1年半で中学受験 2022 とその後

都内私立小に通い小6秋までSAPIXに通塾した男子の中学受験とその後。小5 8月、母親(私)が仕事を退職し中学受験の伴走を開始。小6 12月、SAPIX退塾、2022年外部受験。栄東中進学。

中学最初の一週間


4月9日(土)の入学式後、11日(月)から15日(金)まで最初の一週間を過ごした。
本日16日(土)は家庭学習日。

ひとまず毎日明るく出かけ、元気に機嫌よく帰宅していることに心から感謝。

 

一週間の内容


最初の一週間は毎日午前中のみ。
学校教育方針に関するお話を聴いたり、施設案内、部活動紹介、教科ガイダンス、写真撮影など。
金曜日になり待望の教材配布。

 

次の一週間

 

来週18日(月)より帰宅が遅くなる。

その日から給食開始だ。
そしてその日の午後から待ちに待った授業が始まり、部活動の仮入部もある。

19日(火)からは平常授業(時間割は来週になってから受け取る)。

 

息子の様子


進学先の中学校はかつて通っていた小学校より少々遠くなるものの、朝の始業時刻がだいぶ遅くなる。
しかし学校には早めに着くようにしているため、毎朝小学校時代と同じような時刻に家を出発している。

まだ親しい友だちはいないらしいが
毎日帰宅すると先生がおっしゃったことやクラスの様子などを教えてくれる。

これまで給食ではなくお弁当の学校に通っていたので、給食にはドキドキワクワクといったところ。
私にとっては朝の負担がなくなり大変ありがたい。

部活動に関しては3つほど気になるものがあるそうだ。


主人の家族は息子の入学式の日の写真を見てその成長ぶりに驚き
「街で出会っても気づけないかも」と言った。

小5後半以降背が伸び、顔、体型や雰囲気も声も変わった。
コロナ禍もあって会うことが激減したため、かつての面影は消え「急に青年になった」ように感じるそうだ。


自宅で中1数学の勉強をしていると、分野によっては小学校内容のどんな根幹部分に穴があったかを思い知らされることがある。
そんな穴があるから、かつてSAPIXの授業で多くの問題に触れても(当時私が「オーバーフィット」などと記していたように)テクニカルな解法の暗記に陥ってしまい、応用力に欠ける薄っぺらいものになっていたのだと痛感させられる。

気付くごとに、多少時間を要してでも本来的な深い理解に至れるよう、その穴を塞ぎ周囲の知識・経験とつないでいく。
地道な努力を積み重ねていきたいものだ。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。