1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【308日目実績】訓練と慣れ、見通しと目標

6月5日の実績 

 

  • 学校:国語(『しっかり言語』、漢字)、英語、音楽
  • 算数:基礎トレ、基礎トレ5月号総復習、計算問題/一行問題、基礎力定着テスト14②復習
  • 社会:白地図レーニン

 

ポイント

 

土曜日

6月5日(土)、今週も土特は欠席し当日のプリントは授業直後に主人が受け取りに行ってくれた。算数に大半の時間を使用、その他学校関連(国語には結構時間を要した。その他に英語、音楽)。

 

算数

この日は算数にかなりの時間を使用した。基礎トレ5月号の総復習には想定の3倍も時間がかかってしまった(もともと5月号には間違いがとても多かった)。

最近の基礎トレでは単純な計算の間違いも多く、先日のマンスリーテストでも大問「1」の計算を落としていたし大問「2」の小問集合も間違いが多かった。この日はマンスリーなどテストを想定した計算問題や一行問題などにも取り組んだ。

マンスリーの小問集合にあるような問題を解いていて感じたのは、本人の読解力の弱さ。すぐに解き始めずボーっとしているように見えたので声を掛けてみると「考えている」と言う。解き方の見通しがすぐに立てられそうな問題だったので、私が音読してみると事態は進展。私は大事なところを強調して読んだが、本人の読み方にはメリハリがなかった。息子はただ漫然と問題文を眺めているような感じだったので、少なくとも数字、それから登場人物や「A管・B管」など主体となるもの、それから動作、変化や結果は大事だからそこには線を引くこととか、グラフが横にあるなら問題文の説明で分かったことはその中に書きこむこと など着眼点や作業内容を具体的に伝えた。本人自身が自然とそのように動作できるよう訓練すべきだと思っている。

また問題文を読みながら線分図を描くなど、何か手を動かして考えるべきだと伝えている。パッと見ただけで「これ、分からない」とか「忘れた」と言ってしまうのだけれど、問題文を読んで分かることを何となく絵に描き表したりするだけで、表面上知らない問題に感じられても「以前学んだあの問題と同じ方法で解ける」など本質的な道筋が浮かび上がってくると思う。いつもそう伝えているけれど、「いくら言ってもやってくれない」のではなくて、私にとって「描けば良いだけ」と思っていることがそもそも息子には難しいのだろうなとも思う。絵が描けるならある程度は読解できているわけだから。これも練習が必要なのだろう。

マンスリーテストや組分けテスト程度の計算問題や小問には、毎日もっと触れて慣れていくべきだと思った。

今後のテストではそういった問題を決して落とさないようにしよう、また テスト時間のうち 5分の1程度でそれらを解き切ることを目標にしようなどと話した。

 

その他

国語について言葉や漢字を復習(学校の定期テスト範囲)。英語や音楽についても取り組んだ。

英語はテキスト本文のノートへの書き出しと和訳の続き。また、来週初にある単語テスト範囲も見ておいた。単語テストは日本語に対応する英単語を紐づけるだけの簡単なもの。一緒にテキストを見て読みながら確認しているときは大丈夫そうに思えた。しかし最後に模擬テストを作って実施してみると少々苦戦。2回目にその順序を変更してやり直すと簡単に解けた。どの教科でも、単にテキストを読むだけでなく実際に例題を解くことは大事なのだなと改めて思う。

音楽の再テストは2つあり、来週初こそ必ず受けに行くようにと言っている。まず先に本人が「覚えるのが苦手」と言っているリコーダーの指使い、その次に楽譜の読み方に関するテストのほうを受けると良いよ、と。前者の中では「#や♭が苦手」と言うから最初にそれらの音の答えを書いてしまえば良いと伝えたり、覚え方についても工夫してみたりした。

 

感想

 

3 連休なのに、金・土曜日はゆっくりやりすぎ、そして学校のことに時間を使いすぎで、最終日となる日曜日の予定は取り組み順序や内容についてそれを踏まえた計画にした。

この週末を過ぎると6月も第2週。その木・金曜日には学校の定期テストがあり、第4週になると6月度マンスリーテストもある。その後は2週間も経たないうちに7月の組分けテスト。

最近は息子も少しは落ち着いて来たので、定期テストの目標を決めたりその範囲を見直したりもしているし、マンスリーテスト等に関してもある程度の見通しを立てて、これまでとは違って一緒に多少の戦略を立てたり目標を定めたりしている。これからも落ち着いてこなしていければと思う。

もちろんのんびりし過ぎている部分があることは否めず、また土特にも全く参加していないし受け取った土特のプリントにもあまり対応できていないのが現状なので、焦るような不安な気持ちもなくはない。今後2回のテストはそのようなやり方の可否や課題をある程度 明らかに示してくれるかと思う。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。