1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5からの短期決戦。

【138日目実績】国語の宿題の大半を一日で

 12月17日の実績 

 

  • 学校対応(日記、漢字(短文))
  • 基礎トレ当日分(前日分復習含む)
  • SAPIX国語33 A、B(漢字、デイチェ範囲、コトノハ、解法メソッド、読解演習、言葉ナビ および Bテキストの読解)
  • SAPIX算数 30(総合(比と図形、流水算、通過算)

 

ポイント

 

木曜日

学校は短縮期間なのに比較的帰宅が遅かった(14時30分ごろ)。しかも、最近寝不足気味だからと帰宅後最初に睡眠時間を設けてしまった。

帰宅直後それほど機嫌が悪かったわけでもないのに最初から睡眠を取らせるんじゃなかったと後からすごく後悔。

最近は20分の仮眠休憩を取っても寝起きの機嫌が良くなくて、この日は1時間10分程度で声掛けしてみた。やはりしっかり寝ている最中に起こそうとしてもうまく行かないことが多い。

睡眠は一般的に90分周期と言うから、あと20分程度寝かせておいたほうが良かったのだろうか。

 

子ども相手なので、難しいのは本人の機嫌などが取り組みに大きな影響を与えてしまうこと。息子が私にとても甘えている部分はあると思う。私としては本質的作業だけを粛々と進めたいわけだけれど、本人の態度が酷すぎたり不貞腐れたりしてうまく進まないときがある。(基本的に、息子との取り組みは想定通りには進まない。)

この日は途中 基礎トレに取り組んでいる際に間違いがあってさらに機嫌が悪くなった。本人はもう一度計算すれば正解できるのではないかとやり直していたがまた間違い。一緒に見直そうと言ってもこれを固辞。最終的に介入することで、計算途中のあり得ない誤解が間違いの原因と判明。

「こんなことをしてしまうなんて、こんなことも分かっていないなんて、本質的なことを何も理解できていないんじゃないか。2、3年生からやり直したほうがいい」と思う程度の呆れるような間違い・・・。

私がそれに気づいて「はぁ!?」という反応をし解説をしたところで、あれほど傲慢な態度でイライラしていた本人も多少恥ずかしくなったのか(?)シュンとして、その後はある程度粛々と取り組みが進んだ。

 

算数D30(総合:比と図形、流水算、通過算)

来週水曜日に行われる12月度マンスリーテストの範囲が30番テキストからなので、算数のD30(総合)について『デイリーサピックス』の問題を一通り解いた。

「比と図形」では解説を見て「あぁそうだった」と思い出すものがあった。以前は解き方に慣れておりサクサクと解けていたのかもしれない。まったく同様の問題だけにしか対応できないということがないように、このあと少々時間を作ってもう一度広い視点から確認を。

「流水算」についても相変わらずあるタイプの問題で躓いた。全問題の解法を一通り見渡して確認の上、どのようなケースで躓きやすいか明確にしやり直そうと思う。

この後マンスリーテスト範囲の基礎トレ・基礎力定着テストとデイリーチェックの間違った問題を復習してマンスリーに突入。プラスアルファの問題集にも少々取り組めたらいいかなと思う。

 

国語D33

翌日のSAPIXが国語。漢字や言葉ナビなどについてはこれまでも取り組んで来たが、なんと今週もそれ以外の宿題をすべて前日の木曜日まで残してしまっていた。

デイチェ範囲、コトノハ、解法メソッド、読解演習、それにBテキストの読解と、この日全部続けて実施すると結構な時間がかかった。基本的に、本人に音読してもらい間違いがあった場合などは一緒に手がかりの確認をしたりするため。

ペースメーカーとして塾があるおかげで、どんな状況になっても、1週間に1日はしっかり読解問題に取り組むという日が設定できているのは良いのかもしれない。

今日持って帰ってくる先週分のデイチェでは、裏面で数問 間違いがあったとすでに聞いている。今週はデイチェ出題範囲の問題を解く際も、「知の冒険(D31)」の該当箇所を確認しながら進めたが、先週は問題を解く際に口頭で説明しただけだった。「分かっている」と思い込んではいけないと反省した。これからは原点となる「知の冒険」を常に確認しながら本当の理解に達するよう丁寧に取り組みを進めたい。

 今後マンスリー対策として、範囲の漢字、言葉ナビ、知の冒険の復習をしていく予定。

 

取り組めなかった 理科・社会(D33)

理科のD33は「天気とその変化」、社会のD33は「明治維新」。どちらも月曜日に授業があったものだが、テキスト本文等を一緒に読んで確認し確認問題を一つ解いただけで今に至っている。本当はこの日最後にも取り組みたかったものの、その他の取り組みに時間を取られ 出来ず仕舞い。

最後にまとめて宿題をこなすのは良くないと分かっているが、マンスリーのことも考慮し 今週理科については以前の範囲の問題演習を進めることが多く、こうなってしまった。

アプラスの範囲についても今回の理科は「電気回路・電熱線」と、息子にとってはしっかりした学習が必要な範囲だからこれから頑張らないと。

 

感想

 

明日は土曜日だが午前中は学校に登校する必要がある。2学期の終業式だから。夕方にはいつも通り水泳に行くので、普段の土曜日ほど取り組みの時間は取れない。

でもこれで学校が冬休みに入るため、月曜日も夕方SAPIXに行くまで自宅で取り組みができるし、火曜日も1日マンスリー向けの勉強ができる。さらにマンスリー当日の水曜日も夕方出かけるまで取り組みが可能だ。

前回11月度マンスリーは金曜日だったから、1週間の最後に 学校のあと17時から開始・・・もうクタクタなのではと思う。それに比べれば今回は恵まれた状況。逆に、何か失敗しても何の言い訳もできない状況。

月曜日に授業がある理社の宿題の大半をこれからこなすことになるけれども、マンスリーに直結すると思って普段以上に集中できれば良いな。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ 

よろしければクリックお願いいたします。 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。