1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【380日目実績】夏期講習17日目(算国理)~夏期講習再開~

8月16日の実績

 

  • 算数:N16(文章題総合)、N17(場合の数(2))
  • 国語:漢字など、当日の復習、『有名中』(第3ステージ - 2校目)「確認ノート」
  • 理科:N08(凸レンズ)、コアプラス範囲、N09(力学②)、植物
  • 社会:夏期講習テキスト問題(歴史)、コアプラス範囲

 

ポイント

 

月曜日 ~夏期講習再開~

8月16日(月)、夏休み30日目、夏期講習が再開となりその17日目(算国理、デイリートレーニングは理科)。

 

夏期講習再開

 

SAPIXのお友だちと

息子は同じ方面の電車に乗るお友だちと一緒に帰っているようで、この日は帰り際に二人のお友だちから志望校を聞いたらしい。お友だちの目指す学校について勝手に別の想像をしていたらしく「意外だった」などと言っていた。もうすぐ志望校別のクラスが始まる。

 

帰宅後の様子

帰宅して夕食を取った後、私は少々家事をしており息子は主人と珍しくテレビ番組を見ていた。でも決められた時刻になるとすんなり着席し、当たり前のようにその日のテキスト等を取り出していつもと同じようにテストの復習から開始していた。毎日決まった順序で取り組んでいるのですっかりそれが体に染み込んでいるようで、自発的な取り組みを始めた息子の姿に私は落ち着きと成長を感じた。

 

理科では

理科については、カキシ終了後からマンスリー実力テストまでの4日間で取り組む「理科確認テスト」を新たに受け取って来ていた。何枚かを合わせて二つ折りにされており、それが4冊。つまり1冊分が1日分で分かりやすい。

明日は授業がなく、その後は5日間に亘ってカキシ、その後4日間は授業がなくその後マンスリー実力テストとなる。明日からカウントを始めるとテスト前に10日。仕分け可能なファイルボックスで日毎の取り組みを管理し、毎日そこから当日分を取り出し実施していく。今回いただいた「理科確認テスト」はマンスリー実力テスト直前の4日間に振り分け(前倒しで実施できるくらいになるのが望ましいかもしれないけれど)。

 

この日の取り組み

午前中は算数N16「文章題総合」について最後に『サマーサピックス』や『サマーサポート』で復習をしていた。ただ帰宅してみるとこの日のデイリーチェックにはしっかりと間違いがあり、この範囲は他の範囲と同様翌日にデイリーチェックがあっても点数は変わらなかっただろうなと思った。帰宅後やり直すと正解し、間違った箇所を尋ねてみてもそれがよく分からないようだった。この範囲はまだそういった危うさをはらんでいるようだ。また大問「1」の計算にも間違いがある。最近、計算の間違いも多発しており都度その内容を確認し対策を伝えているが、簡単には変わらない。それは本人の心から発されたものでないからだろう。

午前中は他に、漢字の確認や理科N08「凸レンズ」の確認、および理科コアプラス範囲の確認。その他国語の読解関連。

帰宅後は、デイリーチェック、デイリートレーニング等々の復習を終えてから、翌日授業のある社会に関して歴史の復習、コアプラス範囲の確認。また国語の『有名中』に関してまだ「確認ノート」の一部を残していたのでそれに取り組んでから、当日の算数N17「場合の数(2)」の復習へ。当日授業のあった理科N09「力学②」についてはデイリーステップにしか取り組めなかった。

この日の算数N17「場合の数(2)」は、『サマーサポート』実戦編で復習している際にはそれほど困難を感じなかったが、今朝『サマーサピックス』で一通り確認すると数え間違いなど小さな間違いがチラホラ。答えが違うことを伝えると見直し自力で正解できるのだけれど「まだまだ」だった。

 

感想

 

夏期講習が再開となり、その残りはこの日を含め2日間ではあるけれど、また以前のルーティンが帰ってきたことが嬉しかった。

小学校が夏休みに入って30日。穏やかで落ち着き優しい息子。実は小学校の宿題は大半を未処理として残しており最後に一気に片付ける方針。夏休み中の良いサイクルの中にまだしばらくは入り込んでいたい。

9月になったらSS特訓が始まるが、土特にも行けたら良いなと思っている。でもこんなことは今だから言えることかもしれない。小学校が始まったらしんどくてとても無理だろうか。夏休み中に本人の中に ”太い幹” は気づかれただろうか。その軸の上を2学期に入り小学校が再開となっても落ち着きを失うことなく歩いていけるだろうか。

さて、夏休みも終盤。息子は頑張っていると思う。ただ気になるのは、もっと時間当たりの密度を高められるのではないか、高めるべきだということ。いつもではなくときどき、絶妙なタイミングで制限時間の設定をするなどして、その効果をうまく活かしていきたい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。