1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5からの短期決戦。

【156目実績】理科に重点

 1月4日の実績 

 

  • 学校対応(算数問題集 P.111~114)
  • 基礎トレ
  • 漢検6級漢字学習ステップ 15、力だめし11-15、16
  • 理科:天体、人体、セキツイ動物のなかま分け・昆虫・魚の育ち方、植物(『裏ワザ』等)
  • 算数:立体図形(D34『デイリーサピックス』)
  • 社会:環境問題(『白地図レーニング』:「日本の公害と環境問題」・「世界の環境問題」・「日本のおもな湿地・干潟」・「日本の世界遺産」)

 

ポイント

 

理科に重点

1月4日。冬休み中、SAPIXはなし。学校の算数問題集や漢字の学習も少しは進んだ。多くの時間を使用したのは理科の学習。

 

理科

この日は天体(月、太陽、星、金星)、人体(消化と吸収、血液循環)、セキツイ動物のなかま分け・昆虫・魚の育ち方、植物 について学習。

翌日は ふりことものの運動、磁界、気体、音と光、熱と物質のすがた、気象・天気、大地の変化をざっくり一気に学習予定。

理科は全体的な学び直しが必須。1月組分けテストを前にして この機会に総復習しており、どの単元も重要事項を確認。問題演習を積みたいところだが、まだその基礎となる部分の理解に努めているような状況。学習した各単元の超重要事項くらいはここで確実に押さえるよう今後 数日間確認を繰り返したい。

 

その他

社会は地理分野の確認を『白地図レーニング』で実施中。夏期講習テキスト(計8冊)で本人が設定した優先度に基づき、該当する『白地図』ページを順次確認していく方法。

組分けテストに際してはこちらも時間の問題があり、理科と同様 せめてここで確認した重要事項くらいはきちんと押さえておいて欲しいと思う。その上で夏期講習の確認問題とデイステ。後期にスタートしたため比較的課題の少ない歴史については『コアプラス』を一通り確認できればと思う。

算数は濃度算・損益算や 規則性、場合の数などをやり直したりしており、この後それらが範囲として扱われていた基礎力定着テスト(後期初頭のもので当時は大変低得点だった)を解きなおそうと思う。

国語の漢字も未だ復習中。少しずつしか進捗していないが、やはりここで取り扱ったものについてはきちんと定着させるようにしたいもの。

 

感想

 

組分けテストが近いので、それを一つの区切り(期日)として各分野に関し対応すると決めた内容は確実に押さえるよう "閉じて" 行く。あれもこれもやっただけという 散らかった状態でテストに臨まないようにしたい。

やればやるほど、穴に気づいたりあれもこれも対応せねばという気持ちにもなってしまう。だからすべきことをしっかり見定めて、それに関しては確実に自分のものにするような取り組みにしたい。

組分けテストも、一つのマイルストーンではあるけれども一つの通過点に過ぎないので、締め切り効果を活用しつつ あまりその直前に焦ったりしないように。

残り1年、どこまで何とかできるかなぁと思う。

本来であれば新4年生から、現在のように毎週その学習単元にきちんと丁寧に取り組んで理解を深め身につけていくべきところ、我が家は現在のようなやり方(短期間で追いかける)となっている。

SAPIXではすでに現段階で中学受験の主要な分野はほぼ学び終えたような状態になっていると思う。息子の現状を見ていると、どの分野もまだ理解が浅く、今後 段階を追って全体的に深めていく形になるだろうと考えている。まずは1層目、次は2層目、… というように。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

よろしければクリックお願いいたします。 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。