1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5からの短期決戦。

【124日目実績】学校の勉強

 12月3日の実績 

 

  • 学校対応(日記、定期テスト向け:理科)
  • 基礎トレ当日分
  • SAPIX国語A 31(漢字、デイチェ範囲、言葉ナビ)
  • SAPIX国語B 31
  • SAPIX算数 32(倍数算:確認問題「A」)
  • SAPIX理科 31(滑車と輪軸:確認問題「1」)
  • SAPIX社会 31(幕政改革:確認問題基礎編「1」)

 

ポイント

 

木曜日

この日、取り組み前に机上の整理などをしていて開始が少々遅れた。もともと広々したダイニングテーブルだったところが今は息子と私のお勉強スペースになっていて、この日はブックスタンドや机上台を追加し参考書・問題集などが並ぶ前面部分を整理整頓。

翌日は学校で算数・理科の期末試験がある日だった。「理科はちょっと確認したい。算数は何もしなくてもいいよ」と息子。今回の「算数の範囲は〇〇と〇〇と・・・、そんなに難しくはないよ、大丈夫」などと言う。

私は学校のことはよく分からない部分が多いし、本人に任せている。この日算数については本当に全く何の確認もしないで息子は寝てしまったのだけれど大丈夫なのかな。とりあえず様子見。

 

SAPIX国語

翌日のSAPIXは国語。今週は漢字や言葉ナビの確認もろくにできず前日を迎えてしまった。さらに国語Bも残していた。

漢字、デイチェ出題範囲、言葉ナビ(三字熟語)の順に確認。

漢字については、最近は以前に比べるとだいぶ頭が柔らかくなってきたし漢字にも多少親しんできているので定着率が高まってきているように思う。デイチェ出題範囲については、まだ少し間違いもあり 全体的に丁寧に確認を進めた。言葉ナビも今回は明らかに繰り返し回数が少なく、危うい。

デイチェの結果をもってまた復習したいと思う。

国語Bについては、数問の設問に答えていた。今回の出典は河合隼雄著『物語とふしぎ』。板書ノートを基に答えを組み立てていたので答えのエッセンスはそろっているのだが、記載の順序と接続の仕方から「〇」にできないと思うものがあった。答え方としては論理的に読み取りそのまま答えとして組み立てれば正解できるものなので、まだ読み方や記述の仕方が曖昧で大雑把なのだと分かる。ただ本当に読み込もうと思うとき、内容としては奥が深く難しい話なので、どの程度理解できているかなと思うところがあった。多少話を広げて語ってみたりした。私もちゃんと読んでみよう。

 

学校の勉強

この日も最初に学校の宿題にある日記に取り組んでいた。翌日は日直だからこの日記を朝みんなの前で読むのだと言っていた。日記の文章は気軽に書いているので、記述の仕方や論理構成など厳密な観点から見るとツッコミどころ満載ではあるもの。

翌日の定期テストは算数・理科。

算数については上述の通り特に何もしなくても大丈夫などと言って、本当に何も見ることなく過ごしていた。

理科については ノートと教科書(バインダーに綴じられたプリント)を見ながら復習をしていた。お友だちが作った予想問題のプリントを見ながら確認したり、ノートを見ながら私に説明をしてくれたりした。

「同じクラスのお友だちでテスト前に3時まで勉強しているっていう人がいるよ。徹夜することもあるんだって。日記にそう書いてたよ」と息子。学校のテスト? そんなに勉強するの?  「その子はSAPIXの**校に通っていて α だよ」と言う。へぇ、すごいね。(SAPIXに通っている人も多いのかな? よく聞く気がする。)

前回みたいに学校のテストとマンスリーテストが時期的に重なって徹夜になることがあったのかなぁ。ふと、学校のテストも100点満点、オール5を当たり前のように目指されているのだろうなと思った。比して我が家。私も甘いし、息子自身「大丈夫」って言っているけれど、どの教科にしたって彼は「8割取れればそれでよし、赤点じゃなければ万事OK」という感覚でいるように思う。本当に大丈夫なのだろうか。通知表にどんな成績が記載されて返ってくるのだろうか。恐ろしい。とりあえず様子見(やっぱり親も甘い… )。

私も完璧になるまで繰り返して欲しいと思うけれど、実際のプレイヤーである息子がそこまでやらないというのがある。親御様も熱心な上にお子様自身もそれを認識して自分から当然の如くそこまで頑張れるというのが最も素晴らしく、それが成績という結果に反映されるのだと思う。

今回の算数の範囲には「速さ」も入っていると言っていた。流水算や通過算も対象であると考えると、とても「大丈夫」とは私には思えないのだけれども・・・。

 

その他(SAPIX 算数・理科・社会)

学校のテストがあることもあり、今週は本来の進捗と比較すると取り組みが遅れており、月曜日に授業のある理科・社会もほぼ手付かずだった。

この日は、とりあえず残る時間で、理科・社会の確認問題「1」番、算数については確認編「A」に取り組み。それぞれ理解度のチェック。

ギリギリに詰め込むのは避けたいし、今回理科は「滑車・輪軸」がテーマであるためそれなりに時間を取りたいのだが、また土日に大半の対応をすることに。

算数の「倍数算」についても、とりあえず「A」の問題は解けていたものの、多少時間を取っているし、今回も手元にある参考書で典型的な問題パターンに順序良く触れることで体系立てて理解し直してから、再度テキストに戻り問題演習に取り組みたいと思う。

貴重な土日。結局、大半の取り組みが土日に集中してしまう。学校では来週英語のテストがあるらしく(本人曰く「危ない」)、土日にその時間も取らねばならないのが非常につらいけれども、時間を大切に、集中して取り組みたい。

 

感想

 

現在SAPIXで国語の授業中。今日の基礎力定着テスト、デイチェはどうだったろう。今回のデイチェは先週よりやり直しが増えそうな予感。どの教科もそうだけれど、日々何があっても、ちょっとずつでも繰り返すようきちんと予定を組まないと、と改めて私自身が反省。

この日も基礎トレは7分で全問正解と、ここのところ算数も調子よく進めているようには思える。てこや滑車だって得意にしうる範囲だと思う。息子の気持ちに上手に寄り添いつつうまく取り組みを進めていきたい。

とりあえず明日からの土日、時間を大切に、しっかり頑張ろう。 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ 

よろしければクリックお願いいたします。 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。