1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【162日目実績】1月度組分けテスト前日

 1月10日の実績 

 

  • 基礎トレ当日分
  • 基礎トレ1月号復習(間違いやり直し)
  • 漢検6級漢字学習ステップ 復習
  • 社会:コアプラス(歴史)、夏期講習テキストデイリーステップ(地理)
  • 算数:場合の数(D19)、規則性(D13)、数に関する問題 (F01) 
  • 理科:カードにて復習(天体、人体、昆虫、セキツイ動物、魚の育ち方、植物、音、気象・天気、岩石)

 

ポイント

 

1月組分けテスト前日の日曜日

1月10日。組分けテストの前日。

 

漢検6級漢字学習ステップ』総復習

5年生で学習する漢字については 冬休みに少しずつ漢検問題集を進めており、この前日にその全頁が終了し間違った問題等の確認を開始していた。

この日はその続きを最後まで実施。間違ったりしたものには解いている最中に印を付けていたので、それらをノートに書き出していった。

 

社会コアプラスで歴史の総復習

前日から社会のコアプラスで歴史分野の確認を進めていた。前日は古代を確認したのみだったので、この日は続きから最後(SAPIXでの学習済範囲である大正時代)まで。

これには結構な時間がかかった。

全体を通して眺めると、奈良・平安・鎌倉時代あたりは比較的弱く、戦国・江戸時代以降は多少詳しいのかな(関心が強い)という印象を受けた。

歴史は5年生の9月以降に学習しているが、勉強の仕方がだんだん分かってきたという面があって、12月度マンスリーテスト範囲になると各週の学習時にテキスト本文(詳細含む)や資料集もよく参照するようになったものの、それより前の時期は比較的表層的な学習になっていた傾向がある。改めて全体を復習してみることでその傾向を痛感する。

テスト前になると重要事項を振り返ることしかできない。だから実際にその範囲を学んでいるときに、きちんと細かいところまで時間をかけて確認していくべきだと感じた。

地理については、最後に夏期講習テキスト(全8冊)のデイリーステップを確認しておいた。

 

算数

算数については普段通り基礎トレを解くと同時に、同1月号で比較的間違いやすかった問題に再度取り組み。

あとは場合の数、規則性、N進法について、以前解いた問題を復習(『デイリーサピックス』や 他の問題集)。

 

理科

理科についてもカードを用いて、基本的に覚えておくべき事項の確認を進めた。

多少は簡単な問題を解くことによる理解の確認も行ったが、やはり社会と同様 テストの直前にできることは記憶しておくべき項目のチェックくらいだ。

この理科のチェックを行ったのが夜になってからということもあって「あれ? これってどうしてこうだって言えるんだっけ?」と疑問が生じた際、落ち着いて多少調べたり計算したりすれば導ける数値だと分かっていても、焦ってしまい「暗記事項だからとりあえず覚えておこう」となりがちだった。

時間のあるときにしっかり調べたり考えたりして 納得するまで理解しておくべきなのだと、ここでも実感。

 

この日できなかったこと

国語A について 実はD34の宿題を残してしまっているので、この日それをこなすことで読解に関する前日の確認にしようと思っていたが時間切れとなり未済。組分けテスト前日、国語に関してできたことは漢検問題集の復習だけだ。

理科についても、F02のテキストのデイリーステップが残っているのでそれをこなし(可能であれば確認問題の続きにも取り組み)前日の確認にしようと思っていたが、これも時間切れで未済。

 

テスト直前について思うこと

8月からの伴走後、出題範囲のあるマンスリーテストは計4回あったけれど、範囲なしである組分けテストは初めて。

この日その前日を迎え、"直前にできること" が どういうものになるか実感できた。

ちょうどこの日に初回入試を迎えた6年生も多くいらっしゃるのではないかと思った。息子にとってはあと1年ということになる。来年のこの時期にできることは、これまで深く学んできたことの最終的な確認だけだとよく分かった。

本当の直前にもなれば、万全の体調で問題なく試験会場に辿り着けることと 皆が持てる力を発揮できることを祈るくらいしかできない。

だから直前期を迎えるまでの日常において、目先のことにとらわれて本質的なことを見失ってしまったり、焦って表層的な理解に逃れようとしてしまうのは禁物だと感じた。

「今、分からない」、それは何の問題もないばかりか、そこには深い理解へ至る手がかりがある気がする。それを出発点にじっくり学んでいけば良いだけだ。じっくり学ぶ時間があるあいだに。たくさん悩んで 頭を抱えて試行錯誤のできる時間が持てるあいだに。

そして直前期のことを見据えて、その時期になったらできないであろうことこそ大切に、これからの時間を過ごしていこうと思った。

 

感想

 

今日は1月11日。今SAPIXでは組分けテストが実施されている。

小学校は明日から登校となる。始業式は朝礼で簡単に行われその後通常授業となる。あろうことか、学校の冬休みの宿題をごっそり残したままこの日を迎えている我が家。

お昼を過ぎ帰宅したら、午後はとにかくそれらを仕上げることでバタバタする予定。幸いにも(?)、組分けテストのことを後からあれこれ心配する余裕もないはず。

この組分けテストの結果で2月からの新学年がスタートするけれど、2月になればまたマンスリーテスト、そして3月にも全体シャッフルの組分けテストがある。

今回の結果を踏まえて今後の対策を練りつつ、さらに前向きに励んでいければと思う。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

よろしければクリックお願いいたします。 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。