1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【409日目実績】SAPIX国語・社会(D23)~基礎的なことを速く正確に~

9月14日の実績

 

  • 学校:算数、交換日記
  • 算数:基礎トレ、各種問題演習
  • 国語:漢字・知識、要約の練習、当日の復習(D23A/B)
  • 理科:D22(デイリーステップ、科学の図鑑(遺伝))
  • 社会:コアプラス、D22、当日の復習

ポイント

 

SAPIX D23(国語・社会)

9月14日(火)、小学校は午前中のみの短縮授業。13時頃帰宅して昼食後、軽く勉強してから20分間の仮眠を取り、15時30分 SAPIXへ向けて再度出発。

学校からの帰宅時、自宅最寄り駅で車に乗り込んだ際には以前学校後によく見られたように疲れ切った雰囲気を醸し出していたのでドキリとしたが、自宅に到着した際にはスッと目を覚まし普段通りの様子になったので安堵する。後になって「今日は体育があったから疲れていた。」と言っていた。

SAPIXについて、この日は国語・社会のD23(16時30分~21時)。帰宅は22時前。帰宅後当日分の復習をしてから、算数、理科に取り組む。

 

やはり遅いのかな

 

国語

この日の国語の読解(AとB)について、まずBテキストの文章を私に音読してほしいと言ってくる。授業時の取り組みで文章にはすでに線が引かれていたが、私が追加で線を引きたいと思ったところには印をつけつつ音読していった。本人はその様子を眺めつつ音読を聴いていた。Bテキストの文章についてはその後特に詳細な問題に触れることなく、音読と印付けを通して内容等の確認を実施。

次にAテキストの文章については音読の上、問題の確認。よくできているのかと思いきやページをめくると白紙。聞くと時間が足りなかったと言う。やっぱり解答速度が遅いのかなと感じる。残りの問題は一緒に確認しつつ解いていく。選択肢問題の解き方・着眼点を意識し、消去法で残る2つの選択肢を比較する方法で、正解でないほうはどこがふさわしくないのかといったことを確認。

 

社会

社会についても授業中に取り組んだ問題を確認すると3枚目の公民では白紙が多い。これも時間がなかったと言う。社会の基礎的な問題に関しては、すでに「考えて答える」レベルではなく「即答できる」段階になっていなければならないのだろう。この日は算数・理科を優先したので、社会について授業中に取り組んだ問題の復習は翌日持ち越しとなったが、単にやり直すだけでなく基礎的な知識には繰り返し触れ完全に覚えて即答できるようにしなければならない。そのあたりについて、確かにまだまだ危ういとの認識あり。

この時期の国語Aテキストや社会のテキストは、基礎的なことが速く正確に答えられることを求めているように見える。(通常授業は最後のチェックといったような感じだろうか。)

 

あちらを立てればこちらが立たず

 

算数 他

算数については、計算問題やいわゆる「小問集合」にあるような簡単な文章題のほか図形問題は毎日必ず一定数解くようにしている。国語の漢字や語句など知識に関する問題も毎日必ず少しずつ。国語に関しては簡単な要約の練習も必ず。

 

理科

一方、算数等に押され最近は理科の取り組み時間が少なめ。この日はD22テキストの「科学の図鑑」にある「遺伝」に関して確認、それからデイリーステップの問題を少々。D22のテーマ「電磁石」についても怪しい部分があって、もう少し問題演習が必要なようだと気づく。息子の場合、理科や社会についても、算数・国語のように「浅く広く」、毎日主たる分野に触れ続けるのが良いと分かっているのだが、いつもその時間配分に苦心している。あちらを立てればこちらが立たずといった状態。あれこれ弱点だらけの人は大変だ。理科や社会は日々短時間の凝縮した取り組みにしたい。

 

感想

 

私もあの手この手で工夫しながら常に寄り添い取り組みを進めている。とは言えSAPIXの後は比較的しおらしく、落ち着いて自身で取り組みに向かうので本当にありがたいと思っている。

一方そうでない場合などは、例えば算数の取り組み中も、少々苦手な問題になると無意識的に船を漕いだり不機嫌になったりして当初予定通りの進捗にならないことも多く、「相変わらず、まるで『のび太』くん」といった現実を前に「6年生になってもこれなのか。」という気持ちにはなる。

塾のお世話にもなりつつ、「いつか目が覚める」とか「いつか変わる」といった根拠のない楽観論は捨て、現実を見て、その上であくまで粛々となすべきことをなすという姿勢を持ち続けたいものだなと思う。

私も息子の姿を通して自分を省み、自分自身もより良くなるように、また息子に向き合う姿勢もより良いものとなるように努力していこう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。