1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【301日目実績】脇道

5月29日の実績 

 

  • 学校:英語
  • 算数:基礎トレ、D13(場合の数)、分野別補充プリント(相似形(7):A・無印・B、相似形(8):A・無印)、相似、相似比と面積比
  • 理科:D13(星の動き)、物体の運動
  • 国語:D13(『漢字の要』)

 

ポイント

 

土曜日

5月29日(土)。今週も土特には参加しておらず、また授業終了直後に主人がプリント一式を受け取りにSAPIXへ。

この日をまとめて表現するなら、「ゆっくりした」、「英語の時間を結構持った」、「算数の平面図形(分野別補充プリント)で難航しここに結構な時間を要した」の3点。

 

英語

午前はかなりのんびり。そして学校の英語について、不規則動詞の期限が迫っており、これまで何の対応もしていなかったのでこの日に初対応。

初めは「だるい」などと言っていたのだけれど、だんだん楽しくなってきたらしかった。それぞれの動詞の活用について、単に「覚えて」と言うのではなく色々な話を交えて進めていたから。本来ある程度時間があれば、こんなふうに脇道に逸れたり四方山話を交えながらの取り組みが可能になって何でも楽しく進められるのだけれど... とは思う。

英語がとても苦手な息子なのだが、そうなってくると全く興味がないわけでもないのかなという様相を見せる。自分の好きなスターウォーズのパンフレットを見せてきて単語の意味などを尋ねてきたり動画を見せて「何て言っているの?」と訊いてきたりした。

ただ息子の場合、現在のところ英語については、ただぼんやりとその雰囲気に触れている程度のものなので、中学以降は一からしっかり理論を含めて学んでいって欲しいと思っている。この日は英語の授業ノートも見せてくれた。そこには「to不定詞」について記述があり、とりあえずその内容について説明はしたのだが、そもそも日本語の理解についても怪しい息子だから、名詞的/形容詞的/副詞的用法と言ったところでどの程度ピンとくるかなと思わなくもなかった(国文法に関しても、似たような解説をしていることが多い気がする)。

不規則動詞に関してはずっと心に課題がのしかかってくるのもしんどいと思う。4年生のときにも一度それらを何とか覚えたようなので、全くゼロからの開始ではなく記憶が残っている部分も多い。だからこのタイミングで集中して復習しさっさと口頭試問を受けに行ってもらったほうが良いと感じている。

 

算数

先々週および先週分の分野別補充プリント(相似形(7)・相似形(8))に取り組んだが、特に「相似形(7)」が苦手のようだった。補助線を引いて所謂「チョウチョ」型の相似形を見つければ良いのだけれど、どうも慣れと訓練が必要な模様。

解法を身につけて、各問題を前にしたとき「このケースはこの切り口で解ける」と自分から見通しが立てられるようにしなければならないと思う。この日は随分苦労しているように見えたし、「復習A」で学んだことを「無印」や「復習B」で試しても時間がかかっていたため、翌日もう一度復習しようと感じた。

今さらながら「そもそも相似というものについて分かっているのかな」と不安になり、三角形の合同条件や相似条件について、あるいは相似三角形を見つける際の着眼点について確認したりもした。

 

理科

理科についてはD13テキスト(星の動き)のデイリーステップや確認問題を進めた。星座に関しては、私はあまり得意でない一方で息子本人は結構好き。

テキストの確認問題を進めてもらっている最中には、私は家事をさせてもらっていた。ときどき主人が様子を見てくれていたようだ。星座早見盤も使用しながら楽しく学習しているようだった。

また、デイリーステップの「3」には熱の伝わり方に関する問題があった。「発泡スチロールの容器に入れたお湯は冷めにくい」というのが熱移動の3原則(伝導・対流・放射)のうちどれに該当するかという問題でちょっと迷っていたため少々お話を。発泡スチロールとはどういうものか気になったようだったので、次の動画も観た。


www.youtube.com

理科については最後に次回コアプラス確認テストに関する内容も。次回は物体の運動がテーマ。ふりこの運動や斜面を転がる物体の運動に関して基礎的なところを確認してからコアプラスに入ろうと思い、この日は軽くそれらの復習をした。


www.youtube.com

 

 

感想

 

かなりゆっくりしたので、一日自由な時間が与えられた土曜日としては取り組み量が少ない。でもやはり平日とは違って落ち着いて様々なことに取り組めたと思う。「土日」という休日の存在が本当にありがたい。

そして今はもうすでに日曜日のお昼。相変わらず学校の英語や音楽にそこそこの時間を使用している。でもこういったものは休日に少々時間を取り、そこで集中的にこなしたほうが良いのは確か。

そして途中、本人はリコーダーで懐かしい曲を自由に奏でていたけれど、これだってきっと気晴らしになるだろうし、自然と音楽の再テストの準備にもなっているのだろう。

今からまた算数の平面図形、それから理科の力学を見直し、各教科D13の宿題をこなして行く予定。途中で英語や音楽もまた差し挟む。これらが効果的な気晴らし、リフレッシュとなり、全体的に勉強効率を高めてくれることを期待。

ここのところずっと手薄になっているのが国語の読解。ただ、しばらくテスト結果の推移を見守っていると最もブレ幅が小さいのが国語のようだ(平均点程度しか取れていないというレベルだけれど)。これについても、ある時期にまた集中的なてこ入れを図りたい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。