1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【290日目実績】SAPIX国語・社会(D12)

5月18日の実績 

 

  • 学校:算数
  • 算数:基礎トレ、D07(2量の関係:『デイリーサポート』)、D08(小数・分数:『デイリーサポート』)
  • 国語:漢字のみ
  • 理科:太陽と月、ばね、地層(『合格トレイン(計算問題)』)
  • 社会:(『年表トレーニング帳』文化史)

 

ポイント

 

火曜日 ~SAPIX国語・社会~

5月19日(火)、学校から直接SAPIXへ。この日は国語と社会。

 

SAPIX 国語・社会

社会は公民を学んでいる。この日は「三権分立①国会」。帰宅してこの日のテキストを自分から出したり学んだことを話したりすることはなかった。「今日は全体的に ... 全体的 だった」(どういう意味?)と言ったり、「今日のコアプラは漢字を間違いまくった」と言ったりはした。

基礎力定着テスト12②(立体図形②)は65点。この安定感のなさ。大問「1」にも間違いが1つ、裏面も間違いがたくさん。裏面についてはミスをすると総崩れという感じ。復習のほか、注意点やポイントの再確認は必須だが、その一方でこの内容は難しくなければそれほど苦手でもなく 欠かせないのは丁寧さだから、対策は早く寝ることと落ち着くことだと考えている。

国語のデイリーチェック11(先週分)は98点。漢字の書き方で一部減点されている。

社会のコアプラス確認テストは70点しかなく、本人の報告通り全部漢字の誤り。福沢諭吉の「諭」の字を間違ったのは2回目。本人が「うん、うん、大丈夫」などと言いながら見ていてもダメなんだと思い知らされる。取り組み時「書かせる」ことのデメリットは、息子の場合 嫌がることと遅いこと、また単に数回書いたからと言って間違わなくなるわけでもないということ。今後の対策としては、もう少し書く機会を多く持つこと、ただしそれだけでなく、その際に私のほうから使用されている漢字が少しでも本人に意識され記憶に残るよう、その意味や覚え方などを話すこと(その話があまりにも右から左へ流されていないかのチェックも必要。私が一方的に話すのではなく会話形式になるように注意する)。

社会のデイリーチェックは80点。憲法に定められた基本的人権についてはまだ理解が曖昧だと認識している。復習必須。

 

帰宅後

帰宅後は学校の算数の宿題・基礎トレ・漢字の3点セットの後、算数について「2量の関係」・「小数・分数」に関し『デイリーサポート』実戦編の問題を復習。その後理科の「太陽と月」・「ばね」・「地層」について『合格トレイン』で1問ずつ(「ばね」だけは先日解いた問題のやり直し)。理科はどれもまだまだ危うい。

基礎トレを解いている際、最初は機嫌が良く前向きな言葉(「将来、SAPIXで社会を教えられるようになりたい」など)を発していたのは嬉しいものだった。ところがこの日の基礎トレには間違いが多く、やり直してもまだ間違っているものもあった。それだけで少し機嫌を損ね、相変わらずの「もう嫌だ」発言。一緒に確認・復習を行うことで、ある程度は機嫌レベルを保つことができたが、このような感情の波を制御できるようにしていくことが息子の課題。間違い自体を嫌わず、落ち着いて「何が違うのだろう? どうしてだろう? どうやって解くのだろう」などと楽しめれば良いので、私も態度・声掛けには十分注意していく。

 

感想

 

明日はマンスリーテスト。17時30分開始なのでいったん学校から帰宅する見込み。学校の後だから疲労もあるだろうが、その中にあっても落ち着いて丁寧に解いてきて欲しいもの。

いったん帰宅するというのは同じ路線を往復することになり時間がもったいない気もするけれど、いつも「帰りたい」という気持ちがある息子なので、自宅に居られる短い時間もパワー・チャージの大切な時間にしていく。

今日はその前日。できることは限られている。最後の確認として凝縮した時間を過ごせるように気を付け、なるべく早く就寝させよう。

4月下旬 土特やGS特訓の欠席を決め本人なりのやり方へとシフトし、少しずつ復調傾向に入っていった。今はまだその途上にあるけれど、直近の学習範囲を復習する節目としてだけでなく、「次」への足掛かりとして、一つの通過点に過ぎない小さなマンスリーテストをも大切にしたいと考えている。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。