1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【350日目実績】夏休みに入る

7月17日の実績

 

  • 算数:基礎トレ、D19(平面図形総合)等
  • 国語:漢字・言葉・物語文
  • 理科:D19(溶解度)
  • 社会:地理・歴史・公民(7月度組分けテスト復習を中心に)

 

ポイント

 

土曜日 ~1学期終業式~

7月17日(土)、土曜日だが1学期終業式のため午前中は学校へ。息子は帰宅してすぐ主人と軽く外出。

その後取り組みを開始しようとしたけれど、やはり学校もあったので疲れているのか機嫌が最悪に。ある程度普段通りの調子良い取り組みになるまでには時間を要した。

 

取り組み内容

 

算数(7月度組分けテストの復習)

今さらながら算数や社会について7月度組分けテストのきちんとした復習をした(関連事項を調べつつ「間違いノート」を作成)。

7月度組分けテストの算数については、本人は当初「確実に得点する計画だった大問『2』や『3』から難しかった」と言っていたが、落ち着いて家で解きなおすとそうでもないと気づく。

応用問題になると息子には難しいのは確かなので、確実にできる問題を落とさないこと、そして今後確実に解答できる問題を増やしていくことが課題。

 

社会(7月度組分けテストの復習)

最も成績の低かった社会については、知識や理解の曖昧さ、あやふやさが分かる。それだけでなく壊滅的だった公民について、試験範囲のないテストだと思うと自信を失いきちんと考えられていないような解答が多いように見えた。落ち着いて考えたり、思い出したりすればできたのではないかとも思われると同時に、普段からどんなことに留意すべきかが分かる。

反省点は、まず短期記憶になっていないかというもの。次に、覚えるときに「何となくの雰囲気」で答えているのではないか(範囲が分かっているから答えられる、最近聞いた言葉の中に答えがあると知っているから答えられる、など)という点。三つ目に、漢字などきちんと覚えられていないという点。そういった背景に自覚があるから、範囲無しテストとなると自信がなくなるのではないだろうか。

それから、やはり問題演習が大切だと気づく。当然だが一問一答レベルのものばかりでは対応できない。地理や歴史では様々なことを関連させつつより深いことが問われるので、考える前にその基盤となる知識が曖昧だと答えられないし、持てる知識をどのように使ってどのように考えて答えていけば良いかについて、問題演習を積んで学び、慣れていかなければならない。

公民には通常それほど複雑な問題がないが、少し前に取り組んだばかりの範囲なのに組分けテストでの出来が特に悪かった。公民では、コアプラスであるページにあったAという知識と別のページにあったBという知識の2つをひっぱって来てそれを基に答えを作るものがあったが、どんな知識を使えば解けるのかを考慮することもなく適当な答えを記入していた。重要な語句をとにかくきちんと丁寧に着実に記憶していく必要があることに本人も気づけたと思う。また土特に参加していないために問題演習量が少なく、対応力が低いままだということは本人も分かっていた。持てる知識のどれを引き出してくるべきかまず最初に落ち着いて考えなければいけないということ、またそれができれば知っている知識の範囲で答えられるということを学んでほしい。

社会の復習にはかなりの時間を要したが、全問題を振り返りつつ、アトラスや資料集等を確認して周辺知識も増やし、不十分だった知識をノートにまとめながら確認していく作業はとても有意義だと思う。

 

算数(D19「平面図形総合)・理科(D19「溶解度」)

算数D19の「平面図形総合」についてはデイリーサポートの残りとデイリーサピックスの問題に取り組んだ。この範囲は比較的苦手ではなく快調に進んだので良かった。

算数は一気にこなせたけれど時間も押してきて、理科については先日取り組んだ問題の復習のみ。重点的な学習は翌日に持ち越し。すべきことが多く、理科にもより多くの時間を使用したいのにそれができていない。次の土曜日に行われる復習テストも心配。

 

その他

土特のプリントについては2週間前から、主人が当日受け取りに行くのではなく火曜日に本人が受け取っている。この日は手元にプリントがないけれど分野別補充プリントの動画を観てしまった。本人はそれを見ながら「興味深い」などと言っていた。

国語の漢字・言葉・読解(この日は物語文)、地理の取り組みは普段通りに実施。

以前から夜型の傾向。夜のほうが調子が良いように思われ、今 無理に朝型にする気持ちはないけれど、実際のテストは午前に行われることを考えると気になるところではある。

 

感想

 

ようやく学校が夏休みに入った。あっと言う間に夏期講習が始まるけれど、例えば国語でご指定いただいている『有名中』の問題などなど、その前の期間に対応しておくべき取り組みも多い。

すべきことがたくさんあるのに、一つひとつの取り組みに時間がかかるため、例えば2週間前のテストの復習をこの日に実施しているなどタスクの遅延も増えている気がする。

夏期講習中は忙しくなるのが目に見えているけれど、常に集中力を失わず、すべきことをしかるべきタイミングで効果的に実行するよう頑張っていきたい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。