1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【252日目実績】4月度マンスリーテスト当日・自己採点

4月10日の実績 

 

  • マンスリーテスト範囲(D06~春期講習)
  • 算数、国語のD07

 

ポイント

 

土曜日 ~マンスリーテスト当日~

4月10日(土)、マンスリーテスト当日。前日に右手首を骨折したものの受験。

テストは15時から18時までなので午前中は自宅学習。ところが私たち両親の前で反抗ばかりしていていた。最近は毎日そんな調子だし前日には骨折してくるし、ろくに試験勉強もこなせず散々な状態でSAPIXへ出発。この日は帰宅後もその調子だったので、朝も夜も我が家は賑やかだった。

私たちはネガティブな表現ばかりする息子にポジティブな言葉や思考を求めた。色々な話をしたが、最終的に少しは息子も前向きな考えに至れたことは良かったと思う。

動機はどうあれ、受験も頑張って欲しいなと思う。

 

マンスリーテストからの帰宅後

SAPIXから帰ってきた後、息子からテストのことについて触れることは一切なかったが、帰宅した直後に「右手が使えないって本当に不便だな」と言った。

普段、常に健康を与えられ何不自由なく生活できることがどれだけありがたく恵まれ幸せなことかが少しでも分かったとすれば、とても貴重な機会をいただいているのだと思う。

この日の夜は算数と国語のD07範囲をこなした。右手首は消しゴムを使用するときに案外痛むようで、文字を消すときは左手を使用していた。

 

自己採点

右手首が痛いわりには一生懸命頑張って解答していた。

算数:50~55%、国語:65~70%、理科:35~40%、社会:55~60%

前回は算数が「特大どぼん」だったが、今回はここのところ調子の良かった理科がそれのような存在に(全体的に低得点ではあるものの)。春休みからテスト直前まで反抗ばかりで勉強もままならず、特に理科に関して思ったような取り組みができていないという認識はあったが理科は想定以上に点数が低かった。

 

感想

 

今回のマンスリーテストは前日に利き手である右手首を骨折するというアクシデントがあったため、空欄を多く残したまま終わることも覚悟していたが、案外頑張って答えが書かれていた。

得点がとても低いのは、ここのところ毎日反抗ばかりで全然勉強が思うように進められなかったからだと思う。

自己採点した息子自身がそれを受け止め、少しでも今後積極的な取り組みになるよう努力してもらえれば私は嬉しい。再始動できればいいなと思っている。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。