1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5からの短期決戦。

【57日目実績】体調不良で息子の成長を知る

 9月27日の実績 

 

  • 基礎トレ当日分
  • 一行計算問題集(P.16)
  • SAPIX国語D23A(漢字、知の冒険、言葉ナビ)
  • SAPIX算数D20(総合:相当算、売買損益、食塩水、場合の数等)デイリーサピックスにて復習
  • SAPIX算数D23(時計算)デイリーサポート確認編A・Bの復習、計算力コンテスト、速さと比の復習
  • SAPIX理科D07(豆電球と乾電池)確認問題「3」、「4」
  • SAPIX理科D23(動物の分類①) デイステ2・4・6 及び5(電気回路)
  • SAPIX社会D23(平城京平安京)確認問題基礎編「2」、デイステ
  • アプラス理科・社会

 

ポイント 

 

必須タスクのみ こなした日曜日

朝から私の体調が万全ではなかったので「コアプラスなどできるところを勉強しておいてね」と言って、まず最初は息子一人の取り組み。それ自体も結構遅い時間から。

そして一緒にお勉強を開始したのは午後もだいぶ経ってから ・・・だったと思うのだけれど、気が付くとそんなに遅くない時刻にこの日のコアな学習内容(上記)は終了していた。

とにかく息子が家にいる間は私はいつも "フルフル120%充電済み" でいたくて、息子の不在時間帯に実はガッツリ昼寝させてもらっている日もあるのだけれど、土日という貴重で気の抜けない二日間に片頭痛があるとつらい。でもこれによって、やっぱり息子自身が以前と比べるとだいぶ力をつけてきたなと感じることができた。

そもそも問題を解くスピードが速くなってきているし、勉強する態度そのものが板に付いてきたと感じられ、前向きだし理解力も増強されている。だからこの日絶対に外せなかったコアな学習内容は短時間で問題なくスムーズに終了できたと思う。

もちろんこの日も 私がもっと元気だったら、朝からまた次々と色々な取り組みを繰り広げていたかもしれない。そういう意味ではせっかくの日曜日なのにもったいなく、不完全燃焼だったかもしれないけれど、それでもやはり嬉しい。

 

算数D20の復習

算数D20の内容は「総合:相当算、売買損益、食塩水、場合の数等」。デイリーサピックスに載っている問題を前から順に全部解き おさらいしている。前日にP.6まで取り組んでおり、この日は残りすべてに対応。P.7以降は「★」の数が1つまたは2つのものを先に解いてから、最後に3つの問題に取り組んでいた。

そのころは私ももう隣に座っていたけれど、基本的に私は何も介入せず、淡々と本人が解き進め自分で答え合わせをしていた。どれも問題なく進捗していた模様。

ただ最後の1問だけ引っかかったようだった。場合の数に関する色の塗り分け問題で「★」3つ。この問題だけは不正解だったらしく自分自身で解説を読んで確認していたけれど、再度 私も含めて復習したほうが良いようだった。

後日 私自身が準備をして一緒に取り組むことに(私の宿題)。

 

算数D23

算数D23は時計算。時計算に関する問題については前日解いた確認問題のA・Bを裏面で再度解く。まだあまりスムーズには解けていないかなという状態。

幼児の頃から家にある時計のおもちゃを使用しつつ内容を確認していく(当時 算数セットにでも入っていたのかZ会の付録だったのか?)。旅人算みたいなものだけれど、そもそも「3時から4時の間で短針と長針が重なる時刻」とか「短針と長針の間の角度が180°になる時刻」なんて、だいたいどのくらいの時刻になるか答えの予想はできるもの。ところが突拍子もない時刻を平然と答えたときがあり、頭の中でイメージができていないんだなと思った。(今日になって視聴した 動画によるSAPIXの後期保護者会でも、算数の先生が正にその通りのことをおっしゃっていて大きく頷いてしまった。)

この日の2回目の取り組みで基礎的な部分はある程度理解したかなと思えるが、火曜日にはまたデイリーサピックスで同様の問題に取り組んでから続きの問題に取り組ませる予定。

 

理科 回路を流れる電流の大きさ

回路を流れる電流の大きさについて復習をしている(息子の場合は復習とは言えないが)。D09のテキストのほか、今週 D23のデイリーステップ「5」、また『応用自在』を使用している。こちらについては、私の説明ではまだ本人はしっくりこないようなので、私自身が別途本質を学びなおし 同時に他の問題集・動画でどのように説明されているかを確認して(息子への説明に使用できる図・文章・動画を探す、適切な解説・息子にとって理解しやすい解説を知る)から、再度一緒に取り組むことにしている(これも私の宿題)。

 

理科・社会・言葉ナビ

その他 理科・社会の今週の内容について、確認問題を復習したり新たに解いたり『コアプラス』を確認したり。1日の中で何度か繰り返し。言葉ナビも同様に。

 

算数 これまでの範囲

算数については、前々回の「図形の移動」や 前回の「速さと比」についても少々取り組み。前回の「速さと比」の問題は今週のテキストにも載っている。表面は授業中に取り組んであったが、その際に間違っている問題があったのでそれを中心に裏面で復習。こちらもやはり、とにかく繰り返し。

 

感想

 

日曜日に私自身が万全じゃないなんて、与えられた時間を最大限に活用できないなんて、大失態だと思う。これからは気を付けたい。気を付けてもコントロールできない部分もあるけれど、想定外の事態が発生した場合のやりくり等を含め対応できるよう準備しておきたいと思っている。

こうやって振り返ると、各教科とも だいぶ慣れてきて 何をすれば良いか、課題はどこにあるか等が把握できるようになってきたと感じる。そんな中、今一番対応できていないのは国語の読解だと思う。算数・理科・社会に割り当てる時間と比較すると、国語の学習時間が格段に少ない状態。

また「土日対応」になってしまうけど、手付かずの『国語の要 その2<読解力>』を使用した読解演習の時間を10月に入ったらしっかり取ろう。大事な文章・問題・解説をわずかでも無駄にすることのないように、これについても事前に私がしっかり準備しておきたい。

息子は比較的 文章を読んでいるほうだと思う。でも読解問題には強くない。読解問題には読み方というものがあるし、着眼点というものもある。問題を解くためのテクニックもあると思う。今はそれらがしっかり押さえられておらず曖昧な読み方をしてしまっている。記述と言う面でも、文を書くには骨組みと言うものがあるし、一定のパターンと言ったものがあると思う。それについてもやはり曖昧なので、一度しっかり時間を取って「骨格」を学び身につけるべきだと考えている。

この件を考えても、やっぱり「私の宿題」が多いな。うん、息子は頑張っている。私ももっと頑張っていこう。

そして主人に。温かくておいしい夕食を作ってくれてありがとう。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ 

よろしければクリックお願いいたします。