1年半で中学受験 2022 とその後

都内私立小に通い小6秋までSAPIXに通塾した男子の中学受験とその後。小5 8月、母親(私)が仕事を退職し受験勉強の伴走を開始。小6 12月、SAPIX退塾、2022年外部受験。栄東中進学。

中学入学前の英語


中学入学前の春休み、数学(算数)、英語、国語(漢字・読解)などについては、日々計画的に学習をした。

nakataka.info

nakataka.info

 

英語の取り組みは、私からの文法の解説とその理解及び問題演習、それから英単語のスペルを覚えてもらうことが中心になった。

 

背景 ~小学校の英語~

 

息子は完全にドメスティックな環境に生まれ育った。
そして小学校に入学後、初年度から毎週2時間英語の授業を受け始めた。

使用されていたテキストは比較的高度で、特に日本語による文法等の説明はなく冒頭からストーリーが始まっていた。
授業でも基本的に日本語が使用されていなかったようで、とにかく英語の授業はチンプンカンプンだったらしい。

とりあえず授業で扱われているお話の内容の理解補助として、自宅で私がそれを読み聞かせ、発音や単語・熟語の解説をしながら意味の説明をしたりしていた。

低学年では「聴く・話す」が中心だったが、
私の関与が減っていた中学年になるとアルファベットの書き方を学んでいた。

2週間に一度くらいの頻度で『Wordbook』の指定された範囲から単語テストが行われていたが、スペルを書かせるテストではなかった。
初めの頃は読まれた発音と正しい絵とを結び付けるもので、その後もスペルと絵とを結ぶ程度だった。

小4になると122個の不規則動詞の活用を覚える必要があった。
GW明け以降、全部の暗記ができた人から休み時間に英語科へ行き先生にテストを依頼する。先生がランダムで30個の動詞(日本語)をおっしゃるので、その原形・過去形・過去分詞形・現在分詞形を口頭で正しく答えるというもの。

当時息子はこの暗記に大変苦労しており、3学期になってようやく合格できたと言っていた(クラス内でほぼ最後だったようだ)。
正直なところ息子はそれが一体何なのかさえよく分かっていなかったが、小6になり再びそれらを答えるテストがあった際には早い段階でパスしていたようだから、1年近くかけて暗記した内容は比較的よく本人の中に定着していたのだろうと思う。

息子の通っていた小学校では個人的に英検を受験していた人も多かったのではないかと思う。
卒業間近の頃「今日英語の授業のとき、iPadで英検3級(4級)の問題を解いたよ。」と言っていることがあった。
「満点の人もいたけどぼくは半分くらいしかできなかった。」などと言っていた。

内部進学する人が大半で受験勉強がなかったためだけでなく、中学生になると第二外国語も始まるので、小学生の頃に英語をきちんと学習されていたのだと思う。

息子は外部受験を想定していたため受験勉強が忙しく、学校の英語は雰囲気とフィーリングで何とか切り抜けるという状態を最後まで続けた。

テキスト傍用問題集も購入していたがほぼ使用することなく終わってしまった。
ただ通知表の評価についてはそれほど厳しかったわけではなく、授業参加点なども加味されていたようだ。
定期試験の成績が閾値未満の場合は別途課題が提示されるようだったが、息子はこれについて「セーフ。」と言っていることが多かった。

小学校を卒業すると、息子は英語のテキストも早々に廃棄していたが
そのテキストの付属品は大切に所持し、今でも時々参照しているようだ。

付属品とは、不規則動詞活用表(2種)と、その過去形を使用した例文が載った厚紙、それから『Wordbook』。

 

中学校からの課題

 

2月終盤に進学先の中学校で入学準備説明会が行われ、英語、数学、国語については春季課題が提示された。
英語は『NEW TREASURE ENGLISH SERIES Starter Book』の前半が宿題だった。

最初はアルファベットの練習で、その後問題音声を聴きながら発音を意識しつつスペルを記載していくのだが、息子はこれが全然できなくて驚いた。これまで意識的に覚えようとはしなくてもこれほど触れていれば自然に覚えているのではないかと感じたが、そうではなかった。息子の場合は、英語ばかりでなく日常生活における日本語についても、絵や動画にばかり着目し文字があまり目に入っていない(読んでいない)ということを受験生活で痛感した。

日本語を言われてその英単語を言うことはできる、発音は分かる、でもスペルが書けないという状態。
中には問いかけてすぐに答えられない単語もあったが、発音を覚えるのはそれほど時間を要さなかった。
しかし綴りはそういうわけにはいかず間違い続ける。
また「読めるけど書けない」という単語も多かった。

確かに日本語の漢字だって「読めるけど書けない」というのは大人にもよくあることだ。
また普段の文書作成にワープロソフトを使用する現代、思わず漢字を失念することだって多い。
だから「読めるけど書けない」、「発音は分かるがスペルを間違う」という状態も理解はできる。

課題として受け取ったワークに出てきた単語については、正しく書いて答えられるよう繰り返した。

その数は少なかったが、これには想定以上に時間がかかった。
私は何度も同じ説明をしている気持ちになったが、本人に慣れて行ってもらうしかない。

 

文法の理解 ~英検5・4・3級教本~

 

小学校で使用していたテキスト本文には、英検3級程度の時制が自然と使用されていた。
また中学年の段階で不規則動詞の活用も暗記している。

しかし息子は英文法について理解していなかったし、時制についても全く頭の中が整理されていなかった。

そこでこの春休みには私が順々に英文法や時制について解説を進めた。
説明時にはテキストとして英検5~3級の『総合対策教本』を使用した。

 

ただその本の5級はほぼ全体が説明ページであるのに対して、上級になるほど解説が減り問題およびその解説のページが増えるので、3級の本については半分以上が未済。
問題演習は、説明ページを用いた全体的な理解の後に実施してもらうつもりだったためだ。

毎日範囲を決め、テンポよく中学英語を概観していく。
小学校の英語テキストで使われていた時制や表現も多く、それを思い出してもらうように話した。
本人が「あったねぇ」と言いながら当時の授業やテキスト内容を思い出したり、「あぁ、そういうことだったのか」と言ったりした。

説明しながら、復唱だけでなく例文や単語をノートに書いてもらったりもした。
徐々に覚えて行ってもらいたい。
基本的な例文は暗記してしまったほうが良いと思っている。

私はかつてZ会の『速読英単語』を重宝していたが、
文章を繰り返し音読しそのうち自然に暗唱できるようになると、単語や熟語もその中で覚えられ、それらの使用方法も身につけられた。

さて中学英語については、一通り解説を終えた後5級から問題を解いてもらっている。
同教本にある問題が終われば過去問を解けば良いと思う。

 

過去問を解いていると、いつもだいたい同じことが問われている(各級で覚えるべき表現が決まっている)ことが分かってくる。
問題を解いて間違うことで覚えられていなかった単語や表現に気づき、そこで新たに記憶していってもらえれば良いと考えている。
その表現には同じ級の別の過去問でも繰り返し出会えるはず。

 

単語・熟語

 

ある程度文法について理解ができれば、あとは単語・熟語数を増やすこと。
単語・熟語については『高校入試 でる順ターゲット』を購入しておいた。

 

今の時代はアプリをダウンロードしスマホで気軽に学習ができる。
英単語もこのアプリを用い、一対一対応で覚えて行ってもらって良いと思う。

同書の初めのほうなどは「こんな単語もあえて載せてあるのか」というくらい基礎的な語句が並び、非常に簡単ではある。
ただとにかく息子の場合はそれらのスペルを書けるように練習してもらわねばならない。

息子の英単語暗記量はまだまだで、本当に初心者レベル。
「時間を見つけて暗記してね」と伝えても、まだまだその時間を作り出すのが上手でないので、ある程度はこちらでそのための時間を組んだほうが良いかと思っている。

 

スタディサプリ、その他

 

スタディサプリで中1英語の「共通」という動画を進めてもらっている。
章やセクションは細かく分かれていて、それぞれ解説後に問題がある。

問題はすべて英単語を並べ替えて正しい英文にするもの。
マウスだけで学習できる。

それこそ英文法について丁寧な解説を聴くことができるし問題で確認もできる。
当初は中学が始まる前にこれを中1から中3まで進めれば良いと思っていたが、普段ノートPCを開くことも少なく、案外時間がかかってこちらはなかなか進んでいない。

SAPIX退塾前に12月配布物としていただいたY-SAPIX『中学へのDaily Exercises(2、3月号)』は、QRコードから授業動画を見ることができるので、私はほぼ介入せず本人に取り組んでもらった。

 

今後

 

息子の場合は、これから学校で一から英語を教わり勉強していくことができる。

これまで聞くことを中心に親しんできた英語について、きちんと正確に聴き、読み、話し、書くことが重要になってくる。文法を理解し、多くの単語・熟語も暗記する必要がある。

全く英語を知らないわけではなく、どれも何となく聞いたことはあるという状態にはあるので、その下地を大切にしてもらいたい。

今後、英語に限らず論理的に書いたり説明したりする必要が生じるが、そもそも自身の中に話すべき内容がなければ始まらないので、
どんどん学んで知識を身につけ、正しく思考・判断をし、正確な技能のもときちんとそれを表現できるようになってもらえればと思う。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。