1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【263日目実績】最低限

4月21日の実績 

 

  • 学校対応:算数 など
  • 算数:基礎トレ、D08(小数・分数)
  • 理科:D08(人体)

 

ポイント

 

水曜日 ~SAPIX木曜日科目 最低限の課題をこなす~

4月21日(水)。通常通り16時15分頃 学校から帰宅。最初に90分間睡眠。

自分から「20分」と設定して昼寝に入ったが20分で起きるはずもない。20分と1時間のタイミングで軽く声を掛ける。睡眠サイクルは一般的に90分だからそのタイミングで再度声を掛け起きてもらう。少しはすっきりしたかしら。

最近の状況も踏まえ、息子が帰宅すると私の中には何とも言えないドキドキ感が充溢する。今日はどんな様相を見せるか、うまく取り組みが進むか等といったドキドキ感だ。以前からいつも同様に感じているものではあるけれど、最近は息子も自分からはっきり「やる気がない」などと明言しているし、もうすでにこんな時期だというのに よろしくない状況に陥っているので、私の心の奥底ではますます不安感が高まっているような気がする。

先日SAPIXから 今月号の『さぴあ』のほか、2021年度入試の受験体験記等を持ち帰ってきたが、私にとってはどの方の体験談もそれはそれはキラキラしており、理想的で前向きで素晴らしく、我が家の現状を前にすると私には逆に直視できないものとなっている。

 

SAPIX 算数・理科 D08

この日 主に取り組んだのは、翌日SAPIXで授業のある算数・理科の宿題。ここのところうまく回っていないため、こうなってくると とにかく「こなすべきこと」が次々山積みになって残されて行ってしまう。

算数も理科も、とにかく最低限の問題だけをこなす。「最低限」と言っても人によってとらえ方はまちまちだろうが、例えば今回の理科はテキスト表紙に優先度の記載もなかったから、とにかく最初のほうの確認問題やデイステの偶数回、ポイントチェックの最後(「科学の図鑑」)だけ、それからコアプラス、といった程度。

それでも、とにかく取り組んだ問題は何とかしっかり理解してほしいと思う。今回の算数のテキスト内容も、大半の人にとってはとても簡単な問題なのではないかと感じられる。伴走開始直後の5年生の夏に取り組んだ記憶のある内容。ただこの範囲、息子は得意でないらしい。間違いもあったのでそれらについては後からまたやり直し。少しはポイントが押さえられたかな。

疲れているのも分かるので、少しでも早く寝てもらいたいと思った。

息子の場合、自分のペースを守ったほうが良いようだ。慌てることなくそれを回復し、落ち着いて再構築していきたいと感じている。いよいよ土特は彼の生活に入り込む余地がなくなったものの、5月3日から5日に行われるGS特訓は参加させていただく方向だ。以前の保護者会動画では、3割程度のお子様はここで目の色が変わるとおっしゃっていた。息子にとっても、ほんの少しでもこれが刺激になってくれたら嬉しい。

 

感想

 

今週は明日金曜日に学校行事として校外学習も控えている。あえて現地集合・現地解散になっており、各人が電車を乗り継いで現地に向かう。

現地は我が家からは遠く 息子の場合は片道2時間余り、複数回の乗り換えが必要だ。行き帰りの経路は私のほうで検索したものの、私だって使ったことのない路線ばかり。まぁ行ってしまえば何とでもなると思うので、息子にも行き帰り、また現地における同級生との校外学習を存分に楽しんできて欲しい。

そんな明日を控え、現在はSAPIXで授業を受けている息子。帰って来たらもう22時。最低限のことはする必要があるけれども、なるべく早くに寝てもらわないと。

学校も年度の切り替え時期、バタバタして心身ともに疲労も蓄積するだろう。息子も自分なりによく頑張っているのだろうから、慌てず焦らずすべきことをこなして自分たちのペースで頑張っていきたいと思う。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。