1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【270日目実績】本人の勉強法 ~GS特訓欠席の連絡~

4月28日の実績 

 

  • 学校対応:算数
  • 算数:基礎トレ、D09(立体図形(1):『デイサピ』)
  • 理科:D09(てこ)、コアプラ範囲(気象①(気象観測))、力だめし×1(「植物の育ち方と養分」)
  • 社会:D10(日本国憲法①)、インプット(地理)×1
  • 国語:『漢字の要』

 

ポイント

 

水曜日

4月28日(水)、学校からの帰宅は遅めで16時15分頃。帰宅時の車内で「5、6時間目はやっぱり眠くなる」と言う。この日も5時間目に英語があって、ウトウトしてしまい、また「Stand up~」と立たされたと言っていた。

 

SAPIXの課題を何とか

翌日のSAPIXは算数・理科。先週は当たり前の課題さえこなせず授業に臨んでしまっていたけれど、今週からある程度リズムが取り戻せている。

何かあって遅れたりするとリカバリが大変、リズムを取り戻すのも大変。我が家の場合は、土特等を欠席する方針に決めたので今後何とかなりそうだけれども。

また、幸いにも翌4月29日(木)が祝日(夕方のSAPIX通常授業はある)。

この日は翌日に授業のあるSAPIX算数・理科の前回(D09)の課題を中心とした取り組み。遅れていたタスクをこの2日間でカバー。算数は『デイリーサピックス』を残していたためそれを進め、理科はこれまで解いてきた問題のやり直しなど。

独自の取り組みとしては、理科の生物分野と社会の地理について最低限をこなす。

 

本人なりの生き方で

この日、GS特訓欠席の連絡を入れた。土特に関しては毎週 授業直後に当日のテキストを受け取りに伺うけれど、GS特訓のプリント一式については3日分を翌日の通常授業で本人が受け取ることに。

最近 算数の基礎トレや『デイリーサピックス』にある基礎力チェックでさえよく間違っている息子の場合は、一つひとつ丁寧に落ち着いて理解し進めていく必要があるし、そういった基礎的な問題で確実に得点できるよう、効果的な学習を反復・継続したほうが良いと思っている。

私が伴走を開始する前の過去の学習範囲についても基礎的な部分に穴があるし、上級者向けの演習を一般的なスピードでこなそうとし 解説を聴いても、その話が上滑りするだけで本人のものになっていないように感じていた。逆に疲労感と自分なりの復習に割ける時間の欠乏に苦しむことになっていた。

またGS特訓の目的等を考えたときに、息子の場合は性格的に「これによって目の色が変わる3割」に入れるとは到底考えられなかったし、この3日間によってまた当然取り組み済であるはずの通常授業の宿題さえ碌にこなせずストレスが増し、疲労感だけは蓄積してその後の毎日にマイナスの影響が出るのが目に見えていた。

だから、息子なりの速度、息子なりのやり方で理解・定着させていけば良いかなと。とにかく、すべきこと、基礎的な当たり前のことを大切にしようと。この日も心に余裕がありゆったりと取り組むことができたから 本人の理解度も高かったように思う。取り組んでいて「現時点でこれ?」なんて、レベルの低さにびっくりする部分もあったけれど「ここが本人の苦手な箇所だ」と理解した上で そこについては基礎から丁寧にやり直すようにしていけば良いと思っている。

息子の場合は小学校から私立に通ってしまっているために、地元の公立小に通う方々と比べると、学校だけで時間や体力、気力を激しく消耗してしまっていると思う。また、すでに受験というものを一度経験してしまっているので、良くも悪くも落ち着いていると言うか夢がないと言うか、志望校に合格してもそれからだということがよく分かっているし、志望校に合格したからと言って当然良いことばかりではないということだって心底分かっている。

そんな息子には息子なりのアプローチがあるはずで、型にはまったものの見方に囚われなくても良いかなと考えている。

 

感想

 

今日は祝日で、現在はSAPIXで算数・理科の授業を受けている。今朝は少し遅くまで寝ていた。

今日は授業があると思って私が多少キビキビしていたのか(「締め切り効果」発動?)、昨日(上記)に比べると取り組み時の雰囲気は良くなかった気もする。やっぱり息子は自分自身に即した穏やかな雰囲気の中でじっくりと学ぶのが好みのようだ(面倒でなくはない)。

ちょっと難しいお年頃でもあるけれど、その時々で息子にとって最も良いと思うやり方で進めて行ければと考えている。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。