1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【317日目実績】平日は時間がワープ ~光陰矢の如し~

6月14日の実績

 

  • 学校:算数、交換日記
  • 算数:基礎トレ、規則性、点の移動
  • 理科:滑車・輪軸

 

ポイント

 

月曜日 ~時間が駆け足で過ぎ去る~

6月14日(月)、普段通り学校からは16時過ぎに帰宅。帰宅時は眠そうでどんよりした雰囲気があったけれど、その後はそれほどその空気を引きずらず落ち着いて過ごせた。

最初に学校の宿題に取り組む。算数 および一年生との交換日記。この日も後者については丁寧な文字に小さくかわいらしい絵を添えて完成させていた。

カエルさんの絵がかわいかった。「前回はカエルさんが葉っぱの傘を差している絵にしたから、今回は雨上がりの虹を横に描いた。虹の色もちゃんと『せき・とう・おう・りょく・せい・らん・し』の順番通りに描いているよ」と。一年生はどんな気持ちでこの交換日記を見てくださっているのかな。

息子は「一年生の教室には3回行ったことがある」と言っていた。今年のそのクラスはとっても静かだとか、一年生に後ろから「お兄さんが好きなものは何ですか」と話しかけられたなどと教えてくれた。

どこかで時間がワープしたみたい。いつの間にこんなに時が過ぎ去ったのだろう。後々息子の人生という歴史の中で、この六年間はどのような色で描かれるのだろう。

そしてこの日一日の中でも、本当に時間がワープしたみたいに、あっと言う間に時が過ぎ去った。この日の取り組み内容は・・・算数と理科だけかな。国語や社会は「最後に見た」というレベル。

 

この日の取り組み ~平日はやはり時間が足りない、そして焦る~

算数について直近の「規則性」それから「点の移動」を復習することがこの日最初のタスクだった。どちらも『デイリーサピックス』にある印を付けた問題を一通りやり直すことがテーマだった(「規則性」については先日のデイリーチェックにあった問題も合わせて確認、「点の移動」については他にある類題にも新たに少し取り組むつもりだった)。

大したことのなさそうなこの内容。ざーっと流していきたかった。ところが始めてみると思いのほか時間がかかる。土曜日の土特も日曜日のSOも欠席し、時間のたっぷりある土日を落ち着いた復習のためにフル活用してしまう私たちなので、やっぱり平日は時間が足りないと感じてしまい、だからこそとても焦ってしまう。

「最終確認」くらいの感覚で始めたので、結構時間がかかると「夜が迫る」ことに焦り、改めて不明点が浮上したりすると「ゆっくり検証しているヒマがない」と思いさらに焦ってしまうのだ。

いつの間にこれほどの時間が流れていったのかと思うほどのスピードで夜になり、この日も「超必須タスク」くらいしかこなせなかった。私たちにとっては土日が貴重過ぎる。「土日がないと対応できません」などと言うのは実力がなさすぎるということなのだろうけれど、平日は朝6時半に家を出て帰宅したらもう夕方、就寝まで時間数としてはそこそこあるように見えるのに、なかなかその時間枠で深い取り組みができず平日を有効活用できないのが現状だ。何とかしたい。(学校後直接SAPIXへ行く日は火・木曜日。こちらの帰宅は22時。)

理科についても、直近テーマの「輪軸・滑車」に関して印を付けていた問題をやり直した程度。まだ私が解説を交えつつ解いていた問題もあり、もっと重点的に取り組みたいという気持ちにしかならなかった。とりあえず翌日のデイリーチェックはその状態で受けてもらい弱点をあぶり出せれば。

私自身の気持ちは「もっと徹底的に取り組みたい」、でも実際には徹底的にこなせるレベルに至る前に一週間が過ぎ去っている。

 

ミス

算数で計算間違いなどが多い。最近は「繰り上がり」のミスといった より程度の低い間違いが多い気がする。この日は文章題を解いている最中に「60×60」を「3600」ではなく「360」と書いてしまい間違っているものがあった。せっかくそこまで解けていても一か所でこんなことをしてしまうとすべて台無し。計算の最中にも集中し、一つひとつに注意を払いながら解いてほしい。

 

感想

 

光陰矢の如し。時間が足りないという状況になっているのは、私のタスクスケジューリングが下手だからだと思う。

息子の取り組みでは、課題やリスクの洗い出しが上手くいっておらず、あるタスクの着手後に想定外の結果(この問題集はまだ難しい等)が出て、タスク洗い出しのやり直しやタスクの組み換えが発生することがとても多い。日々状況が変化するし、新たな課題がなだれ込むことも多い。

とりあえずちょうど1週間後はマンスリーテストなので、それに向けた一通りの計画を現時点でしっかり取りまとめよう。その後あまり間を置かずもう組分けテストになるが、それに対しても。

「大丈夫かな」と不安だらけ。でも最近は息子も各テストをイメージしちょっとした戦略を練っているようにも見えるし、頑張ろうという気概を示してもくれている。

私も適切にアシストすべく、補強すべき分野を見定めてしっかり計画を練ろう。そして一緒に頑張ろう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。