1年半で中学受験 2022

仕事に没頭していた母が退職し息子の中学受験に伴走開始。小5 8月からの短期決戦。現在、小6 SAPIX通塾中。

【441日目実績】土特 26回目(W26)~運動会と「状況の変わる音」~

10月16日の実績

 

  • 四科:基礎トレ、漢字のほか、SS05を中心に。

 

ポイント

 

運動会からの土特、それから…

10月16日(土)、通っている小学校で運動会が行われた。去年はコロナ禍で運動会は中止となったが今年は2学年ごとに時間を分けて実施された。6年生は1年生と一緒に午前の一番早い時間帯に割り当てられていたため、息子は正午過ぎにいったん帰宅。昼食を取り準備をして今度はSAPIX(土特)へ向け再度出発。

土特は14時から19時。

出かける前、息子が制服から私服に着替えているところを見た主人が「今日は終わったら洋服を買いに行こう。」と言った。普段は制服があるので私服はそれほど多く持っていないのだが、どんどん大きくなるのであっと言う間にどれもピチピチ。息子は「靴下も欲しい。」と言った。足もどんどん大きくなっているようだ。

19時45分頃自宅最寄り駅に到着した息子を駅前でピックアップし、それから近所にあるショッピングモールへ。結局21時の閉店間際まで。

その後帰宅し軽く夕食。息子は基礎トレや漢字などのほか、SS特訓の課題などをこなし、結局この日もいつもと変わらない時刻に就寝。

 

運動会 ~状況の変わる音~

2学期になってからだろうか、「今日体育で100m走の計測をしたんだけど、ぼく結構速いほうだったよ。」という報告をしてくれたことが数回あった。

長年息子は比較的ぽっちゃりしたほうで、小学校に入学してから運動会の徒競走は万年ビリ争い、最終的に5位(6人中)。これが1年生から3年生まで。4年生のときは後の方が転倒されて3位になっていたけれど、その後もぽっちゃりしたままで、1・2学期の通知簿で体育が「2」になるのは変わらなかった。

去年はコロナ禍で健康診断が2学期にあり、軽い肥満だとかで主治医に相談するようプリントを受け取っていた。プリントを受け取ったのが2学期も後半で、実際病院へ行ったのはクリスマス・イブだった記憶があるが、今やちょっと信じられない。当時すでに縦伸びが始まっていた気もするが、その後「ぽっちゃり君」はスッと縦に伸びた。

最近はまた少々足が太くしっかりしてきた気がするけれど、とにかく変化が著しい。特に何をしたわけでもないのに突然速く走れるようになったなんて、骨格が変わったからだろうなと思った。骨格が変わった、肩幅が広がってガッシリしたというのも、普段から感じている。

そして今回の運動会で徒競走は1位だったと言う。身近な誰もが「へ?」と反応する。

男の子はこの後皆グンと大きくなって、少し後に競走をすればまた結果が変わってくるだろうなと思うけれども、息子の人生を振り返って、何事においても急にそれまでの悩みは何だったのだろうと思うように霧が晴れ状況の好転することが間々あるなと思い出された。

ある状況などについて、きっとできる(治る)はずだと母親である私には思えるのに一向に好転しないと長らく悩み、相談したりあれこれ試したりしても何も変わらなかったものが、あるとき何もしていないのに突然パッと良くなる(解決する)ということが実はこれまでにもいくつかあった。

今で言えば勉強もそういう状態。「できないわけではないと思うのだけど。」と感じながら、なぜかとにかくうまく回っていないというもどかしいような状況が長く続いている。これについてもいつかパッと、何もしていないのに状況が好転するときが来るのではないかという気がしている。あたかも歯車がきれいに噛み合う音がカチッと聞こえてくるかのように。ただの楽観視ではなく、これまでの息子を見ていると状況としては非常によく似ていると思う。もちろん「そのとき」はいつになるか、今は分からないのだけれど。何かの非常にちょっとした、しかしながら大きく影響する「きっかけ」がそれをもたらすこともある。

 

いつの間にか、おしゃれ男子?

さてこの日は土特の後、息子の洋服を買いに行くことになっていた。

すっかり大きくなってしまった息子の洋服などについて、私はもはやよく分からず最近はいつも主人とお買い物に出かけてもらうのだが、この日は運転手の感覚で一緒に行ってしまった。私はお留守番でも良かったかなぁ。

洋服などには特にこだわりがなくこの日もすぐに終わるかと思っていたのだけれど、息子はなかなかしっかり吟味していたし、細かい好みもあるようだった。

まずは靴下。「そんなところ誰にも見えないのでは?」なんて、すっかりオバサンになった私は感じてしまうのだけれど、デザイン、そして素材にまでこだわる。お買い物時間が長い、長い。

お洋服にも細かいこだわりが。以前は「何でも良い。」としか言わず、洋服なんて見もせずにおもちゃ売り場へ行こうとしていた息子なのに。

さらに帽子。息子はいつも外出時に帽子を被っている。以前聞いたときは、制服のときは制帽があるから私服のときも帽子がないと落ち着かないと言っていて、ある意味で「仕方なく」被っているのかと思っていたのだけれど「こういう帽子が欲しいんだよね。」と言い出してかなりのこだわり。そこからショップをはしごしての帽子選び(探し)が始まる。

この日は結局トップス2枚、ボトムは1着、そして帽子を購入。またすぐに買い足す必要も出てくるかな。とにかく今日はそれらを身につけてSS特訓に出かけている。

そういえば来週から小学校の制服も冬服に衣替え。あの夏服を着ることももう二度とない。独特の色味の夏服だった。将来あの色を見た時、何を想うだろう。

 

日々の取り組みについて ~他の人に語ってもらう~

この日は帰宅して軽く夕食を取ってから普段通りの取り組みをしているが、最初に私が準備していた話を持ち掛けた。と言っても大した話ではなく「日々死守する基礎的なタスク」についてもう一度確認しようというもの。

そして今回私はあるYouTuberさんの力を借りた。特にその方に詳しいわけでもこれまで参考にしてきたわけでもなかったが、ある受験関連のチャンネルで(主に中学高校生向け?)、私がいつも言っているような、今回言おうとしているような話を具体的に力説されているものがあったので、私が少し話した後にその動画を視聴してもらった。

その内容は「たった一冊の参考書をとにかくボロボロになるまで繰り返せ。九九と同じレベルでどれも瞬時に答えられるようにならないとダメ。9割の生徒はこれができていない。」とか、「論理的に解けるようになるためには、なぜ(理由)、どうして(手順)が説明できないとダメ。それができるようになるために、問題を解くとき常に理由や手順を言語化しろ。」と伝えていた。

私から見て息子はどれもこれも詰めが甘くて、コアプラスにしても一つも間違うことなく、そして即答できるまでにせねばならないのに(もちろん漢字で)、遅いわ、間違うわ、挙句の果てに怒り出すわで、そこまでできていないししようともしていないと思う。これからちゃんとやろうね、と私が言ったって効果が薄いだろうと思われた。

しかしこの得体のしれぬ(?)YouTuberさんの力説には納得感もある上に、得体も知れないわりになぜか信頼できるような背景を感じさせる。

息子も動画に見入っていたし実際「この人に言ってもらったほうがやる気になるでしょ?」との質問に「うん。」と答えていた。

この日はSS特訓の課題をこなした後、最後に自分からSAPIXの暗記カード(歴史年号と公民)を確認していた。これも「日々死守する基礎的なタスク」に加えていたものだ。ただ、コアプラスをどのように進めるか(日によってやり方を工夫したほうが良さそう)についてはもう少し二人で検討したいと思っている。他の必須タスクも日々の取り組み方や日毎の量・時間など詳細はもう少し検討が必要。SSの課題なども多いので、必須タスクもメリハリをつけないとそれだけで大半の時間を使用してしまう。

これからもときどきこのYouTuberさんのお世話になろうと思う。ときどきピリッと活を入れてもらえるかな、と。もはや私なんかより、他の人に語ってもらったほうが絶対うまく行くから。

 

感想

 

小学校最後の運動会も終わり制服もとうとう最後の冬服期間に。あっと言う間だけれど、様々な変化を見ているとそれなりに多くの時間が与えられているものだなという気持ちにもなる。

この日は運動会の開始時刻頃に雨が降っていたので、怪我無く無事に帰って来ますようにとそれだけを思っていた。

この日も息子は無事元気に帰って来てくれた。学校にも日々きちんと通い、お勉強もし塾にも欠かさず行って、息子は毎日頑張っていると思うようになった。一つひとつのことに対して当たり前ではなくありがたいことなのだと。

受験を考えると悠長なことは言っていられないと分かってはいるけれども、息子は息子なりに成長している、彼には彼のやり方があると考えるようになっている。無理に引っ張ることも、外側にある枠組みに無理に当てはめることもしようと思わない。閉鎖的な心になってはいけないと思う。でも私は息子自身の力を信じている気がする。「状況の変わる音」がそのうち聞こえることを知っている気がする。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。