1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【388日目実績】カキシ後・マンスリー前 の1日目 ~基礎をやり直す~

8月24日の実績

 

  • 算数:問題演習(速さ、割合、場合の数、和と差に関する問題、図形、規則性、数の性質、図形の移動)
  • 国語:漢字・語句、読解(説明文×1、物語文×1)
  • 理科:「理科確認テスト」(熱計算、星、月、浮力、気体の性質、電気回路、溶解度、光の進み方、てこ・滑車・輪軸)等
  • 社会:「基礎力確認問題」(歴史・公民)等

 

ポイント

 

火曜日 ~「カキシ後マンスリー前」の期間の1日目~

8月24日(火)、夏休み38日目、前日にカキシが終了し、土曜日の8月度マンスリー実力テスト前にある4日間の自主学習期間のうち1日目。

午後に塾があるわけでもなく、朝から午前中は比較的ぼんやりしがちな息子についてはその扱いが難しかった。この日は息子を信頼し、午前中にある問題一式に取り組んでもらいたいと一定時間を息子に預けたのだが、ふたを開けてみるとその時間の大半はぼんやり(うつらうつら?)してサボっていたことが判明。私はショック、そして今後こういった日に関し時間帯ごとにどのように過ごすのが良いか(各時間帯について何に取り組むのが得策か)について考え直した。息子は逆ギレ(?)状態で機嫌が悪くなり、午後から夕方にかけては進捗が非常に悪くなってしまった。この期に及んでこの状態とは恥ずかしいと思う。

 

取り組み内容

 

算数

速さ、割合、場合の数、和と差に関する問題、図形、規則性、数の性質、図形の移動に関し比較的基礎的な問題を解いていく。

計算間違いが多くなっているので間違うたびに原因分析をし対策を考える。荒っぽい頭の中の暗算が間違いの原因になることも多いようなので、簡単な計算もなるべくきちんと紙に書くように伝えている。

この日間違ったすべての問題について、夜にももう一度やり直している。

 

国語

漢字や語句に関する取り組みと、読解について説明文と物語文とに取り組んだ。答え合わせの後、一緒に丁寧に復習し、読む際および問題を解く際のポイントを再確認。

 

理科

この日は理科の取り組み量が少なめ、翌日以降は理科に重点的に取り組む。この日は、熱計算、星、月、浮力、気体の性質、電気回路、溶解度、光の進み方、てこ・滑車・輪軸について「理科確認テスト」というプリントに取り組んでいる。間違ったものや時間のかかったものには印を付けており、この4日間の終盤にもう一度やり直したいと思っているが、すべてについてまだまだ不慣れで解くのが遅い。熱計算についてはそもそも理解も曖昧なので翌日重点的にやり直すことに。

息子にとって理科のカキシのテキストは難し過ぎたと思う。もっと基礎的なところからスラスラ解けるようになるまでトレーニングが必要だと痛感。

 

社会

夏期講習のテキストにあった基礎力確認問題について、公民と歴史(江戸時代以降)に取り組み、基礎的な事項を確認(公民はまだまだあやふや)。その他、地理・歴史・公民に関し問題演習に取り組んだが復習は翌日持ち越し。

 

感想

 

夏期講習やカキシの効果を最大限に活かすためにも、最後のマンスリーテスト前にある4日間という期間を大切に使いたいと思っている。全般的な復習のほか弱点を補強したい。

この日は、夏期講習中あれだけ算数に時間を費やしたというのにまだ(逆に?)基礎的な問題にも間違いが多く少々途方に暮れもした。夏期講習やカキシで難しい問題にも取り組んだかもしれないが、そうであればこそ その土台にある基礎的問題はもっと盤石にしておきたい。

またそれだけでなく、やはり何より理科が手薄でありもっと取り組み時間を増やすべきだと痛感した。夏期講習中は否が応でも算数の取り組み時間が長くなっていたし、国語についても『有名中』の指定された問題について丁寧に取り組み そこそこの時間を要していたから、振り返ってみると理科や社会はいつも後回しになり脇に追いやられがちだった気がする。過去のテキストや土特のテキストには取り組んでいない問題も多数ある。すでに全範囲を一通り学習し終わっているわけで、息子もようやくそれらにしっかり取り組める状況になってきているので、苦手な分野等について様々な問題を積極的に活用し演習を繰り返していきたい。

やればやるほど穴も見つかる。理解力も高くないし解くスピードも速くないのでこなせる数にも限度があるが、焦らずコツコツ進めて行きたい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。