。よく分からないなーと思っても、難しいなーと思っても、自力で読み進めてそれなりのスピードをつけてもらうこと、その上で下地になる知識を少しは身につけてもらうことだ。だから私が音読する方法は採りたくない。

「よく分からなくてもとにかく読み進めて。明日は絶対この一冊は読み終わってね。」とだけ念押しした。

 

10月度マンスリー実力テスト成績帳票

この日は10月度マンスリーの成績帳票を受け取って帰っている。自己採点の時点で低偏差値なのは目に見えていた。

40 < 国語 < 45 < 理科 < 四科 < 50 < 社会 < 算数

今回特に悪く全体を下へ引っ張ったのは国語。

よく「模試の結果に一喜一憂してはいけない。」と言われる気がするけれど、すみません、我が家「全『憂』」なんですが・・・。「一喜」の要素がどこにも見当たらないー。最後の一回だけで十分なので我が家にも「喜」が欲しい・・・。

まだこのテストの復習さえすべて終わっているわけではなく、常にタスクが山積みどころか、タスクに埋もれた状態。上からどんどん問題が降ってくる状態だけれどそれどころではなく「これだけは」というところまでとことん絞らねばならない。もちろんテストの復習は必須タスクだ。

 

感想

 

毎日忙しいので大変なのは分かっており、私ももう少し睡眠時間を取ってもらいたいと思う。そしてそれだけでなく、本来的な勉強、つまり自分でパワーを使って解き、自分の血肉とするような勉強のために時間を使ってもらいたいと切に思っている。

もっと時間を大切にしたい。しんどくても頑張ろうとする気力が見たいとも思う。

この日、「校内新聞を書く」という受験には特に関係のない学校関連のことについて、ちょっとしたサンプルや参考資料を渡すだけで本人の目が輝いた。受験勉強だって、ほんの少しのトリガーや、ほんの少しのきっかけで、本人の表情がパッと輝いたり、本人自身が「あ、分かった。」という状態になることだってきっとあるのだろうと思っている。

もう時間もない。居住する区に対して公立中の希望選択票を返送する期限も来た。小学校が決まった後、近所の公立小ではなく私立小に進学すると電話で連絡したことを覚えている。今回も入学できる中学校があれば連絡できるだろう。しかしそれが一つもなかったら今ここに書かれた公立中へ進むのだ(私たち両親も、私たちのきょうだいも親戚にしても、中学は皆私立か国立で公立中は未知の世界)。時間はない。でも王道もない。丁寧に取り組むこと、そしてきちんと反復すること。コツコツ進めて行くだけ。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。