1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5からの短期決戦。

【48日目実績】算数の得意分野と苦手分野

 9月18日の実績 

 

  • 基礎トレ前日分
  • SAPIX 算数 D21
  • 基礎力定着テスト22② 復習
  • 基礎力定着テスト22③ 復習

 

ポイント 

 

算数

この日も大事を取って学校は欠席とした。しかし朝しばらく様子を見ていると、午前からお昼過ぎにゆっくり過ごせば夕方のSAPIXには行けるのではないかと判断。ゆっくり算数の勉強を始めた。

 

図形の移動

水曜日の夜~木曜日と全然勉強らしい勉強ができなかったが、この日も学校を欠席することでゆったりとした時間が与えられた。この日夕方のSAPIXは算数だ。算数D21の勉強が途中で止まっていたので以前間違った問題のやり直しから開始。

D21の内容は「図形の移動」。先日少し宿題をしてみて得意分野になり得ると感じた単元。デイリーサポートのA・B・C・D、デイリーサピックス等問題を解く。やはり他の分野に比較するとだいぶ調子がいい。

この日夕方SAPIXに出かけたが、デイリーチェックでも150点満点が取れて、それだけでシールが3枚もらえたそうだ。他にも満点の人はいて145点の人も数名いたというから平均点は高かっただろうが、5年生になって算数のデイリーチェックで満点が取れたのは初めてではないか。

 

基礎力定着テスト(相当算、売買損益、食塩水、場合の数など)

上述の通りこの日は朝から優雅に算数の勉強を進めていた。いつもと違ってスムーズに進んでいたので落ち着いた雰囲気で。ところが最後に「基礎力定着テスト22②」の復習を と始めてみると、これがまぁボロボロで、やっぱり最後はバッタバタ。

この日、基礎力定着テストの復習をしていて、初めてこのテストが2週間前の範囲の復習テストであることを知った。あぁ だから今週の内容は相当算や売買損益、食塩水、場合の数なんだ。D20の内容(D16~19の総合)だったのだ。なるほど、とにかく以前のものを繰り返し繰り返し取り組む方式になっているのね、と今さら。

「基礎力定着テスト22②」のやり直しについては、当日白紙にしていた裏面に取り組み。「4」は食塩水(2つの食塩水を混ぜてできる食塩水の濃度を求める)、「5」は売買損益、「6」も売買損益だが面積図を使って解くべき問題、「7」は食塩水(2つの食塩水の各濃度を求める)の問題。

少し前にやったばかりの問題も、また一から説明が必要になったので私が焦る。さらに「6」、「7」についてはこれまであまり取り組んでいないタイプの問題で、さらに時間がかかる。これはまたじっくりやり直さないといけないなと思って送り出したら、この日の「基礎力定着テスト22③」が見事な低得点。裏も2問が手付かずなばかりか、手を付けてあった2問も間違っているし、さらに表面にも間違いあり(あちゃー)。思わず「これ、出かける少し前に取り組んだ問題とほとんど同じよね!?」と言ってしまった。直前に頑張っても全く本人は咀嚼できていなかったんだなとわかった。この日帰宅後に全体をやり直したが、まだまだ時間をかけ対応しなければと痛感。

図形の移動は得意分野になり得るから、他と違ってもう少し発展的な問題にも取り組み、さらに得意分野にして強みを作ると共に自信を付けたいと思ったのだけれど、他分野のレベルの低さを考えると、それよりこういった重要かつ当たり前の問題についてしっかり基礎から固める作業に時間を割り当てざるを得ないと感じた。

 

読書

ちょっとしたスキマ時間に息子が読書をしていた。今読んでいるのは『ぼくらの七日間戦争』。 

ぼくらの七日間戦争 (角川つばさ文庫)

ぼくらの七日間戦争 (角川つばさ文庫)

  • 作者:宗田 理
  • 発売日: 2009/03/03
  • メディア: 単行本
 

学校では火曜日の朝に読書の時間が設けられているそうだ。

最近いつも読んでいるのは『ログ・ホライズン』らしい。(全巻順々に読んでいるらしい。)

ログ・ホライズン1 異世界のはじまり

ログ・ホライズン1 異世界のはじまり

 

ところが今週の火曜日は学校用のショルダーにいつもの本を入れ忘れていたため、直前に図書館で『ぼくらの七日間戦争』を借りたそうだ。火曜日は定期券購入のため途中駅で落ち合った日だったが、帰りの電車内でも息子は読んでいた。そしてその帰り道から何度か「解放区 作りたい~」と言っている。 

 

感想

 

今日(この日の翌日)から四連休が始まっているが、まずは予定通り取り組めなかったものをこなさねばならない。その中にはSAPIXの今週分の宿題(各教科)も含まれる。結局は当然取り組むべきものを淡々とこなすだけでそこそこ時間がかかりそう。

あとは、

  • 【算数】 ……「食塩水」・「売買損益」・「相当算」・「過不足算」・「旅人算」・「場合の数」等について重点的な取り組み。
  • 【理・社】…… SAPIXのテキストの復習だけでなく手元にあるその他の参考書・問題集の問題にも少し取り組み。
  • 【国語】 …… とりあえずSAPIXの宿題などをこなした後、これまでの漢字のチェック、それから全く取り組んでこなかった『国語の要<読解力>』にも取り組み。

 

ただ本人がやる気になって積極的に取り組んでくれないとこちらも疲れるし、やはり限界がある。どこまで私にうまく導いたりその気にさせたりできるだろう。

今息子は習い事の水泳に出かけている。今日は主人が外出しているので、しばらくしたら私がまた車で駅前まで迎えに行く。帰ってきたら私は夕食の準備を手際よくこなさなければ。その間、息子のそばにはついていられないから、一人で対応するのに適した科目・勉強内容を私が提案することになる。例えば算数の苦手な分野なんて「一人でやっておいて」と渡したところでグダグダして時間が無駄に過ぎていくだけだから、内容や順序は私が吟味しなければならない。情けないけどこれが現実。そのあたりに問題がなければ、私が仕事に没頭していてもこんな状態にはならなかったはず。

身体は大きくなって、最近は車の助手席に座ることも許可。今日も助手席に乗ってルンルンで出かけて行った息子(生まれてからこれまで後部座席にしか座ったことがなかった。チャイルドシートは結構前に取り外したものの、安全性を考慮し助手席には座らせてこなかった。体重・身長ともにもう問題ないかと思い先日助手席に座ることを許可したら、見える景色や運転席にワクワクするらしい。) なのに内情はこんな幼さ。レベルが低いなぁとは思うけど、これをどう良い方向へ導いていけるか。私も考え、学びながら試行錯誤していこう。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ 

よろしければクリックお願いいたします。