1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5からの短期決戦。

【160目実績】SAPIX算数(D35)

 1月8日の実績 

 

  • 基礎トレ当日分
  • 漢検6級漢字学習ステップ 24~26
  • 算数:D33(相当算:『デイリーサピックス』)、D34(立体図形(3):『デイリーサピックス』)
  • 基礎力定着テスト35① 復習
  • デイリーチェック算数35 復習
  • 算数:ニュートン

 

ポイント

 

SAPIX算数35

1月8日。冬休み中、SAPIX通常授業開始日。新コース初日、月曜科目(息子の場合、算数)。

この日も学校はなかったため夕方SAPIXへ出かける前は 基礎トレ、漢字のほか、算数D33(相当算)、34(立体図形)の『デイリーサピックス』をもう一度解いて確認した。

 

基礎力定着テスト35①、デイリーチェック35

基礎力定着テスト35①(相当算)は90点。「3」を間違う。

基礎力定着テストが終わった人は続けてテキスト最後の「ベイシック確認テスト②」を解くよう指示があったらしいのだが、これについては右側半分は間に合わず白紙、最初の2問は約比未済で×だし、続く問題は間違っているし … で0点だった。

デイリーチェック35(立体図形)は 125点。「2」と「6」の体積について、どちらも計算間違い。

 

算数A(立体図形の復習)

今回のクラスで算数Aをご担当くださるS先生は、息子にとっては全くの初対面だったらしい。授業中その先生に教えていただいた簡単な計算方法(一の位が「5」である二乗の暗算)を嬉しそうに話してくれた。

テキストを見ると立体図形についてまだ間違いが多いなという印象。慌てている感じもある。自宅ではリラックスして のんびりこなしていると思う。家庭学習においても緊張感をもって集中して欲しいといつも思っているが、塾やテスト時と同じ緊張感を持つのはなかなか難しいようだ。

 

算数B(ニュートン算)

算数Bを担当くださる T先生の授業はこれまでも受講したことがあるらしく「やっぱりT先生は言葉遣いが荒っぽい」なんて言っていた。

授業の進みも息子にとっては速かったらしく「ゆっくり着実に解こうとしても、ノート書き終わって『よし、やろう』と思って1行目を書き始めると『はい、やめ』って言われて困った」などと言っていた。

この日習ったニュートン算は難しくてよく分からなかったから教えて欲しい とのことで、この日の夜は一緒にニュートン算について学習。問題文を正しい線分図に描き表し、仕事算や旅人算の考え方を思い出して解いていく。

増える量>減る量、減る量>増える量 のパターンについて合計4問、最後に 減る量と減る量の組み合わせを1問。ルールに慣れて正しい線分図が描けるようになれば大丈夫だと思うが、まだ慣れていないので翌日も同じ問題を繰り返そうということにした。ある程度骨格が理解できてから『デイリーサポート』や『デイリーサピックス』の問題に取り組みたいと思う。

このとき息子は前向きで自ら熱心に学ぼうとする姿勢を見せてくれた。「よく分からなかったけれど理解したい」という気持ちが伝わってきた。

ずっと一緒に居て、時間の制約なく 自力で解こうと考えている最中に寄り添っていられるのは親塾(?)のメリットだと思う。

 

感想

 

家庭学習における取り組み量が 時間のわりに少ないと思っている。取り組み開始も遅れるし、取り組んでいる最中ものんびりやっているし、長時間続けられず細切れの取り組みにせざるを得ない面もある。持ち帰るテスト等を見ていると、こんな短時間でこれだけ解いているのだな、家ではなかなかできないな と感じる。

自宅で同様の緊張感を保つのが難しいのは分かるし、焦らずじっくり自分のペースで勉強できるのは自宅の良さだとも思うけれども、テストなどで焦ってしまったり授業についていけなかったりするのは良くない。

本人にとって長時間続けにくいものは、やはり細切れにして短時間でも集中する練習をしたいと思う。基礎トレ、漢字 等 自分からどんどん解き進めていく問題は基本的にそのパターンになることが多いはず。それから、昨日のニュートン算のように 本人が理解したいと思って熱心に取り組んでくれるような分野が増えていってくれたら良いなと思う。その場合はある程度の時間、きちんと取り組むことができるから。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

よろしければクリックお願いいたします。 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。