1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【407日目実績】SS特訓2回目 ~朝型に慣れていく~

9月12日の実績

 

  • 学校:算数、家庭科
  • 算数:基礎トレ、問題演習、土特復習
  • 国語:漢字、要約の練習、SSの復習(一部)
  • 理科:土特復習(一部残り:ミツバチ、地震

ポイント

 

SS特訓2回目

9月12日(日)、2回目のSS特訓(朝9時から18時45分まで)。朝は機嫌よく出かけて行った。帰宅時に言ったことは「やっぱり朝は苦手、午前中はまだ頭がうまくはたらいていない部分があって出来が悪かった。」だった。

 

夜型

一日中 家庭学習をする日も息子は明らかに夜型だと感じている。朝は頭の回転が比較的鈍く遅くなるに従って目覚めていく感じがある。夏休み中の夏期講習やカキシも午後スタートだったため帰宅後遅くまで取り組みをしていたし、決して夜遅いのが苦手な様子はなかった。新6年生になりSAPIXの授業が夜9時までとなった際も「最後の一時間は眠そうになっている人もいたけどぼくは逆に遅くなるほうが目が覚めた。最初にある授業前テストのときが一番眠い。」と言っていた。

SS特訓は午前からのスタートで良かったと思う。合格力判定SOも午前中に受験するし、実際の入試も午前。午前に頭がはたらかないという事態は避けたい。

今後はあまりにも就寝が遅くなることは避け、朝は朝日をしっかり浴びて、例えば土特のある土曜日も朝からしっかり頭をはたらかせる練習をしていきたい。

ちなみに学校のある平日も朝出かける時は眠そうな日がある。聞いてみると自宅最寄り駅から乗車した電車はすぐ地下に入ってしまうためそこで一気に眠くなり、立ちながらでも寝てしまったりするらしい。ところがその後乗り換え時には、地下通路内の移動ではあるものの、その駅が日本の中心的なオフィス街にあるものだから 多くの人がカツカツと足音を立てながら緊張感を持って足早に歩いていて活気があり、そこで目が覚める、そしてその音が心地良いと言う(あ~、分かる・・・)。夕方SAPIXに移動するときもそこを通るけれども、時間帯が夕方だと雰囲気は随分違っていて、朝のような良い緊張感は漲っていないし人の歩く速さも速くはなく、朝の殺気立つような活気もないからそこまで目が覚めない。日曜日の朝も、駅に平日のような人の多さや緊張感がないから目が覚めない、とのこと(あ~、言っている意味は分かる)。

・・・ということは、入試の日も平日だしそういった場所を通るから平気? でもそれでは日曜日の模試はうまく行かないということになる!? ・・・いやいや、どちらにせよ午前中に頭がはたらかないのは困るので、どんな状況でも朝からしっかり活動できるよう少しずつ変えていきたい。

まずは今日から学校への登校が始まっているので、嫌でも朝から活動することになる。学校があるために、すべきことを片付けようと思うと夜遅くまで取り組みをすることにもなりがちだが、就寝時刻を制限時刻のように設定し集中力を高め既定の時間内に終了させ就床するよう努めたい。

 

2回目のSS特訓

土特は基本的に帰宅後すぐ当日分の復習をしたが、SS特訓については数日に分けて課題をこなして行く。

この日のSS特訓については、帰宅後、理科の授業中に聴いた様々なお話が興味深かったらしく私に話して教えてくれた。また国語(単科講座)の読解問題が比較的分かりにくかったと言って自分から音読してくれた。算数(志望校別、単科)の間違った問題については、とりあえず当日中に一通り簡単な復習をさせた。

この日の昼テストは社会だったらしい。白地図に指定された海岸線・山・山地/山脈・川・半島のほか緯線/経線・新幹線ルート 等々を書き込むもので、息子は「新幹線の線路なんて細かく分からないよ。」と言いながら見せてくれた。中途半端な状態で持ち帰っていたから自宅ではアトラスも参照しながら丁寧に復習したい。新幹線については、路線の枝分かれする地点は 位置も地名も もちろん重要だし、通過する主要な地名も一緒に確認していこう。

 

この日の帰宅後 その他

翌日からはとうとう小学校への登校が必要に。もともと6日が始業式だったがコロナ禍のため6日からの一週間はZOOMで毎日短時間の簡単な授業があったのみ、13日になって久しぶりの登校。

この日になって持ち帰って来ていた学校関連のものをいったん整理整頓し、翌日の準備をしていた。算数と家庭科に関しては取り組むべき簡単なプリントが少し残っていたと言ってこなす。

 

感想

 

二度目の「土特とSS特訓の週末」を終えた。土特に関しては今後も当日中に復習を済ませたい。SS特訓の宿題はその後の数日で。

そしてそれらの取り組みに翻弄されるのではなく、それらを通して弱点や対策内容を把握し何をすべきか見定めて、すべきことも各タスクの重みづけもその日程も自分軸上で主体的に決定し実行していくべきだと、今なら分かる。

忙しかったSAPIXの夏休みを通し、その日のうちに集中して復習する力などはついたと思う。今から思うと前期は通常授業の宿題をするだけで随分時間がかかっていたし、自分軸の "外側" にすっかり翻弄されていた。

今後は、攻略すべきと考えられる一つひとつのことを着実に成し遂げていこう。

より集中力を高めて時間内に完結させる力もつけていきたい。それは夜型を改善していくことにもつながる。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。