1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【275日目実績】GW 3/5日目 ~徹底~

5月3日の実績 

 

  • 学校対応:算数
  • 算数:基礎トレ、平面図形「4」、基礎トレ4月号復習、ともなって変わる数(『応用自在』)、D08(小数・分数)、D10 (立体図形(2))
  • 理科:力だめし×2(「水中の生物の育ち方」、「季節と動物のくらし」、「動物の分類」)、D10(ばね:デイステ、確認問題)
  • 社会:インプット(地理)×3(「日本地理 ~関東地方~」・「~東北地方~」・「~北海道~」)
  • 国語:「かなづかいと送りがなの問題」、「言葉の意味の問題」

 

ポイント

 

憲法記念日 ~GW3日目(中日)~

5月3日(月祝)、5連休の3日目。中日なので取り組み量は少なめ。算数にかけた時間が長い。

 

算数

基礎トレ4月号で「!」マークが付されている問題をもう一度すべて解いた。オンタイムで取り組んでいたときとは異なり基本的には正解できる。間違った問題もあり、その原因は、計算間違い、「×3.14」忘れ、問題文の読み漏れ(図の斜線部分について「アの面積はイより大きい」と書かれているのにそれを読まずアとイを同面積と思い込んで計算した)の三つ。

D07の学習テーマ「2量の関係」についても当時きちんと勉強していなかったからリカバリが必要となっている。当時から比例・反比例の基礎や、xとyを用いた式からxとyの関係を表すグラフを選択するような基本的な問題に課題があるようだった。この日は『応用自在』を用いて確認していった。

速さや歯車、また水量の変化に関する問題等、これまでたびたび扱われてきた問題についても、この範囲の基礎を確認することで多面的な見方が獲得されていく。例えば速さの分野であれば、速度と時間は積一定(距離)で反比例の関係にある等、式からグラフ(変化)が直観的にイメージされることが重要で、そういった見方ができていなかったことが根本的な弱さとして横たわっていたと分かる。今後、具体的な様子・それを表す式・グラフの変化とを関連付けながら考えられるようにしていこうと思う(理科のばねの問題でも、グラフを読み取る力、およびそこから実際の状況をイメージする力が弱いように感じていた)。

その他、D10(立体図形(2))については、この日『デイリーサピックス』の問題をすべてやり終えた。『標準20回テスト』は「平面図形」のみ。

 

国語

この日は知識系だけ。日々の漢字の他に、この日は『自由自在』で「かなづかいと送りがなの問題」、「言葉の意味の問題」。

 

理科

D10(ばね)についてデイリーステップ終了、確認問題を5つ進めた。問題演習を通しポイントを理解・確認して行っている。間違いもあるのでこの後全体的に復習して理解を固め、スラスラと当たり前のように解けるまで反復する必要がある。

その他、生物分野「水中の生物の育ち方」、「季節と動物のくらし」、「動物の分類」。

 

社会

地理について計画通りに進めた。この日は「日本地理」の最終回で「関東地方」・「東北地方」・「北海道」。現在、超重要事項だけを凝縮したようなテキストを使用しており、これで地理については一巡し終わった。答えられなかった問題には「マーク」を付けているので、翌日からは地理の範囲を2分割し、1日に半分ずつ「覚えていない」という「マーク」を失くすべく繰り返す。

まずは最低限の知識が凝縮されたこのテキストを完璧にする。同時に同範囲について別の問われ方でも答えられるようにしていく。

 

感想

 

理科にしても社会にしても、もちろん算数・国語についても、これまでの息子のやり方には「徹底度」が足りないということが分かる。「知ってはいる」とか「説明を聞いたら理解できる」とか、「ちょっとしたミス」とか「時間はかかるができはする」とか言うのは「あと一歩」、「おしい」というでは全くなくて、その「ちょっとした違い」にも見えるものがテストになると「雲泥の差」になって表れる。

地理について、例えば3月組分けテストで、各知識を持ってはいたが旅行文のような問題形式になっていたためどこの地域の話か分からず全然解けなかったという過去がある。国語力、あるいはイメージ力の問題もなくはないが、やはり知識の土台が盤石ではないことが根本的な原因だと思う。

完璧に覚える、そして何度もそれを繰り返してスピードを上げるというシンプルな法則がすべての基盤になる。算数でも同様だが、算数の場合は特に表面的な記憶ではなく、解説の熟読による解法の理解・暗記と言えるかと思う。

本人の考え方が甘く徹底度が低いのは私にも責任があって、「覚える」というのはどういうことなのか分かってもらうため、私も一緒になって取り組んでいく。暗記やその確認の時間をしっかり取り、とにかく繰り返し、記憶できたことやスピードがついていくことを実感させ、楽しさと喜びを覚えてもらいたい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。