1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【258日目実績】丁寧さ と 泥臭さ

4月16日の実績 

 

  • 学校対応:算数、漢字
  • 算数:基礎トレ、土特分野別補充プリント(相似形5)
  • 国語:漢字
  • 理科:人体
  • 社会:土特知識の総完成W05(工業、関東地方)

 

ポイント

 

金曜日

4月16日(金)。この日は取り組み量は少な目で、基本的に、土特算数の分野別補充プリントと社会の知識の総完成だけがメイン。

 

自分自身で考える時間は大切・何度もやらない

算数の「分野別補充プリント(5)」について「復習A」と「無印」に取り組む。4つの大問の中には、一番最初にちょっとしたミスをしそれに属する3つの小問すべてで失点したものがあった。

最初の思い違いが全体的な間違いの原因だと私は思ったので、動画などを使用してすぐに解説を聴くのではなく、もう一度自分で考え直すよう促した。

最近思うのは、自分自身で頭を悩ませながら取り組む "泥臭い" 勉強が、時間がかかるようでいて実はとても重要だということ。

万人向けのスマートでエレガントな解説を聴いて分かったような気持ちになるのは、今の息子にはまだ早かった。たとえその一般的な解説の後に、自分でちゃんと解きなおしたとしても。あれこれ調べたり、遠回りしながら考えていく時間は、実は貴重な体験だった。

それから、今回は同プリントに何度も取り組んだりはしなかった。オーバーフィットしないように、それから一回の取り組みを大切にするように。目先の点数だけを求めない。今 目の前にある問題にじっくり取り組んで緻密にこなし、納得した時間を過ごしたら、あとは早く寝たほうが良いと思う。

 

言葉の一つひとつを大切に

社会の「知識の総完成」については、すでにきちんと学習した内容(地理)に関する重要事項のまとめという位置づけになっている。息子の場合、歴史についてはそのようなテキストで問題ないのだが、地理については最初に盤石な基盤が築かれていないので、こういったシートは注意して使用しないと非常に薄っぺらい短期記憶で終始してしまう可能性があると分かった。

そうなってしまうと、覚えたはずの事項もすぐに忘れたり、分かっているはずの事項が上手く活用できなかったりする。

この日は意味も考えながらゆっくり取り組んでいった。空欄に当てはまる文言を答える中で、語句の理解の仕方が雑だったということに少しは気づいてもらえたようだ。

 

感想

 

最近一日の取り組み量がとても少ない。状況を少しずつ良くしていくために、この日はあえて無理をせず、ほんの少しだけの「必須事項」を大切にして、そして早く寝てもらうことにした。

ちょっと疲れてきているかなという気がしている今なので、無理のない計画に絞って、目の前にある一つのことを満足な状態に仕上げることに専念し、それを積み重ねていきたいと考えている。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。