1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【300日目実績】進捗は悪い

5月28日の実績 

 

  • 学校:算数、算数問題集、音楽、日記
  • 算数:基礎トレ(復習含む)
  • 社会:D13(三権分立② 内閣と裁判所)

 

ポイント

 

金曜日 ~学校の課題~

5月28日(金)、学校の課題に取り組んだ時間が長かった。これほど勉強していない受験生が他にいるだろうかという気持ちになる(不安)。

 

学校の課題

この日は、まずこの日が期限となっていた音楽に関する課題をこなす。リコーダーや歌について練習した上で動画を撮影し提出。

リコーダーも苦手な息子は、最初の練習にも少々時間を要した。ある程度できるようになってから2階へ。動画の撮影・提出方法については本人が分かっているようだったので私は階下へ退避したが音は聞こえてくる。

指定されたテンポで指定された曲を吹くのだけれど、途中で失敗したり、うまく行っていると思ったら最後にちょっと間違ったり。最後の最後に間違ったときなど、少しくらいの失敗ならそのまま終わりまで吹いてしまえば良いと思うのに、苛立った本人が自棄になって「ピーーー!!」と吹き鳴らしその録音をNGにしているのが聞こえた。

そんなことを繰り返していたので、私は2階に行き「あと5回だけ。その中で一番うまく演奏できたのものを提出すればいいんじゃない?」と回数指定。

リコーダー、歌ともに何とか終了したとき時計を見たら、音楽に2時間くらいは使用していたと思う。

その後も学校の課題が続く。まずいつもと同じ算数の宿題。それからこの土日の宿題として指定された算数の問題集。さらにその後に日記。

これだけなのに結構時間を使用してしまった。

さらに、英語の不規則動詞の期限が迫る。最近は登下校中等にも見ながら覚えてもらえればと思い、その一覧を学校のショルダーに入れているけれど「結局ほとんど見ていないし覚えられないから一緒にやって欲しい」との要望が。この土日には少し時間を取るねと約束。

こうして学校の課題も積み重なる。一つひとつは些細なものでも重なって結局結構な時間を要しているようにも感じるし、特に苦手な副教科が負担になっているように思う。

この日も大した取り組みができず、本当に危険な状況だと痛感する。土特だって行けたほうが良い部分だってあるだろうけれども、この毎日の中に到底収めることができず本当に悩ましい。

 

取り組み内容

この日の取り組みとしては、算数の基礎トレについて過去分の復習や当日分をこなし、社会D13の宿題を少々こなした程度。

よく考えたら、先日のマンスリーテストを受けた新コース開始が6月1日(火)。これまでしばらくの期間、息子は火曜日に国語・社会、木曜日に算数・理科のクラスに居たけれど、今回1クラス上がったことで科目が逆になるとこの日の夜に気づく。次の火曜日がもう算数・理科だ。急がねば。

いつも相変わらず、靄がかかったようにボーっとしているように見える本人。強い意志や やる気を見せてもらって、もう少しは本人なりに一生懸命生きてもらわないと・・・という雰囲気に満ちる我が家。そして私は、そんな息子の様子を踏まえて 少なくとも毎日もっと早く寝させたほうが良いと思った。主人にもそれについて注意されてしまった。本当にもう色々と大変。

 

感想

 

この日は学校の課題に大半の時間を使用してしまったと思う。この時期になって算数が危機的状況になっているように感じるから焦ってしまう。基礎から丁寧に学べば良いと思う反面、たくさんの問題演習をこなすほうが良い面もある。しかし最近は特に息子にその耐性がなく、算数で分からなくなるとすぐにイライラし始めるからこちらは焦ってしまう。

6月にはまたマンスリーテストがあるので通常授業で学習中の内容についても大切に取り組み、7月にある実力テスト(組分けテスト)に向け 分野にこだわらない取り組みを並行して進めたい。

そして、現在は土特にさえ参加できていない息子だけれど、とても忙しくなるだろう夏休みに関しては基本的に講習に参加したいと思っているので、それに向け、基礎的な学力や気力・体力の面を鍛えておかなければならない。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。