1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【399日目実績】土特 20回目(W20)~久しぶりの出席~

9月4日の実績

 

  • 算数:基礎トレ×2、土特の復習
  • 国語:漢字、土特の復習、過去問×1(復習まで)、要約の練習
  • 理科:D21(惑星:デイリーステップ)、土特の復習
  • 社会:土特の復習

ポイント

 

土特 W20 に参加

9月4日(土)、夏休み49日目、土特再開(20回目の授業)。息子は4月末から土特には参加していなかったが、夏を経て久しぶりの参加。

このまま最後まで全授業に参加できますように。

 

国語:過去問や要約の練習

この日、過去問1つに取り組んでいる。朝解いて、夜帰宅後に復習まで済ませた。『有名中』に取り組んでいる際、復習(「確認ノート」作成)には私がしっかり関わっていたが、その分 かなりそこに時間を要していた。今後は基本的に自分で解答解説を確認しノートも自分でまとめてもらうことに。ただ復習時私は横にいて、軽く解説はした。残念ながら息子一人だとどうしてもボーっとしてしまう部分もあるため。

そもそも息子の場合、読解には時間がかかり過ぎる傾向がある。読むのが苦手で、キーワードを拾ったり、文や文章の骨格を捉えるのが下手。この日から、要約の練習を別途始めている。

 

土特

この日は朝結構遅くまで寝ていたしのんびりしていた。以前土特に参加していた頃(骨折による通院前)は、朝も8時30分から9時には取り組みを開始していた記憶がある。しっかり3時間少々の取り組みをしてから出かけていたことになる(私もしっかりしていたな)。でもその後息子の様子・調子になるべく合わせる期間を経て、今はそこまで枠組みに囚われないようになっている。

久しぶりの土特。かつて参加していた頃は土特のうまい活用方法が分かっていなかったし本人もまだまだ基礎さえあやふやで、ひたすら問題を解き散らかして帰ってくるだけの状態だった。今も帰宅後テキストを確認すると、まぁ間違いだらけ・・・ではあるけれど、自分たちなりに対応できるようになってきている。

まず算数。間違いのオンパレード(授業中に取り組んで来た問題は決して難しいものではない)。この日は帰宅後それらの確認のみをして、今日SS特訓からの帰宅後に裏面にてきちんとやり直しをしてもらう予定。

理科も社会も、間違いはたくさんある。どちらもこの日ざっと確認した程度だが、その後コピーしたのでやはり全部やり直してもらう。通常授業のテキストでも授業中に取り組んだ問題頁はコピーして解答欄は切り落とし(雑な対応)、解きなおしてもらっている。取り組み後それらは復習済バインダーに。たくさんの問題演習を通して少しでも多くの知識や解法を自分のものとして行って欲しい。

 

感想

 

この日は久しぶりの土特だった。今日は初めてのSS特訓。もうすぐ授業終了だと思うが、9時から18時45分までというこの一日について、帰宅後どんな報告をくれるだろうか。

まだ学校がないので余裕もあり元気に出掛けてくれている。コロナ禍のため来週からの2学期の開始も緩やかなものになるが、その後また忙しくなってくるかもしれない。以前のように学校後ぐったり疲れ切った不機嫌な息子が帰って来るようになったらどうしよう。しかしそれでも自分を失わず、今後は元気にSAPIXへ通い続けられるよう祈っている。

土特についても以前参加していた頃は活用の仕方が分からず、家ではほとんど復習できなかった。「知識の総完成」と「分野別補充プリント」だけは次回までに完璧にすべきとのことでそれらだけは外さないようにしていたものの、翌週に全く同一形式で行われるテストだけを近視眼的に想定した取り組みは本人の深い理解にまで至らない面もあった。そんな日々からしばらく遠く離れることで、夏期講習中には土特の有用性や参加への意気込みも見られ、私たちにとってはこれで良かったと私は思っている。残り数か月、どうか本来的にその授業を求め自律的に参加、活用し、前向きに取り組んでいけるように。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。