1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【310日目実績】オーバーフィットへの対処

6月7日の実績

 

  • 学校:算数、国語
  • 算数:基礎トレ、D14(規則性に関する問題)
  • 国語:D14(『漢字の要』)
  • 理科:D14(電熱線)、コアプラ範囲
  • 社会:D14(三権分立の仕組みと選挙制度)、白地図レーニン

 

ポイント

 

月曜日

6月7日(月)、学校からは16時頃に帰宅、SAPIXはなし。主として算数・理科を中心にD14テキストの確認や課題をこなした日。

帰宅後最初に取り組んだのは普段通り学校の算数の宿題。それから算数のD14復習、理科のD14の確認、社会のD14の内容の理解、国語の『漢字の要』と続け、最後に学校の国語の宿題(学校の定期テストの予想問題を各自が作る)、そして寝る前に白地図レーニング。これだけで一日が終わってしまった。

計画していたタスクのうち「必須」のものだけをこなし、優先度が一つでも下がるものには全く対応できず時間終了といったところ。

基本的に学校のみの日は、それに加えSAPIXへ行く日と比べるとだいぶ帰宅が早いわけだけれど、何となくのんびりした雰囲気をそのまま引きずってしまう傾向がある。

ただそのリズムは「息子の本来のリズム」だと考え、基本的にはその調子に合わせるように進めている。

 

「オーバーフィット」の改善策

算数と理科は翌日にSAPIXで授業があるので、この日は、その前日における直近テキスト(D14)内容の確認をしたことになる。

算数は『デイリーサピックス』で印を付けていた問題をすべてやり直し。理科は「ポイントチェック」の最後にある「科学の図鑑」に関する内容を復習してから、今回のテーマ「電熱線」について、新たに少しだけ確認問題を進めた上でこれまで取り組んだ問題を復習。またコアプラス確認テスト範囲を軽く確認。

どちらも「不完全」感はあるけれど、またデイリーチェックなどで弱点が明確化するだろうから、それによってあぶり出される箇所を中心に後日復習すれば良いという気持ちでいる。

特に算数などについて、これまで息子には「オーバーフィット」の傾向があるとよく感じてきた。つまり、数値替え程度の全く同一の問題への対応力だけが強く、応用力等に欠け問題文を正しく読解し自分から解法を組み立てる力が弱いということ。

これに対し、少しでも本来あるべき姿へ向かうよう、傍にいる私も対応ややり方を改善しなければならない。

原因の一つには、直近の課題そのもの、およびテキストの問題を重視しすぎていた傾向もあっただろうと思うから、今は多少それを緩めている。翌日に前回の範囲のデイリーチェックがあるが、「まだ危ういな」と思ってもそのままそのチェックテストを受けさせる。そのほうが本来的に弱い部分や本質的な課題が浮き彫りになるから。そして今は「締め切り効果」をあまり強く求めないようにもしている。

そして、本人のリズムや調子はあまりにものんびりとしていて私を焦らせるものでもあるけれども、それでもやはりその進め方が息子に合っているならばそれで良いと考えるようにした。息子本人がそういった態度で臨むことで、ゆったり構えてより視野が広くなるというならば、そのほうが得策であるに違いないとも思っている。

 

成長期

この日たまたま横に並んだ時に、息子の身長が私の身長をしっかり超えたように見えた。この1年で急成長。以前はかなりぽっちゃりしていたが、縦に伸びているおかげで最近は痩せてきたように思う。

この日のお昼のおにぎりを気に入ってくれて、おやつにも夕食にも朝食にも同じおにぎりを希望。

 

感想

 

この日も自分のことを「落ちぶれたぼく」なんて軽く表現していたけれど、少しでもポジティブな言葉が出るように私も気を付けていきたいなと思う。

それから、取り組みスピードを息子の調子に合わせるとできる量は限られてくるので、その分取り組んだ範囲からの吸収、学びが濃くなるようにしなければならない。私自身は、意識付けできる言葉掛けや、反復タイミングの設定などについて留意しておきたい。

また、最近は以前に比べると授業内での理解度が上がっているように思えるため、その分授業ではどのように習ったのかについて、テキストや息子の話を通して私もしっかり理解し、本人にとって分かりやすい表現になるように、考え方の違いに本人が混乱しないように気を付けたいと思っている。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。