1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【415日目実績】合判SOの志望校入力をする

9月20日の実績

 

  • 算数:基礎トレ、SS02(志望校別・単科解法力)、その他問題演習
  • 国語:漢字・知識、要約の練習、読解(説明文)
  • 理科:SS03(昼テスト、1種類のプリント)、D23(LEDと手回し発電機)
  • 社会:SS03(全終了)

ポイント

 

伴走再始動

9月20日(月・祝)、この日行われていた学校別SOは受験しておらず一日家庭学習。金曜日に息子の言動に心身ともくたびれ果てた私はその後しばらく息子から距離を置いていたが、この日午後から伴走を再開。

 

主な取り組み内容

基礎トレや漢字、要約の練習など毎日決まって実施する基礎的な取り組みや、理科D23の宿題などは午前中に一人で取り組んでもらった。

午後になってからの取り組みには協力。午後からは、主にSS特訓の復習や算数、国語に関する問題演習などに取り組んでいる。

SS特訓の復習や宿題にはかなりの時間がかかっている。この日社会については前回のSSに関するすべてのタスクを終えたが、それ以外の教科はSSの課題がまだ残っていて日々少しずつ実施予定。

社会や理科の場合、SSテキストの問題を通して、様々な視点から物事に触れ理解・知識を深めたり、様々な問題形式に慣れて行ったりしている。特に息子の場合は、単に『コアプラス』を繰り返しているだけでは問題に対応できず、普段から各種問題演習がとても重要になっていて、SSのテキストで種々多様な問題に多く触れることは重要だと思っている。そして授業時の先生による解説にも助けられている。

ただ、何にせよこなすのがとても遅い息子なので、そんな中でも『コアプラス』のような、骨子となる知識の確認を忘れないように努めなければならないし、全体のバランスを意識しながら進める必要があると感じている。

また算数については問題の海に溺れないようにしたい。今のところSS特訓の復習はきちんと行っているけれども、そもそも基礎的なところで理解ができていないかもしれない。あるいはもっと基軸となる問題をきちんと丁寧に押さえるべきかもしれない。だから次々とやってくる課題に呑み込まれないように気をつけながら、「これぞ」と決めた問題は別途大切にし繰り返す方針。

国語については漢字・語句等について別途繰り返し学習しておく必要がある。また最近は要約の練習をしたり、読解問題に関し解き方を学びなおしたりもしている。

 

もうすぐ第一回合格力判定SO

次の日曜日(9月26日)は第一回合格力判定サピックスオープン。今月から12月まで毎月一回、計4回続く。

この日はマイページで志望校の登録を行った。第一志望から第四志望まで、加えて自由選択で6校。「後期保護者個別面談用アンケート」もようやく記入することに。その提出期限は翌日の火曜日で、息子には「遅い、配られてすぐ出している人もいるのに。」と言われてしまった。志望校などに関しここしばらくの期間で特に変わった部分もないのにギリギリまで手元に置いていた。

 

感想

 

この日からようやく伴走を再開。息子の言動に心身共にくたびれ果てていたけれど、明るくポジティブな観点をもたらすというのも私の仕事だと思う。

この日の夜寝る前に、息子に「一緒に勉強してくれないなんて、めーわくぅ。」と言われてちょっと驚いた。私は金曜日の夕方以降距離を置いていたが、私がその日の息子の言動にショックを受けていたことも、それがしばらく伴走できなかったことのきっかけだということも本人は分かっていなかったというわけだ。私は思わず、あの日のあなたの言動が原因だということを伝え、「私だって人間だからね。」と加えておいた。

息子がブチ切れて少々乱暴な言動に及ぶことはこの日ばかりでなく、以前から時々ある。いつもではないが、勉強がうまく行かなかったり疲れていたりするときにそうなりがちであることも分かっている。幼いなぁと思うことも多く私に対して持っている甘えた気持ちがそれにつながることも知っている。

私だってもっと自発的に、そして自立して本人の状況を見極め、なすべきことを考え邁進すべきなのに、私にもやはり依存心のようなものがあったと思う。例えば塾に行っていたってそこから与えられるタスクをただ漫然とこなすだけでは我が家の場合対応できないと感じているのに、どれだけ前向きかつ積極的に、独自に見極め対策を取ってきただろうかと。誰かが助けてくれないかとか、どこかで変わるかもとか、そういった甘えた気持ちがあったのではなかろうか。

残りの日々もわずかになって来た。SS特訓も始まり、ここにきて「SAPIXは取捨選択」などと言われていることの真意がようやく分かってきたようにも思う。息子と明るく前向きな話をし、お互い喜んで積極的な取り組みが進められるよう改めていこう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。