1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5からの短期決戦。

【47日目実績】休みながら気楽に取り組めるもの

 9月17日の実績 

 

  • 基礎トレ前日分、理社 など

 

ポイント 

 

お休みの一日

のどの痛みを訴え学校をお休みした日。

午前はゆっくり休ませ、午後には病院に行ってその後 薬を飲んでまた休ませた。だからこの日は特に取り組みをしていない。

 

基礎トレ

基礎トレは昨日できなかった前日分だけ。新しいクールが始まって一日目は散々だったが、二日目になるともうそのパターンに慣れて特に問題もないし スピードもついている。これが逆にとても不安。

初回苦戦していた過不足算も一瞬で正答できるのだが、それが怖いというか よくない気がする。何も考えず取り組んでいるようで。ワンパターンだから表面上を滑っているようで。何か学びとって意識して定着させてほしいのだけれど。

少し時間が経つと同じ問題でも対処できなくなったり、少し応用されただけで対応できなかったり。そういった問題は学びが浅いから生じているのではないかと思う。時々私が意識的にほんの少しステップアップした問題を準備したい。

 

理科のCD

横になってリラックスしていても気軽に取り組めるものはないかなと考えてみた。ふと車内でしばらく地理のCDを聞いていたことを思い出した。(ちなみに車内で流す社会のCDについては 最近は歴史に移行。)

そういえば理科のCDも昔買っていなかったかしらと思い息子の机周りを見てみたら『理科ソング』を3冊も発見。こんなにあったのね、全然聴いていなかった。「地学編」・「物理・化学編」・「生物編」。今見るとこれは良いかもと思って久しぶりに聞くことに。

これから気分転換にでも、あるいは車内などで、時々流してみようと思う。音に乗って何となく親しみを感じながら自然に身につけることができるのは良いと思うから。

(我が家は「世界地理」だけ持っていないがセットでも単品でも購入可能の模様)

 

社会

前日 SAPIXの社会(D22)も寝ながら眺めたり、問題を解いてみたり。机に張り付いて鉛筆を持ち気合を入れて取り組まなくても、いろいろできるなと思った。

今回のテーマは「律令国家へ」。この範囲は手元にある漫画で1巻目と2巻目に当たるらしく、それを取り出してきて私に見せながら説明してくれた。この漫画も親しみを持って理解するには役立っているのかも。

 

感想

 

息子の得意分野と私の得意分野はちょっと違う。多分ロジックでガリガリ説明するのは私のほうが得意。でも息子のほうが手早く理解して私に教えてくれることだってある。

息子のほうがもうすっかり体が大きくて頼りになることもいっぱいある。

なのに時々「何でわからないの?」とか「いつまで分からんつもりだー、いい加減 理解しろ―」と叫びたい気分になるのはなぜ? 私は心が狭いかな?

確かに心は広くない。でもちょっと思うのは、私は自分自身に腹を立てているのかもしれないということ。自分が何となく理解できている(と思っている)ことを人に説明するのはそれほど簡単ではないと思う。その際に相手に合わせて色々な表現ができないとうまく通じないことがある。でもそのレパートリーが少ないと同じ表現を繰り返すしかなくて、結局相手は分からないまま。私自身が色々な角度から解釈・表現できるようになりたい。伝えたいのに伝わらないのはもどかしいけど、それも結局は自分の力不足。おバカなのは私。自分の浅い(一辺倒な)理解を毎日少しずつでも改善できるように、私も毎日勉強していたい。

今回息子が少し体調を崩し一時心配したけれど、今日になってもう大丈夫かなと思った。良かった。私は親だから誰よりも息子のことを心配していると思う。良くも悪くも。だから体調が戻りつつあると誰よりもホッとするし、当たり前と思えることさえいつまでも誤答を続けると不安が高じて心の狭い母になる。でも誰よりも心配しているなら、彼のことを芯から理解できるようにしなければね。彼の言葉を聞き、様子を見守り、何が理解できて何が理解できないのか、どういう説明をすればもっと深く認識できるのか、考えていたい。(これは前職でもよく思ったものだった。プロジェクトオーナーとシステムサイド、持っているものが全然違う。いや、システムサイドの内部でも全然持てるものが違った。そんな中でどのように共通認識を構築していくか、理解してもらうためにどうすれば良いか、どのように認識齟齬を防ぐか、そして異なる視点が交わることによっていかに良いものを生み出すか、永遠の課題。)

とにかく今日は、元気な息子に戻りそうでよかった。四連休も無理はさせたくないけど、ほどほどに(?)勉強するよー(お休みした分も取り戻せるかな)。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ  ←よろしければクリックお願いいたします。