1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【280日目実績】自由な勉強

5月8日の実績 

 

  • 学校:日記
  • 算数:基礎トレ、GS1日目基礎力1・2、GS1日目昼テスト、規則性「4」復習、立体図形「5」、D11(拡大・縮小:『デイリーサポート』実戦編C、D)
  • 国語:D10(言葉ナビ、読解演習)、漢字
  • 理科:D11(地層:デイステ×2、確認問題×1)
  • 社会:D10(日本国憲法①:デイステ)インプット(地理)×8(「日本の世界遺産」~「日本地理~北海道~」)

 

ポイント

 

土曜日

5月8日(土)、午前中は整形外科。ギプスが外れ、来週の通院はなし。帰りは今週も徒歩。この日も晴れていたが、そろそろ汗ばむ季節になってきた。午後は取り組み。土特は欠席しているので今週も授業終了直後に主人が校舎までプリント一式を受け取りに行ってくれた。

 

算数

D11(拡大・縮小)の実践編C・Dへ。前日に解いたA・Bに問題はなさそうだったが、C・Dでは躓くこともよくあって少々不機嫌に。

この日は欠席したGS特訓で使用されたプリントのうち、1日目の「基礎力」という基礎トレのようなプリント2枚と「昼テスト」に取り組んだ。

また『標準20回テスト』は順序良く進めている。前日に取り組んだ「規則性」の一問についてはこの日も一緒に確認。この日 新たに取り組んだのは立体図形の一枚だけで計画は遅延。でもその内容に学びが多い。息子自身もそう実感しているようだ。例えばこの日の取り組みでは、立体の体積は相似比を3乗すれば求められるということについて理解。「あぁ、そうなのか」と素直に受け入れ納得している息子の姿を主人も褒めていた。

 

国語

D10と次のD11授業との間に少々時間がある国語について、この日はD10Aテキストの読解演習と『言葉ナビ』(指定範囲)のやり直し。

読解演習は先日時間を決めて実施したが間違いもあったし時間内に記述しきれないものもあったので、この日はきちんと音読の上で、各設問の考え方や答え方を説明し やり直してもらう。『言葉ナビ』についても、一問ずつ確認していき、必要であれば意味を調べノートに記載してもらった。

 

理科

D11(地層)についてデイリーステップと確認問題を一つだけ。もう少し進めたかったが逐一再確認が必要にもなりサクサクとは進まず。

地層に関する再確認で、いつもの動画サイトにまたお世話になった。


www.youtube.com

 

手薄になっていた少し前の分野(太陽と月、人体)のほか、直前のてこ・ばねについても演習を繰り返したいところだが、思うように進まず。

 

社会

久しぶりにD11(日本国憲法①)のデイリーステップに取り組み、記憶状況を確認。地理のインプットは普段と同様に進めた。

 

感想

 

このようにざっくりと一日を振り返ってみると、全体の取り組み量は少ないし、明らかにかなりの時間を算数に使用していることが分かる。算数は重要だが、理科や社会についてもすべきことが多いのにそれらが一日の中に収まりきらず計画倒れで終了することも多くなっているため、今後は早い段階で意図的にその他科目に一度着手するよう心掛ける。

どの科目だって、始めてしまえば躓きもあり後ろに押してくると思う。その意味では「時間」という区切り目をより重視し、「いったん『切る』」という対応を取るよう気を付けねば。また都度フィードバックを得て計画自体を見直していく。

息子はGS特訓も土特も欠席している。受け取った膨大な量のプリントと比較すると、息子が一日で取り組めている量は少ない。しかし逆に言えば、息子の場合ちゃんと「自分のもの」にしようとすると本来はそれだけの量しかできないということで、"何となく" 問題を解き散らかしたり授業を "ぼんやり" 聞くというのを止めてこのような時間を持つことに決めたのだから、自分なりの方法で、自分なりにしっかり頭を使い、自分なりの実力を付けていって欲しいと思う。

そうして少しでも授業中の吸収率が高められるよう本人の基盤を強化していく。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。