1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【370日目実績】夏期講習12日目(算国社)~「速さ」は難航・カキシの案内~

8月6日の実績

 

  • 算数:基礎トレ、N11(割合(2))、N12(速さ(2))
  • 国語:『有名中』(2ステージ-3校目)の「確認ノート」など
  • 理科:N06(電気回路)、コアプラ範囲
  • 社会:N06(歴史総合問題演習②)等

 

ポイント

 

金曜日 ~夏期講習12日目~

8月6日(金)、夏休み20日目、夏期講習12日目(算国社、デイリートレーニングは社会)。

 

この日の取り組み

前日が中休みだったので多少余裕もあり、午前中は算数N11(割合(2))の復習以外に、社会や国語の取り組みをしていた。

この日の算数は「速さ(2)」。難しいだろうと予想していたが、帰宅時は「前回の『割合(2)』に比べると授業中に取り組んだ問題の正解数は多かった。」と言った。

帰宅後は当日分の直し(デイリーチェックや、デイリートレーニング及び授業中に解いた問題の復習)の後、理科の「電気回路」やコアプラス(生物)等に取り組み、それから国語に関して『有名中』の「確認ノート」の続きを丁寧に(1校分についてテスト時間は50分間だが復習は数日に分けて行っている)。算数(「速さ(2)」)の復習にも時間がかかることは予想できたが、まずそれらに取り組んでから算数に入った。

 

算数(「速さ(2)」)~難航~

授業中に解いた問題の正解数は「割合(2)」より多かったと言ったけれど、自宅で復習を始めてみると自力でサラリと正解できるのは最初のほうだけでこの日もスムーズには進まなかった。

前回の「割合(2)」は翌日が中休みだったためじっくり学習することが可能だったが、今回はそういうわけにはいかない。

この日はまた夜遅くまでかかって動画も活用しつつ何とか "理解に努めた" 感じ。『サマーサポート』実戦編について、授業で扱われた問題を復習するだけでも時間いっぱい。その他の問題にも取り組んでおくようにと言われたそうだが、当日また翌日午前にはとてもこなしきれなかった。

翌日となる今日の午前の取り組みも、とにかく「算数だけ」になるほど難航した。今日の午前は普段通り『サマーサピックス』で類題に取り組んだのだが、通常であれば自力で解いて前日の理解を確かめる取り組みとなるところ、今回はこのタイミングでもまだ動画を見たり解説を見たりしつつ何とか理解に努める程度だった問題がたくさんある。(直前の「割合(2)」についても、翌日が中休みでなかったら同じようになっていたのだろう。)

夏期講習が始まって間もないころは「帰宅後まずは算数」だった。でもそうすると算数にばかり時間を使ってしまうため、その後は、帰宅後最初に他教科に取り組んでから算数を開始している(ただし算数も取り組み内容は以前と同じで『サマーサポート』実戦編は必ず当日中に一通り復習、そのため就寝が遅くなる傾向も)。

この日もそのような時間の使い方をしたが、「『速さ(2)』については『帰宅後まずは算数』でも良かったかも」とさえ思った。いや、しかしそうしてしまったら、この日は算数だけで夜遅くまでかかり、他教科には一切取り組めなかったかもしれないからこれで良かったのかな、とも。

今日午前の様子を見ていても、この範囲は自分の中にしっかり落とし込むのにある程度の時間が必要なようだ。今日のデイリーチェックはどのような結果だろう。帰宅後はそこで間違った問題を復習するが、この範囲については「後ろへ持ち越し」になる部分を多めに残しつつこの後のお盆期間に入る見込み。

 

夏期集中志望校錬成特訓(カキシ)に関するお便り

この日息子がSAPIXへ行っている間にマイページを見ていると、新たに「夏期集中志望校錬成特訓 時間割」と、後期「漢字完成テスト」の出題範囲に関するお知らせが掲載されていた。

そして息子はそれらが紙に印刷されたお便り以外に、封筒に入った「夏期集中志望校錬成特訓コースのご案内」を持ち帰っていた。志望校名がそのままクラス名になっている。ここから少しずつ志望校を意識した取り組みに入っていく。

この後2週間もしないうちにもうカキシ。この日の「速さ(2)」も積み残したっぷりの状態だけれど、来週半ばからのお盆期間(5日間)はそれも含め、また『有名中』も含めてどんどん問題演習を回していきたい。

 

感想

 

心が追い付いていかないほどあっと言う間に日々は過ぎ去り、すでに8月も7日目、来週の今頃はお盆期間、その次週の今頃はもうカキシ。

積み残しもたくさんある。今は一気にそれをこなしたくても、次々やってくる課題に押されがち。特に今回の「速さ(2)」のようにそれ自体にかなり難航するとこれまでの積み残しをこなすところまで到達しない。

「速さ(2)」については少し時間が要るのだろうなという気がした。以前の「速さ(1)」でも当日などは全然できず、ただ機嫌を損ね文句を言っていただけでデイリーチェックも散々だったが、その後時間の経過とともに馴染んでいったし、先日の「割合(2)」もゆっくりじっくり取り組むことで身についていった(「割合(2)」は翌日が中休みだったことが幸いだった)。だから今回も「落とし込むための時間」というものが必要なのだろうと私も分かってきて、ある程度距離を置いて見守っていた。

こうして一つひとつの山場を乗り越えながら成長していく感じがする。たとえ難航していても、横から見ていて「難しい問題に取り組めるようになってきたな」と思う。

それから算数のノート自体に成長を感じる。以前の算数のノートには罫線を無視した汚い字がメモのようにグチャグチャと書かれたページもあったのだが、最近はきちんと「整っている」と思う。丁寧な図、きちんとした式、枠組みに則った文字。今回も時間が経ち難しい問題の連続に難航を極め機嫌が悪くなってくると、それまでよりページが乱れていたものの、それでも以前よりはずっと整ったノートなのだ。こんなところにも本人の成長と落ち着きを感じることができる。

今日も午前中は『サマーサピックス』で「速さ(2)」の問題に取り組みながらあまりに難航し少々機嫌も損ねていたが、SAPIXに出かける車内では機嫌も良く今日も楽しく向かっていった。

うまく解けず苛立ちつつ夜遅くまで頑張っている本人の横にいる私は、ただ横にいるだけで疲れてしまうこともある。今回の範囲も、比較的本人が「ボールを手中に収めた状態」にしていて、本人の脳内でどう頑張って咀嚼しているのか傍からは分かりにくい部分があったし、私にできることは限られていた。でも私も、本人の力強い足取りや端々に表れる態度の成長を感じながら、私にできることは何だろうと考え協力できればと思う。

他の人たちもきっと頑張っている。もしかすると息子よりずっとずっと頑張っているかもしれない。でも、息子も頑張り成長していることは確かだと私は日々肌で感じることが出来ている。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。