1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【284日目実績】宿題

5月12日の実績 

 

  • 学校:算数、日記、(社会)
  • 算数:基礎トレ×2、D11(拡大・縮小)、D10(立体図形(2))
  • 理科:D11(地層)、てこ・ばね
  • 社会:インプット(公民:日本国憲法

 

ポイント

 

水曜日

5月12日(水)、学校からは16時過ぎに帰宅。

最初に学校の宿題を片付け、基礎トレ(2日分)を済ませる。それだけで1時間以上が経過。

土特を欠席することにして土日の勉強時間は増えたけれど、前回の土日も目先の宿題等にこだわらないタスクを中心にこなしていたため、SAPIXの前日(翌日は算数と理科)になって焦る。今回の範囲も全然仕上がっていない。「仕上がる」と言うのも、あくまで息子レベルでの次回授業前における完成度。

学校がある平日はやはり安定感がない。本人も疲れているし、うまくこなせるかと私はヒヤヒヤ。やはりSAPIXの各宿題は土日の間に仕上げておくべきだとここに来てまた強く後悔。

この日はその後まず理科の取り組みを開始、次に算数をと考えていた。

理科の今週範囲「地層」はかなり不十分な状態でこの日を迎えてしまっていた。ところが息子の機嫌が悪い、問題を見ながら舟を漕ぎ始めた、これはマズイ、と私は焦る。

そこでまだ早いけれどもうお風呂に入ってもらう。何があっても柔軟に対応できるように息子の帰宅前に夕食もお風呂も準備済みだ。

結果・・・正解。良かった、お風呂で目が覚めたらしい。この後はうまく進み私はホッとする。毎日ドキドキの連続。

 

理科

 

・D11テキスト(地層)

D11テキストに関しては、この日これまでに取り組んできた問題のやり直し。取り組み済の確認問題とデイリーステップについて、以前正解できず印を付けていたものを復習していく。

「科学の図鑑」に関するポイントチェック(星座)はこの日に実施。星座については、本人は好きなのだそうだ。ただこの回の内容に関しては詳しくないらしく、また『星と神話』を読んだりしていた。

星と神話 物語で親しむ星の世界

星と神話 物語で親しむ星の世界

  • 発売日: 2012/06/29
  • メディア: 単行本
 

 

これまでに解いた問題の復習の後、メインの「地層」について新たな問題にはもう手を出さなかった。まだまだ不完全で1週間後のマンスリーテストに向けこの後残りの問題を解く予定。

この日は同テキストの冒頭や『特進クラスの理科』でそのポイントをざっくり確認してから、同書の「川の水のはたらき」および「地層と岩石」の章にある「力だめしの問題」を解いたが、こちらは易しかった。途中、アンモナイトとオウムガイの違いについて知りたがったので調べてみた。なかなか興味深い。

www.ammolite.co.jp

 

今回重要になるのは、柱状図を用いた地層の傾きに関する問題だと思っている。翌日に次の授業を控え、この日はテキストの新しい問題には取り組まなかったものの『合格トレイン(思考問題)』で「地層のでき方」の冒頭にある数題を用い確認を行った。

理科に関しては息子の場合「解くのが遅い」というのが課題で、慣れてサクサク解けるレベルになっていないとテストには対応できない。「地層」についても現時点ではまだそのトレーニングが不足している。

 

・コアプラス範囲(てこ・ばね)

次回のコアプラス確認テスト範囲は「てこ・ばね」だった。前日にコアプラスにある問題は再確認したが怪しいところもあった。

この日は土特で配布されている「理科確認テスト」というプリントを使用して確認を。特に間違いはなかったが、さて翌日の確認テストはどうだろう。後半、随分とのんびりしていたので「早く解いて。残り30秒。こんなのは小学校受験の『はじめ!』・『止め!』っていうのと同じ」と言うと急にあっさり終えてくれた。あれ? 実はできなくもないのかな?

同プリントにあった「滑車・輪軸」の問題も解いてもらった。こちらについてはポイントを忘却していたのでまたやり直さねば・・・。

「てこ・ばね」も数回前の授業テーマで、今回のマンスリーテスト範囲。この日もこの程度しか取り組んでいないため、もう少し確認作業が必要。

この日の取り組みは翌日授業がある算数・理科中心だった。残りの1週間は自由な取り組みはいったんストップしマンスリーテスト範囲に集中する。特に当該期間前半は規定の宿題もほとんどこなせず翌週を迎えていたので結構大変。

 

算数

算数のD11(拡大・縮小)に関しては、まず『デイリーサピックス』で未着手だった問題に取り組んでから、『デイリーサポート』・『デイリーサピックス』を通し以前正解できず印を付けていた問題に再度取り組んだ。

理科のあと算数に入って「なんてスムーズに進むのか」と。やはり理科は、きちんと理解できておらず不慣れなところがあるのだろう、結果として「遅い」というのが課題だ。ここに来て理科の地層も「まだまだ」だということをはっきりと知る。

算数については最後にD10(立体図形(2))の『デイリーサピックス』についても、最初の頃正解できず印を付けていた問題をやり直し。立体の断面に関する問題は正解していたものも含めすべてノートに綺麗な図を描いて確認していた。

 

社会

社会の「インプット」も、今回は最近SAPIXで学習した「日本国憲法」に関する内容を確認。

前回の「日本国憲法基本的人権」に関して、息子は授業ノートを開いて確認していた。見てみると、基本的人権の種類等についてしっかりノートが取ってあった。SAPIXの場合、授業はどのように進められたのだろう、授業で何をやったのだろうと思うことも多いけれども、これについては「なるほど、授業ではこれらを順に教えていただいたのだな」と分かりやすかった。

 

感想

 

5月度マンスリーテストはちょうど1週間後。当該期間の前半は取り組みが全くうまく進められなかったので、残りの1週間で復習していく必要がある。

当該期間の後半に入り、土特は毎回欠席することに決め GS特訓も欠席して 本人なりのやり方で進めていくことにしたので「復活」傾向に入ったと思っている。ただこの時期から苦手分野を克服すべく独自の取り組みを優先するようにしてきたため、当該期間前半の学習範囲を中心に 残り1週間で集中的に取り組むべき課題は多い。

相変わらず目の前のことに追われているが、とにかくどんどんこなして行こう。

次のマンスリーテストには数値的な目標を設定している。「復活」第一号なので、マンスリーテストという範囲のある対応しやすいテストが対象であり、またそのハードルは低めに設定している。

残りの日々、特に土日に すべきことを集中的にこなし、今回は何としてもその目標をクリアさせたい。そして達成感や自信、そして勢いを得て、次のステップにつなげてほしいと思っている。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。