1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【218日目実績】3月度組分けテスト当日・自己採点

3月7日の実績 

 

  • 算数:基礎トレ、SAPIX算数 D03(割合(1):『デイサポ』実戦編B・C・D、『デイサピ』基礎力チェック)
  • 国語:D05 デイチェ向け『漢字の要』・『言葉ナビ』
  • 理科:SAPIX理科 D03(植物のはたらき② ~光合成と蒸散~:デイステ「3」・「4」、確認問題「1」~「5」)、次回コアプラス確認テスト範囲
  • 社会:次回コアプラス確認テスト範囲

 

ポイント

 

日曜日 ~午前は組分けテスト~

3月7日(日)。午前中は組分けテストのため朝は6時40分頃起床し、8時に家を出発。何となく億劫そう。終了後、自宅最寄り駅までのお迎えは主人が担当。寄り道をしたので帰宅したのは14時45分。

 

組分けテストに関する本人の感想など

帰宅したとき、組分けテストについては「まぁまぁ。頑張ったほう」みたいなことを言っていた。

算数に関しては、帰宅後最初に問題用紙を広げた。図形の問題について「これ、分からなかったんだよね」と示した瞬間に「あ、分かった」と解き方を言い始め、答えも暗算で出していた。うん、それで良いと思う・・・難しい問題ではなく、もったいない気がした。

社会については「今回も地理だったよ。戦後史なんて出なかったよ」と。直前に2月度マンスリーテストの復習をしていたが、社会についてはそのうち出来の悪かった大問「2」(戦後史)だけに取り組んでもらったため、それに関するコメントと思われる。

その他、理科について「申し訳ないんだけど~、理科のテストの最後に用紙を机の下に落としちゃって、手を挙げてたけど最後まで先生に気付いてもらえなかった。残り26秒くらいで、まだ答えが書けたんだけど」と。これについては息子らしいというか、何だか暢気な感じだなぁという気持ちになった。

 

午後の取り組み

午後は、溜まっていた今週の宿題をこなした。

まず、木曜日に授業のある国語と社会について、『漢字の要』・『言葉ナビ』とコアプラス確認テスト範囲を確認していく。漢字についても全部がスラスラと書けるわけではないし、『言葉ナビ』についても当たり前の慣用表現で首をしげているし、社会のコアプラスについても半島や湾など重要地名について答えられないものがたくさんあるし・・・で、時間がかかるわ 重い気持ちになるわ(私が)。

ようやくそこを脱してから、理科のコアプラス確認テスト範囲を見て、それから算数の宿題、また理科の宿題をこなして行く。組分けテストがあったからとは言え本来は普段通り毎日コツコツこなして行くべき。火曜日に算数・理科、木曜日に国語・社会。急いで対応。

 

3月度組分けテスト自己採点

結果はどの教科も悪かった。特に社会は間違いだらけ。国語も、記号問題でも間違いの連続だし抜き出し問題で読点を入れ忘れたりもしている。算数もイマイチ、最後の大問は白紙、理科については最初のほうは全問正解ペースだが、そのうち空白や間違いが発生、そして最後の大問はまた時間切れで全部空白なので点数が伸びず。

算数

60%程度。

 

国語

55~60%程度。

 

理科

65%程度。

 

社会

35%程度。

 

感想

 

本人が自分で自己採点した後 結果が悪かったため、私が少し家事をしていてもしばらく静々と一人で取り組みをしていた。普段は傲慢不遜な言動が多いからこれは良いことに思えたが、この効果はいつまで持続するかなという気持ちに。また、息子本人は結果が良いと気分も良くなり頑張れる部分があるため、悪い方向に影響しないようにフォローしていきたいなと思う。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。