1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【375日目実績】お盆期間1~タスク大洪水~

8月11日の実績

 

  • 算数:N16(文章題総合)、『有名中』(一校)等
  • 国語:読解問題の復習、漢字
  • 理科:N08(光総合 ~凸レンズ~)、お盆期間用プリント
  • 社会:夏期講習テキスト残問題

 

ポイント

 

水曜日 ~お盆期間1日目~

8月11日(水)、夏休み25日目、夏期講習は前日で16日目までが終了し、この日から5日間の家庭学習期間に。

 

取り組み方針

5日間のお盆期間は、これまでの夏期講習テキストでやり残している問題に取り組むと同時に間違った問題を中心に復習し、さらに各教科について『有名中』を進めることが主なテーマ。

理科や社会についてテキストにやり残しがあったり、理科では夏期講習中や土特にていただいていた「お盆期間用プリント」が結構あったため、この日は『有名中』よりこれら積み残し課題への対応を優先。また午前中は、これまでと同様、算数について前日分の『サマーサピックス』を解いた。この日は次の授業が迫っていなかったので端折らず全問題に取り組んでいる。

算数は毎日一校ずつ『有名中』に取り組むことにし、この日が初回。

 

やはり遅くてタスクの山がなくならない

理科や社会のテキストにある問題、それから理科のお盆用プリントについて、この日は基本的に本人に任せどんどん進めてもらうことに。

しかし、やはり進捗が悪いという印象。

テストのときも『有名中』に取り組んでいる際も、時間切れになりがちな息子。この日取り組んでいた理科や社会の内容は知識系のものばかりだったので、短時間でさっさと書いていって欲しかったし、咄嗟に思い出せないのであれば後から繰り返せば良いだけだからその場では空欄にして次々進めて欲しいと伝えていた。しかしなかなか自分のスピードや自分のやり方というものを変えられないらしい。

見ていると、そもそも「読む」ことに時間がかかっているだけでなく、各知識へのアクセス時間がとても長いようだった。「あれなんだっけ・・・」と考えて思い出そうとする。結果的に思い出せたとしてももっとスラスラと答えられるようにしないと。このように一つひとつに立ち止まってしまうので時間がかかる。またそもそも文字を書くのも速くはない気がする。受験勉強では文字を書き続ける。息子の場合は文字を書くのが遅いだけでなく、少し書いただけで「書き疲れた」といった様相を見せる。もっとどんどん書いてインプットを繰り返し記憶を定着させながら、「書くこと」自体に慣れていくべきかと思う。

 

2日目以降の方針

社会のテキストにある問題も実はこの日すべてがクリアになったわけではなく、あと少し残していた(間違った問題の再確認も今後実施)。そして理科についても、夏期講習中にいただいた「お盆用プリント」は「知識の総完成」のコピーで植物や動物の知識系だったが、土特時に配布されていたのは「理科確認テスト」というもので、化学・物理分野が大半であり枚数もそこそこ。これらは早いうちに処理してしまいたかったが、息子の場合はこの日だけではとてもこなしきれないようだった。

残っている「理科確認テスト」は苦手分野から順に、日々の取り組みの合間に順次差し挟むこととし、翌日の2日目からは理科や社会の『有名中』にも取り組もうと決めた。

『有名中』に取り組んでいる際なども、どの教科もかなり時間がかっていると思う。制限時間のあるものだと時間切れになりやすく、過去に間違った問題をやり直したりしている際もなかなか終わらなかったりする。

「そもそも問題文を読むのにも時間がかかる」と本人は言う。演習を繰り返し、慣れていくことで少しは速くもなるかなと思うけれど、そもそも「遅い」から演習量が一般的な受験生より少なくなってしまうという負の連鎖。

知識系のものはスラスラ答えられるまでとにかく繰り返したい。本人の速度に合わせるのではなく口頭などで協力し私のほうでリズムを取ったほうが良いかなと思う。算数などでもどうしても本人は「今考えているから、もうちょっと。」と言うのだけれど、私は横に付き添い、ある程度の制限時間で切り上げさせ、解答を見て「慣れる」ことを繰り返し、演習量を増やすようにしたほうが良いと思っている。

 

感想

 

今日はお盆期間2日目。取り組みスピードは決して速くないけれど、本人なりに成長はしていると思う。『有名中』の算数で点数が低くても、その後のやり直しはしっかりやっているように見える。成績帯ごとに指定された通りの学校に取り組んでいるので、やり直せば正解できたり、時間があれば対応できたりする問題も多いらしく、実のある復習になっているように見える。

SAPIXのテキスト(プリント)もどんどんと増えてきて、今日はまた学習環境の改善も行った。息子も楽しんで手伝ってくれて、取り組み時間がその分削られたものの良い気分転換にもなっただろうし、自分たちにとって使いやすい快適な環境に変えていくことで今後ますます心地よく、取り組みがスムーズに運ぶことを期待。

あっと言う間にお盆期間も過ぎていく。「慣れ」って大切だなと思う今日この頃。どの科目も何度も「回す」ことや「経験数を増やす」ことが重要だと感じる。その意味で「遅い」というのはとても不利。急かすわけではないけれど、どんなところが短縮できるか、どんな部分をもっと速く切り上げたり回転させたりできるか、どんな読み方をすればもう少し効率よく要点を掴めるかなど、私も考え適切にアドバイスできるようになりたい。

まずは、読む量も書く量も もっと増やしていくべきかな。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。