1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【234日目実績】6年前期保護者会動画 を 超特急で視聴

3月23日の実績 

 

  • 算数:基礎トレ、速さ
  • 国語:漢字、読解(評論文)
  • 理科:光
  • 社会:地理(山脈・山地・高地・山)

 

ポイント

 

春休み中の火曜日 ~SAPIX算数・理科~

3月23日(火)。夕方はSAPIXへ。それより前の時間帯、家での取り組みは疲れてきてもいるのかあまりうまく進まなかった。

 

超特急で6年前期保護者会動画を視聴

6年生の前期保護者会動画の配信が「23日(火)まで」とされていることは認識していたが、この日になってもまだ全部を観終えていなかった。

さすがに6年生になると「総括1・総括2・算数・国語・理科・社会」と、どれも結構長い時間 大変貴重でありがたい解説をくださり、私も夢中になって熱心に聴き入ってしまうような内容だった。

それにしても、もう少し早く視聴し終えておくべきだった。17日になると息子は春休みに入り、普段なら息子がいない間に済ませていることには なかなか時間が取れなくなってしまっていた。(今回初めて息子の横で視聴する部分もあり、それはそれで良かった。)

この日は最終日だと思って 超特急で残りを視聴。

SAPIXの動画配信にはVimeoが使用されているが、ブラウザがEdgeの場合なら「HTML5ビデオ速度制御」というアドオンをプラスするとスライダーを使用してビデオ速度の調整ができ便利だった。(私の環境ではChromeに「Vimeo repeat & speed」を追加しても想定した動作をしなかった。)

microsoftedge.microsoft.com

と言っても、1.9~2倍などにしてしまうと、さすがに漏れなく聞き取りつつ議事録ばりに要点メモを入力していくのは少し困難で、1.7倍速程度で聴いた。

 

長期にわたる 短いスパンでの繰り返しが大切

これまでになく どの教科のお話にも惹きこまれ大変勉強になったが、その中でも特に印象に残った(と言うより 思わず「えっ」みたいな反応をしてしまった)のは、国語の『漢字の要』と理科の『コアプラス』に関するご説明だった。

漢字については『漢字の要』で超重要頁をご指定の上、「この範囲だけは絶対間違えない」と決めてひたすら繰り返すのが良い、と。そして「漢字を書こうとしなくて良い、2週間で1サイクルの流れを作り、毎日赤いシートを用いて目で文字をイメージするだけ」という方法。イメージできたものには印を付けていき、3周ほどしても印がつかないような漢字を絞り込んでそれについては書く練習をする、忘れる前に更新していくというもの。

一番良くないのはテストの直前に決められた範囲だけを練習するというもので、我が家などはこのタイプに該当してしまっているという認識はある。デイチェ指定範囲をその直前の1週間に繰り返すようなやり方だから。そして先生が「配られた範囲表は破って捨てる」という表現をされたのにはびっくり。でも、本当にその通りだと思う。我が家はもっと低いレベルにいると痛感せざるを得ない真実を前に、早くそのレベルに達したいという意欲が生まれた。

次に理科については「コアプラス確認テスト」に関して。これは記憶の長期化を図る目的で2~4分程度で実施しているものであり、100点が理想、80点は死守すべきとされた上で、「2週間前から学習を始める習慣を」と。直前に一生懸命やりこなして点数を確保しても、そのようなやり方では1か月後には忘れてしまって点数が取れない。だから指定の2週間から1週間前に "ガッツリ" その範囲を学習し、直前1週間は軽く触れる程度にして「確認テスト」を受けるのが良い、1つの単元に2週間かけて取り組むのが良い というお話。

この方法は、私にはこれまで聞いたことがないご提案に感じられた。そして、これまで半年以上伴走してきたことを踏まえ、なるほどおっしゃる通りだと実感した。

 

算数・理科 D06

算数D06は「速さ(2)」。帰宅した息子は「通過算とか流水算とか結構間違ったから以前習ったものを復習してから行けばよかった」と言った。翌日は軽くそういった基礎事項の復習をしてから 授業で扱われた「アプローチ」をきちんと復習しその周辺の問題を解きたい、とのこと。

理科D06は「燃焼」で、授業では酸化に関する計算問題を解いていったが、これも自分はイマイチだったと言っていた。

基礎力定着テスト06②は70点。大問「4」の後半以外に、また大問「1」でも2問も間違いがある。

算数のデイリーチェック(M)は180点(200点満点)。大問「6」を間違う。

理科のコアプラスは80点。一つは、ろうそくが燃えて発生する「気体」を答える問題で、二酸化炭素は良いのだが、「水蒸気」を「水」と書いているもの。もう一つは、黒さびは磁石に引き付けられるのに、引き付けられないと誤答しているもの。

理科のデイリーチェックも80点で、作図で反射角がおかしいものと、もう一つは未解答。

この日は前期保護者個別面談のアンケートを持ち帰っていた。

 

感想

 

SAPIXの保護者会動画は本当に勉強になるだけでなく、何だか聴いていてワクワクしてくる。特に今回はこれまでとはレベルが違うほどの内容の濃さ、充実度合いだったと感じるのは私だけだろうか。6年生になったことが ひしひしと感じられた。

正直なところ、毎日息子だけに向き合っていると 文句ばかり言ってくることもあり、ドロドロした "負" の底なし沼に私まで引きずり込まれそうな気分になることがある。ところが、SAPIXの先生方のテンポが良くて軽快で、また前向きでやる気に満ちたお話を聞いていると、"正" の方向への道が見えるような気分になり 私の心も晴れてくるし、私たちもそこに上りたい、その道を歩きたいという気持ちが充溢する(少なくとも私は)。

本当にありがたいことだと感謝すると同時に、この気持ちのままに「さぁこれから今まで以上に明るく前向きに頑張ろう」と感じることができた。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。