1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【358日目実績】夏期講習3日目(算国理)~当日の復習で夜更かし~

7月25日の実績

 

  • 算数:基礎トレ、N03(割合(1))、N02(和と差に関する問題)
  • 国語:漢字
  • 理科:N02(気体の発生)、N01(森林と食物連鎖)、コアプラ範囲(動物①(動物の分類・昆虫) )
  • 社会:N01(地理総合問題演習①~日本の国土~)、その他地理

 

ポイント

 

日曜日 ~夏期講習3日目~

7月25日(日)、夏休み8日目。復習テストの翌日で夏期講習は3日目(13時30分~19時30分、この日は算国理)。

 

取り組み内容  ~出かける前~

この日の授業は算数・国語・理科。デイリートレーニングは社会。午前中は、算数や理科について直前の内容を復習。算数はN02「和と差に関する問題」、理科はN01「森林と食物連鎖」、共にテキストの問題について間違ったり躓いたりして印をつけていたものをやり直す。その他コアプラス確認テスト範囲のチェック。『漢字の要』については簡単にチラリと見ただけだと思う。社会については地理分野を少々復習。

 

取り組み内容 ~帰宅後~

帰宅は20時半前。夕食の後復習を開始。

算数に関し、学習してきたN03「割合(1)」の『サマーサポート』実戦編をAからEまでやり終えた(ただしDやEについては2問程度)。

授業時にしっかり理解できなかった問題が2問あったらしく、それらはSAPIXから配信されている動画を視聴し丁寧に学習(動画様様)。

理科については、ざっくり内容の復習をしてからデイリーステップの「2」・「4」・「6」と確認問題を少々。

この日、算数のデイリーチェックでは計算間違いが多かった。振り返ってみると最近基礎トレでも最初の3問の計算で間違いが多い、危険な状況。

そしてこの日の基礎トレでも計算間違いがあった。それについて、私も後から息子のノートに記載された途中経過を目で追ったが、華麗な展開に(?)最初は間違い箇所に気づけず思わずスルーしてしまった。その後すぐに気付いたが、非常に低レベルな間違いだった(計算の一部で、「AーB+C」を「Aー(B+C)」としていた)。無意識的に間違ってしまっている。計算についても「間違いノート」に書き出し、自分がどんな間違いをしたか、何に注意すべきかについてもしっかり記載してもらった。

最近頻発している計算間違いについては、単に計算のトレーニング量を増やすというより、無意識的に何をしてしまったかを自身で明記し、注意すべきポイントについてしっかり心に留めてもらうことが大切だと思っている。

 

夜更かしになるが、当日復習することの重要性を感じる

当日学んできたことをその日のうちに一通りやり終えることの意義を感じている。やはり直後という、記憶も理解もホットなタイミングですべてやり直すことは大事なようだ。本人も問題に取り組みながら先生の解説をパッと思い出せるようだった。

講習中でないときは、SAPIX後の帰宅が22時になるし、息子の場合は学校から直接SAPIXに向かっているためお腹もペコペコ、さらに学校の宿題にもその後取り組む必要がある上、翌日も早朝から登校する必要があって、『デイリーサポート』実戦編についてすべて当日中に取り組むというのは非常に難しい。息子の場合はそんなに簡単にこなせないこともある。

通常は習って来た内容をざっと確認する程度しかできないが、それでも、今回の取り組みを見ているともう少し帰宅後にしっかり思い出すタイミングを持ったほうが良さそうだと思う。

夏期講習中については、今後もその日のうちに一通りの復習を終えてしまおうと思う。息子の場合は、それほどサクサク解けるわけではないのでかなり夜更かしになるけれど、8月下旬にカキシが終わるまではこのタイムスケジュールでも良いかなと。その後は学校再開に向け徐々に朝型に寄せていきたいと思う。

 

感想

 

すべきことがたくさんあるものの、そうであるからこそどうすれば必須タスクを割愛せず取り組み量を増やせるかと考えるようになった。これまではのんびりしていたけれど、より良いやり方を模索するようになっている。

例えば、今回の復習テスト前には宿題等で忙しく理科の『合格トレイン』に全く取り組めなかった。問題演習を通して理解を深めスラスラ解けるようになって初めてテストに対応できる息子。『合格トレイン』には簡単なレベルから、似ているようでいて少々視点の異なる問題が多数取り揃えられているので息子の場合は現時点でも使い易い。ところが今回は時間不足でここまで全く到達できなかった。するとやはりテストの結果は惨憺たるもの。

ではどうやって時間を捻出しようかと。理科ならテキストの確認問題にかける時間を短縮したくなる。そしてなるべく各単元の学習中にそういった問題演習を回したくなる。そう考えたとき、間違い直しなどでもう一度じっくり本人に解かせるというよりは、即答できなければすぐ模範解答を見てしっかり理解する(下手の考え休むに似たり)という方向に変えていこうと思うようになっている。

夜更かしも、決して褒められたものではないけれども、効果的であると思える部分が大きいから負の側面と天秤にかけて許容範囲内で「あり」と見做している。

夏休みは学校がなく、睡眠時間や落ち着きを確保しながら勉強に集中できる非常にありがたく貴重な期間だ。この期間をとにかく大切にしたい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。