1年半で中学受験 2022 とその後

都内私立小に通い小6秋までSAPIXに通塾した男子の中学受験とその後。小5 8月、母親(私)が仕事を退職し中学受験の伴走を開始。小6 12月、SAPIX退塾、2022年外部受験。栄東中進学。

受験勉強で得た意図せぬ結果 ~風の電話~

 

私は「風の電話」を知らなかった。


入試の頃から毎日じっくり新聞を読むようになった息子。
最近は家族の中で一番最初に読んでいることも多い。

3月11日のこと。
珍しいことに、その日の息子は「今日面白いと思った記事があった。」と言って私にある面を開いて見せた。

その日は東日本大震災から11年目にあたる日。
息子が広げたのは15面にあった「心の復興と共に」というインタビュー記事。

震災で甚大な被害を受けた岩手県大槌町にある、電話線のつながっていない「風の電話」。
自宅の庭園にその電話ボックスを置いたガーデンデザイナー、佐々木格さんのインタビュー記事だった。

大切な人を亡くした方がそこで「その人」に話しかけ想いを吐露し、心と向き合う場であるようだ。
それだけではなく、誰しもが「誰か」に話しかけることで自分と向き合い、前に踏み出せる場所なのかもしれない。

「ここでわだかまりをはき出すことで、心の重荷を下ろすような気持ちになるようです。なぜそれが可能なのか、整然とした論理はありません。ただ、自分や受話器の向こうの相手に向けた夢や希望、笑顔でいてほしい、前を向きたい、そんな気持ちに、風の電話は寄り添う『心のインフラ』なのかもしれません」*1

 

私が「奥が深いなぁ」と感じたのは次のくだり。

「でも電話を置くだけではだめで、周囲の環境、『場の力』が大事だと考えています。ここでは庭の空気を吸い、小鳥のさえずりを聞き、花を見る。そんなふうに心で場を感じると想像力が開き、電話の向こうに相手がいるように感じ取っていく。受話器を取ったときに感情をはき出すためのプロセスになります。風の電話のある庭への道中には、道案内の看板はありません。迷うことが一種の瞑想の役割をして電話への集中力を高めます」*2

 

そして私が「息子らしいなぁ」と感じたのは次のくだりだ。

「私もかつてはそうでしたが、経済優先、能率・効率優先で失敗できない世の中にリズムを合わせていると、そんな日々は自分にとって本当にいいのか、立ち止まる時間も持てず前に進むばかりです。でも、自然のリズムは違います。花は散った後、種になり、芽吹く。やり直し、再生の連続です。庭で目をつぶって静かに息づかいを感じていると、生きづらさを感じている人も自分のリズムがきっと戻ってきます」*3

 

高い目標を持ち、前へ前へと努力しそこへと進むのは決して悪いことではない。
しかしそれだけではいつか息切れしてしまうかもしれないし、それだけが肯定される風潮の中では大切な何かが見失われるかもしれない。
計画通りで遊びや隙間や陰のない空間にいると息苦しさをも覚えるものだし、経済性・合理性一辺倒の価値観は実は競争力の弱化を招く。

息子は「ぼくもそこに行ってみたい。」と言った。
もしそこに行けたなら、息子は「風の電話」の受話器を握り何を語るのだろう。

もうすぐ小学校を卒業する息子。
毎日通勤電車に揺られ厳しめの学校で様々な出来事を味わって来た。
小学校生活の後半には中学受験塾へ通い、本番直前になってそこを去った子だ。
多くを見て多くを感じ、それらを通して社会の片鱗を知ったかもしれない。

 


 

物事はしばしば意図しない結果をもたらす。
何かを始めるとき「意味ある結果」を求める人は多いが、意図しない結末こそがそのプロセスの貴重さを物語り、「深い意義」をもたらすこともあるのだなと感じる。

もしこの日息子から何も聞くことなく私がその新聞を読んでいたなら、
震災から「11年」という数字には注目しただろうが、この記事をこんなにじっくり読んだだろうか。

息子の読解力に欠点があるとよく言っているのはこの私だ。
論理的でないとか、構造的でないなどと。
そして試験を受ければその欠点が数値となって返却される。

しかし忙しいこの世の中にあって、異なる視点を教え他の大切な何かを知らせてくれるのは他ならぬこの息子でもあった。
彼は世の中を多面的に「読解」する力を持っている。

 



このサイトのタイトルに「1年半で中学受験」と名付けたとき、私には深い意図がなかった。
それは淡々と受験勉強の経緯を綴る記録になる可能性もあったし、そもそもこんなポエムを語る気はなかった。

言葉にもならない「想い」を得ることができたのは、息子にとってこの6年あるいは1年半の貴重な収穫だろう。
今後、その「想い」が自分らしい人生を歩むために必要な過去のプロセスとなり、やがてそれがある「かたち」となって他者と共有され、社会を支える一つの力として他者を救えるものになれば素晴らしい。

私も日々彼に教えられ、多くを学び、成長させてもらっている。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

息子の言葉nakataka.info

 

息子の中学受験

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

 

中学受験まとめ

nakataka.info

 

SAPIXプリントの整理・処分と思うこと

nakataka.info

*1:朝日新聞2022年3月11日朝刊15面

*2:出典:同上

*3:出典:同上

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。