1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【345日目実績】進歩・向上を実感する方法

7月12日の実績

 

  • 算数:基礎トレ、速さ、割合
  • 国語:漢字・言葉・説明文
  • 理科:D18(天気の変化)
  • 社会:D19(国際連合)、地理

 

ポイント

 

月曜日

7月12日(月)、学校は短縮期間だが月曜日は5時間目まであるため帰宅は15時過ぎ。

帰宅しシャワーを浴びおやつも食べた後だった。リビングから「これ気持ちいい~」という声が聞こえたかと思うと、直後には寝息。

ヨガマットの上で抱き枕を抱え込むような体勢になり気持ちよさそうに寝ていた。20分後に一度声を掛けたけれど起きず、結局90分間のお昼寝。学校が短縮期間に入っており多少は帰宅が早いから「まぁいいか」と寝かせておけた。

この日の取り組みは17時から。 

 

国語・社会

この日の取り組みも最初に国語、そして社会(地理)から。国語は漢字等の知識、そしてこの日の読解は説明文。地理も牛歩だけれど、きちんと書きながら着実に押さえていくような取り組みを継続。どちらも他教科に押され後回しにされて挙句には時間の問題で割愛されがちだったので、最近は取り組みの冒頭に実施している。

地理に関しては一番最初に来る「日本の白地図」が苦手。この日は半島・岬などを総復習。今さら一つひとつ丁寧に確認している。きちんと書きながら確認し、危うい箇所もあったのでミニノートにも書き出し、直後にお風呂に入ったのだけれど 出てきたらまたきちんと書きながら復習。

3年生か4年生のレベル? こんな取り組みを進めている最中、息子本人が「こんなことで合格できるのかな?」なんて言うので思わず少し笑ってしまった。こんなのじゃどこの中学校も合格できないですよね、お兄さん。あなたの問題、あなた次第ですよー。

 

算数・理科

算数についてはD17や18でテーマになっている「速さ」や「割合」について復習していった。理科については、D18「天気の変化」テキストのポイントチェックに取り組んでいる。

この日は、かなり久しぶりに『算数 プラスワン問題集』に少し取り組んだ。

この問題集は本当は小5で取り組めれば良いのだろうと思う。我が家も5年生の後半に軽く取り組むことがあったけれど、息子には難しい問題も多く「経験」といった感覚だった。そして2月初旬を最後にこの問題集には特に触れていなかった。その頃から息子は "暗黒時代" に入っていったし、テキストの問題だけで手一杯だったということもある。

この日、久しぶりに当該問題集を開き「速さ」に関する数問に取り組んだ。当時「速さ」は特に苦手で、冒頭の問題から何重にも印が付いていた。

ところが今になって解かせてみるとサラリと解ける。私の頭には当時の雰囲気だけが残っていて「この問題集は息子には難しいのだろう」と思い込んでいる部分があったから、その様子を見て「えっ、解けたの? えっ、正解。すごい!」と二人でハイタッチ。

新6年生になると塾は何段もギアが上がり、取り組む問題も難しくなるし周囲の誰もが頑張って勉強しているから、目の前に現れる問題を解くことや相対的な成績では自分の進歩や成長を感じることが難しい。しかし、このように過去に解けなかった問題に再度チャレンジすることで「こんなにも進歩している、向上しているのだ」と実感することができる。 

 

 

感想

 

学校は1学期最後の1週間に入った。この日はまだ月曜日だったので、学校からの帰宅後すぐに昼寝に入ってしまったものの、帰宅直後にそれほど疲れを見せてはいなかった。

最初に90分間の昼寝ができたこともあり、その後の取り組みについては特に大きな問題はなく着々と進んだ。ただ、そもそも取り組みスピードがゆっくりだし、取り組んでいる内容も本来ならずっと以前に自分のものになっているような復習が多いのは事実。

この日最後に、以前は難しかった問題が解け二人で進歩を感じ喜び合えたのは良かった。これは精神衛生上とても大切なことだと思う。そして当該問題集は、今なら効果的に活かせそうなので今後もときどき取り組みたいと考えている。

しかし翻って考えると、「2月初旬」とは今から5か月も前。息子に関してはその後色々とあったから「あっと言う間」に感じられるけれども、この後同じように5ヶ月が経ったら なんと「12月」、もう受験間近だ。そう思うと、「さすがに少しくらい進歩していないと困るよね。この後の5か月はこの程度ではなくもっと進歩していないとお話にならない。」と現実に引き戻される。

塾でも学校でも6年生になって結構な時間が経過した。この後は「受験生としての夏休み」という少々未知な時期も訪れるけれども、将来的に振り返ったとき「色々と厳しかった時期を乗り越えて落ち着いた時期、上向きに歩いていけた時期」と位置付けられるようにしていきたい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。