1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【408日目実績】算数は日々、浅く広く

9月13日の実績

 

  • 学校:算数
  • 算数:基礎トレ、各種問題演習
  • 国語:漢字・知識、要約の練習、D22、読解(随筆文)
  • 理科:D22(電磁石)
  • 社会:コアプラス、D22

ポイント

 

小学校への登校はじまる

9月13日(月)、午前中のみの短縮授業だが この日から小学校への登校が始まった。帰宅後自宅学習。

13時頃に帰宅して昼食はそれから。この日は帰宅直後の昼食を含む休憩時間を少々長く取り過ぎた(反省)。

 

算数の問題演習

算数については計算問題や各種小問に取り組む。

息子の場合は普段から種々の問題に触れていたほうが良いようだ。計算問題、数の性質、和差に関する問題、比と割合、速さ、規則性、場合の数、平面図形、立体図形、すべて。分野によって多少 得手/不得手の凸凹はあるが、どれも基軸となる問題にしっかり取り組んでいきたい。とにかく基本的なところはもっと盤石にせねば。そしてもっと算数に時間を取らねば。

 

国語の取り組み

漢字等の知識問題や読解問題に取り組む。取り組んだ読解問題は随筆文。漢字等も読解問題も以前よりは正答率が高くなってきていると思う。間違った問題は一緒にチェック。お互い以前より正しい解き方に基づき論理的に考えることができるようになってきた。読解問題の記述については、最初の骨子の組み立てとそこへの肉付けについて伝えるべきことがまだ多くあった。

 

その他

この日は算数・国語に大半の時間を使用。社会はコアプラスで地理、D22テキストで歴史。理科についてはD22(電磁石)のみ。

過去問対応遅れ気味。

 

感想

 

算数の一般的な問題に触れていて「これではマズイ。」と感じた。もっと当たり前の問題に毎日しっかり取り組み基礎的な問題は確実なものにしたい。

国語には以前より多少慣れてきている。漢字にしても読解にしても。また、例えば漢字に関していつも「どうしてこんなに忘れがち? こんなに何度もやっているのにどうして覚えられない?」と感じるけれども、そんなことを言っている場合ではなく、そうであればこそきちんとした意味などを押さえつつ、とにかく繰り返すしかない。

理社について、この日の取り組みは少なめ。計画的に進めたい。こちらも繰り返し。一緒に見ていて本人自身の中にどの程度しっかり馴染んでいるのか、どの程度 定着・理解しているのか分からない部分もある。ただ息子の場合は目先の小テストで満点を "取らせよう" といった感覚で詰め込んでもあまり意味をなさないことは経験上分かっていて、その場ではできることだけを、本人の調子を尊重しある程度それに合わせて実施して、小テストの結果を見て本人の "中" の状況を知り、復習することで改善していく --- そのほうが良いようだと思っている。

小学校への登校も始まったので、また今後忙しくなっていくと思う。様子を見守りつつ一緒に頑張りたい。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。