1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【307日目実績】これで良いのかな

6月4日の実績 

 

  • 学校:算数(定期テスト過去問①、②)、国語(『しっかり言語』指定範囲、漢字①~⑩復習)、英語、音楽
  • 算数:基礎トレ、D14(規則性に関する問題)
  • 理科:D14(電熱線)
  • 社会:D14(三権分立の仕組みと選挙制度)、白地図レーニン

 

ポイント

 

金曜日 ~自宅学習日~

6月4日(金)、この日は自宅学習日で学校に関する取り組みが多かった。

 

学校関連

国語については、定期テスト範囲となる「漢字の読み・書き」と「総合問題(1)」の問題を解く。熟語に関して間違いがたくさんあり、しっかり復習せねばと思った。

算数については、これまでの小テストの復習と前日持ち帰っていた定期テストの過去問①・②を解く。

音楽については再テストを受けるにあたっての復習。

英語については、授業で学習中の単元に関しノートに英文を写し和訳を下に書いていくという作業(学校から推奨されている作業)を、これまであまりしていなかったがこの日は息子から始めた。これはこれで気晴らしにもなり楽しいようだった。この日は本来なら学校のある金曜日なので学校の課題中心でもいいかなという気持ちに。作業中には学校に関する話も楽しそうに聞かせてくれた。例えば、放課後時間帯に教室内で飼っている蛇がケースから逃げ出した話。担任の先生がおっしゃった通りに再現してくれちょっと面白くて私も思わず吹き出してしまった。蛇の手触りなども教えてくれて、私の知らない場所で色々な経験をさせていただいているのねぇという気持ちになった。英語については最後にテキスト本文のCDを聴いた。

 

その他…

その他に SAPIX D14の家庭学習について、少しずつ進めた。また白地図レーニングも少々。

息子の場合、「これをやっておいてね」と渡してもどうしても一人だとボーっとしたりうまくこなせていなかったりするため、何をするにせよ私はかなり中まで入り込んでいる。普段からこんなやり方で良いのかなという気持ちはある。

この日英文をノートに写し始めたのも「ダラダラできる」・「ラク」という部分もあっただろうと思っている。和訳も私が横から色々教えつつ進めていたから本人としてはラクだし楽しい。私が少し席から離れると、ただ写すだけの作業も随分進捗が悪かった。そしてその作業をしながら、学校のことを色々と思い出し楽しそうに私に語ってくれる。本当は英文を写すなら写すでギュッと集中して作業したほうが良いけれど、平和でのどかな時間。そういう時間を過ごしたいという息子の気持ちは伝わってくる。

「ただ覚えるだけ」の作業だって「これを覚えて」と伝え制限時間を設定するだけで本人が頑張って覚えてくれるなら簡単だけれど、息子の場合そんなふうに任せてもなかなかうまくはいかず、私が横から常に解説などを話しかけ一緒に覚えていくやり方になることが大半。「ただ問題を解くだけ」だとしても、私が中まで覗き込んでいないと(凝視)、本人はついついボーっとしていることが多い。少しでも引き締めるため、リズムを取るために、私が問題文を声に出して読み(その際には必ず文章を目で追うように、本来このスピードで読み解かねばならないことを理解するように伝えている)、一問一問をクイズのように進めることも多くなっている。

私自身はテキパキやりたい、効率的に素早くこなしたいと思うこともあるが、うまく行かず失敗したという苦い経験があり(以前の土特に通っていた頃の土曜日や春休みにパンク)、結局今はこの方式に落ち着いている。自分自身で一定時間集中状態に入ってもらいたいと思うし、環境整備など工夫のしどころは多々あるとは分かっているけれども、まだまだ幼い小6男子、そううまくは運ばないというのが現状であるように感じる。

本来的で理想的な方法では、本人がもたないし嫌がるし、続かない、そして残念ながら身にもつかない。

こんなやり方で良いのかなと常に迷いながらではあり、もう6年生なので本来的で理想的な姿に近づけるような工夫や意識付けはし続けないといけないと思っている(少しずつ「中央」に寄せていく)。短く時間を区切る、同じ教科を長時間続けない、メリハリをつける、良かったときに褒める、などなど。

 

感想

 

「これで良いのかな」といつも感じながら進めている。でも大人側の私が「このほうが良い」と押し付けてもうまくはいかないから、息子のやり方を最大限に尊重しつつ進めている感じ。私は息子にとって母親なので、息子には甘えもある。

不安にもなる。この日はSAPIXの面談があったからさらにそう感じた。土特にも行けていない我が家、つまり「SAPIX標準」に全く乗れていないわけだから、何となく現状が違い過ぎてそう感じるのは当然なのかもしれない。

今月はまたマンスリーテスト、来月には組分けテストもあるから、そういったテストを現状の反省材料にしフィードバックと考えて、今のやり方でも対応可能なのか、やって行けそうかなど常に自問しながら進めたいと思う。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。