1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【253日目実績】志望校

4月11日の実績 

 

  • 四教科:D07、『漢字の要』・『言葉ナビ』・『理/社 コアプラス』含む
  • 学校の漢字など

 

ポイント

 

日曜日 ~マンスリーテスト翌日~

4月11日(日)、マンスリーテスト翌日。日曜日を迎え、とりあえず一息。朝は多少ゆっくりした。

 

SAPIXの D07 課題をこなす

新学期を迎えバタバタしていたがようやく日曜日を迎え少しホッとする。色々あって遅れ気味だったD07(全教科)の宿題を順々にこなして行く。

本当は土特関連のタスクも予定はしていたが、やはり思うようにスムーズには進まず別日に移動。

こなすスピードと言う意味で明らかに遅いと思うけれども、やはり息子の場合はこんなふうに落ち着いた時間を 1日しっかりと持ち、自分なりのスピードでこなしていくことが大事なように感じる。

平日についてはSAPIXに通うのは2日だけれど、その他の3日も学校後は心身ともにぐったりで、帰宅後与えられる時間も限られている。朝の勉強も大してできない。

今後はさらに土日とも忙しくなることが想定されるが、息子の場合、基本的にそのどちらかは自宅で落ち着いた取り組みのできることが望ましいと感じられ、今後の様子もしっかり見守りつつ、一般的な過ごし方と少し違うと思っても惑わされることなく最善の方向を選ぶようにしたいと思う。

 

保護者面談アンケート と 志望校

「6年生 前期保護者個別面談用アンケート」の提出期限は明日13日(火)だ。そろそろ清書しなければならない。アンケートには志望校(第一から第三)や、その他全受験予定校のほか志望校選択のポイントや相談事項等について記載することになっている。

今日の午後、私は用事のため外出しなければならない。久しぶりに下校後の息子と入れ違いになり、今日の夕方はしばらく 一人で取り組みを済ませてもらうことになっている。

私は出かける前に当該アンケートの回答をほぼ準備するつもりなので、今朝 登校前の息子にしっかりと確認をした。ここに記載する第一志望校について。

これまでSAPIXへは二度ほど志望校を記入して提出したことがある。そこに書いていた第一志望校は漠然とした憧れのような学校だったと思う。息子だって(私だって)、あまりはっきりとイメージできない部分がある。入試問題を見たって遠くに見える。傍にいる息子自身となかなか繋がらない、でも第一志望として書いていた。お互いに、どんな準備をしていけば良いのか、これから本当に戦えるレベルに到達するまで伸びていけるのか、明確なイメージも抱けず不安だけを覚えていた。

今ここに来て、息子に尋ねた。息子がある程度具体的に想定できている、「いいな」、「行きたい」と言っている学校、これまで第二志望として記載していた学校を「第一志望」として良いね、と。ここを一緒に目指そう。この学校は具体的にイメージできるね。入試問題を見たとき(ちゃんと解いたことはまだないが)、今は難しいとしても、これから段階を踏んでコツコツ勉強していけばその先にあるように実感できるよね、と。私も、この学校だったらあなたに合っていると思う、と。

朝 出かける前の短い時間帯ではあったが親子で決めた。今回のアンケートに書く第一志望校はこれまでとは変更だ。第二志望じゃない、ここが第一志望だと。とにかくそこを目指して、中学校生活を楽しみにしつつ頑張って歩いていこうと。

すでにこの時期であるということもある。新六年生に入ってから迷路に迷い込んだ雰囲気になっており、成績が降下していると言うこともある。

息子自身がある程度は現実的に考えられ、具体性を持ってイメージし、入学したいと切望できる学校をはっきり志望校に据えるべきだと強く感じた。そこを目指せば良いと思えば、私だけでなく何より息子自身が今持っている心の迷いや不安感を払拭できるだろう。息子と重ね合わせて私もその入試問題を学ぼう。迷うことなく具体的な歩みを描いていこうと思っている。遠くを眺める必要はない、とにかくそこを目指すのだ。

今日は空も澄みわたる快晴の一日。息子は予定通り6時30分に家を出た。車で最寄り駅まで送る際も少しその話をした。駅前に着き下車した息子が私を振り返ったとき、息子も私も笑顔だった。そんな息子の後ろから朝日がキラキラ輝いてきれいだった。希望が持てた。

今回のマンスリーテストも散々だったけれど、この調子では今度の日曜日のサピックスオープンもまともに対応できるレベルではない。

でも、この4月で底を打つよ。そう、大底だけど下げ止まり。ここからまた上昇に転じていかなければね。

 

怪我のこと

私は母親として右手首の骨折のことを心配している。

金曜日の一時間目に傷めた手首を、帰宅し診察を受けるまで何時間もそのままにして過ごしていたことや、利き手である上に受験生であることもあって、どうしても使わないわけにはいかないし、その後も気になりつつも勉強をさせていることもあって、長期化しないか、また大げさかもしれないが後遺症が残らないかなど気になっている。

次回以降は初診とは異なる病院で別の先生に診ていただくことになる。私は母親として諸々のご相談をし常に最善を尽くした対応ができるよう心掛けていきたい。

 

感想

 

日曜日に、久しぶりに親子3人が揃う中でゆったりと本人なりの取り組みが進められたことは良かったと思う。取り組みといっても、SAPIXの全科目の宿題をただ進めただけだが、息子には焦らず落ち着いた自分なりのスピードで勉強する時間が必要なのだと 私は痛切に感じた。

4月度マンスリーテストの自己採点を本人にしてもらったのは実はこの日の夕方なのだが、「気が重い」と言っていたから出来が悪いことは想定内だったのだろうけれど、特に理科・社会についてその想定を上回る不出来具合に少しシュンとしていたからショックもあったのだろう。

最近文句の言いたい放題だった息子なので、「シュンとなる」のも大事なことだったように思う(私からすると助かる)。

また、今朝 息子と志望校について確認できたことも良かった。やはり本人自身が具体的に想定できることが大事だと感じる。それが良き指針となり、本人に勇気と頑張る原動力を与えてくれると信じている。私自身も、明確に「見えた」ことで心の和らぎを覚えた。きっとまた一緒に頑張っていける。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。