1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【282日目実績】基礎

5月10日の実績 

 

  • 学校:交換日記
  • 算数:基礎トレ、GS2日目昼テスト、立体図形「5」やり直し、D11(拡大・縮小:『デイリーサポート』実戦編E、『デイリーサピックス』)
  • 国語:『漢字の要』・『言葉ナビ』次回範囲復習、デイチェ次回範囲復習
  • 理科:D11(地層:確認問題×2)
  • 社会:D10(日本国憲法①)復習、次回コアプラス確認テスト範囲、年代150テスト、日本国憲法(新小学問題集)、インプット(地理)×8(日本の白地図

 

ポイント

 

月曜日

5月10日(月)、この日から制服は夏服へ衣替え。学校は健康診断のためお昼過ぎに家を出ればよく帰宅も早かった。

自宅最寄り駅まで迎えに行った際「出かけた時と同じ息子が帰ってきた!」と思った。出かけていた時間がとても短かったから、同一人物が戻ってきた感じ。機嫌も話し方も様子も見送ったときと同じだと思った。

普段は早朝に出かけて帰宅は遅い。良くも悪くも別人が帰ってきたような感覚になる。機嫌が悪かったり ぐったりくたびれていたり、ごくまれに元気いっぱいのときもあるけれど。「いつもと同じ息子」が帰って来てくれると嬉しくなる。この日の短い学校でのことも話してくれた。

 

算数

基礎トレのほか、標準20回テスト「立体図形」の5枚目はもう一度全面的にやり直した。それからGS特訓2日目の昼テストを解く。

大問「2」の基礎トレレベルの問題でも相変わらず間違いが。その中身を確認すると、本人の解き方はやや稚拙。例えば、全部書き出してみるというようなやり方。それは多少時間を要する一方で安全策にもなり得るはずなのに、逆にその中でミスをする。もう一歩進めてより算数的で論理的な考え方を伝えた。

大問「3」、「4」は多少問題文が長いので難しいのかと思いきや取り組んでみると簡単な問題だった。大問「4」は時間切れもあり、一緒に取り組むことに。問題文中にヒントが埋め込まれているので読みながら内容を整理していく。制限時間の中で息子は途中まで取り組んでいたが、問題文に書かれた情報から判断できることのうちの一つを捉え漏れていた。私が読みながら一緒に整理していくと、息子も要点に気づく。そしてそれが整理できると一気に道は開けて全問解ける。解くこと自体は遅くはなかったし自力でできていたけれども、落ち着いて問題文を読み丁寧に整理していくという意味で読解力が必要だと痛感する。このテストで間違った問題は、今日もう一度復習。

算数については、その他にD11(拡大・縮小)の家庭学習(『デイリーサポート』・『デイリーサピックス』)を進めた。木曜日にはまた算数の授業がある。土日も他の取り組みに割り当てる時間を多めにしていたので、急がねばという気持ち。

 

 国語

翌日の火曜日にSAPIXで授業がある国語と社会は、それぞれデイリーチェックやコアプラス確認テストの範囲を最終確認。

『漢字の要』は前日の確認時に印を付けたものだけ、『言葉ナビ』については全面的に、デイリーチェック出題範囲についてはもう一度解いて要点の確認。その際「言葉の種類とはたらき」について『自由自在』も参照した。 

 

社会

社会も、D10テキスト(日本国憲法①)の確認問題について、以前印を付けていた問題のやり直しとデイリーステップ。午前中には『新小学問題集』でも該当箇所を確認していた。日本国憲法の前文をそのまま暗唱することはできていないが、キーワードについてはすっかり慣れたとのこと。

その他、歴史の年代150テストも再度実施。地理のインプットはこの日も「日本の白地図」。印を付けたものだけではなく全面的に確認。地理については本当に「早く、急いで暗記を!」というレベル。

アプラスの指定範囲(歴史:安土桃山~江戸時代)も確認。漢字には気を付けてもらわねばならないし、ときどき別の観点からまとめて理解し直す必要もあったけれど、歴史については一問一答式で進めていても地理とは安定感が違う。とりあえず土台はある。

 

理科

D11(地層)について、この日も確認問題を進めた。自力でチャレンジできる問題だったが間違いもあり、本人の解き方・考え方を理解した上で、より洗練された本来的な解き方があるならばそれを分かりやすく伝えていく必要がある。

理科も木曜日に授業があり今回の宿題範囲の進捗は遅れている。早くざっと問題を終え、全体的に復習をし「自分のもの」にしてもらわないといけない。

 

感想

 

やらねばならないことが溢れかえっているように思う。基本的な穴(弱点)を埋めていく取り組みが必要である一方で、通常授業もある。そこにもまた弱点が見つかって復習も必要になってくる。土特もGS特訓も欠席にしたというのに時間不足とは実力がなさすぎということかと思う。

時間がかかることの原因には、一つの問題を解くのも遅い、過去の学習範囲の定着率が低いなどがある。

算数や理科はそれなりに数をこなさないと理解が深まらない部分があるけれども、その際にもなるべく一般化、汎化した理解に導けるように。また基軸となるような基本的な問題の復習は欠かさないようにし基礎固めに徹する気持ちでいようと考えている。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。