1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【181日目実績】SAPIX理社(D37)

 1月29日の実績 

 

  • 学校対応(算数問題集、日記、漢字短文、英語復習)
  • 基礎トレ
  • SAPIX算数 D37(平面図形総合:『デイリーサポート』確認編A復習、B)

 

ポイント

 

金曜日 ~SAPIX五年生最終日(理社)~

1月29日(金)。学校から直接SAPIXへ。金曜日は5時間目までのため多少早めにSAPIX最寄り駅に到着。

以前はSAPIXの授業開始まで時間のある場合は図書館に立ち寄らせていたが、本人はそれを嫌がり(静かすぎるとか何とか)、2学期中盤以降 学校後はすぐにSAPIX最寄り駅に移動して駅のベンチで少しだけテキストの復習をしたり(?)しているらしい。

この日のSAPIXは5年生の最終授業。

通常通り 20時40分頃、自宅最寄り駅に到着。車内では「理科のデイチェ(浮力)はすっごく悪かった。覚悟しといて」とか「混乱するんだよ」等と言っていた。

 

基礎力定着テスト37③

100点。

 

理科

アプラス確認テスト(日本の四季の天気)は90点。(8)の観測者の位置での風向を問う問題で間違い。前日 一緒に「ボイス・バロットの法則」の話はしていて、しかも答案の図中に 本人により丁寧に書き込まれた線などは全く正しいものなのに、なぜか誤答しているという不思議。もう一度確認を。

本人は本当の意味での理解に至っていなかったのかな と感じる。取り組み時 私の留意事項としては、説明だけでなく同様の問いをその場で何パターンか作成し、問いかけ答えさせ理解が正しいかどうかしっかり確認することだと改めて思った。

半年間を振り返ってみて、自分自身「『もう さすがに分かっているよね』と思っていた」とか「表面上分かったように見えた」といった記載をこれまでもよくしてきた気がする。今後に向けた反省として、本人に対し何事もしっかり自分事として捉えられるよう教育していくことが私の重要な役割だと強く意識して接していかねば、また 常に「分かっているように見えて実のところ本人はそれほど深く(強く)理解(認識)していない、かなりぼんやり過ごしている」という感覚でいたほうが良い(私も思い込みや期待を捨てるべき)とも思った。

デイチェ(浮力)は36点。帰宅時「覚悟しておいて」と言われた今回のデイチェ。いつも点数の低い理科デイチェながら、最終回に 少なくとも伴走開始後は見たことのない最低点(なんという記念!)。大問「2」が全くの白紙なのはよくあること、大問「3」にある理科の図鑑に関する問題は何とか得点、大問「1」(今回テーマの「浮力」に関する基礎問題)については 正解が3問だけ。

「混乱した」と言っていたけれど、例えば最初のほうの問題で体積の算出を間違うと その後その値を使用して計算する密度も当然異なってきたりして全面的にボロボロ。

今回の問題を使用した復習は もちろん行うが、この一週間を振り返ると単にこの問題の説明・確認だけをしても「浮力」に関して "安定感" が得られないのは変わらない と感じる(同じことを何度も説明してしまっている、それで理解が得られないなら私の説明が悪い)ので、もう少し様々な問題に触れつつ本質的な理解に至れるよう、取り組み方や解説を変えようと思う。

今 浮力については「混乱」しているようなので、早く本人が「あぁ、そういうことか」というような、理路整然とした納得に至れると良いな と思っている。

 

社会

アプラス確認テスト(歴史重要史料のまとめ)は100点。デイチェ(戦後の日本の歩み)は96点。「東京でアジア初の『 』が開催される」に当てはまる語について「オリンピック」で良いところ「東京オリンピック」と書いたことによる減点。

今回のテーマは「歴史のまとめ ~入試問題演習~」ということで大きく3問の問題を解いたようだ。

大問3について後半が全くの白紙であることから、授業中 一息に解いたのかなと思う。やはり社会についても時間切れの傾向が。当然の知識については考えなくてもすぐ答えられるようにしておきたいもの。そしてその他の間違いを見ていると、正確かつ丁寧に学んでいくべきと感じる。

テキストの最後に年代に関する150個の問題がある。新6年生になると最初にこれらに関するテストをしてくださるようなので、きちんと覚えていこう。

 

感想

 

心配していた「浮力」は想定以上に結果が悪かったので、本人の理解に結び付けられるような別観点からの取り組みになるよう気を付け、今後 重点的に復習。

ただ、歴史の年代を覚えようとする際にも、一緒に取り組んでいると甘えたようなわがままな態度に。主人の提案で 本人に時間を与え一人で覚えてもらうようにしたのだけれど、その後確認しても当然結果は酷いもの。

私にできる協力はするが、主人の感覚はもっともなことで私も同意。私に甘えて傲慢な態度に出たところで、本人にとっても何も良いことはない。将来的なことを考えても。本人が何事も自分事として捉え、謙虚かつ素直な態度で前向きに取り組んでいけるよう方向付けをしていくことが私の本当の任務だと思うので、私自身が常にその方向性を見失うことなく接していくよう注意したい。

これからもより良いやり方を模索していく。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

よろしければクリックお願いいたします。 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。