1年半で中学受験 2022 とその後

都内私立小に通い小6秋までSAPIXに通塾した男子の中学受験とその後。小5 8月、母親(私)が仕事を退職し受験勉強の伴走を開始。小6 12月、SAPIX退塾、2022年外部受験。栄東中進学。

軌道に乗った中学校生活


中学に入学後、1週間目はオリエンテーション、2週目から授業開始、そして3週目に入りGWへ。
今日は5月9日。4月9日の入学式からちょうど1ヶ月。


3週目には給食当番や日直も経験。
2週目まで学校では「ぼっち」なんて言っていたけれど、3週目になるとそれもまた少しずつ変化していったよう。

3週目に今も「ぼっち?」と尋ねると「そうでもない」と。
同級生や先輩などに話しかけたこともあると言った。

国語の授業で一人ずつ3分以上の自己紹介をする機会があった際、息子はなんと8分以上しゃべったと言う。
他の同級生の自己紹介スピーチでは、アニメやゲームが好きな人が多いみたいだ、と。
自分は詳しくないので全然分からなかったと言っていた。


先生方に関しては、どの先生も優しく親しみやすい雰囲気でいらっしゃることが息子を通しよく伝わってくる。
息子も気軽に質問したりしているようだ。
どの授業も興味深く、帰宅後には教科書やノートを見せながらその日教わった内容を教えてくれる。


部活は一つに絞った。
自分が興味を持っているあるツールの使い方について一人の先輩に親切に詳しく教えていただいた日、息子は部活動を決定し入部の申請書を書いた。

ほとんどの部員が女子という部活動。
この時期から習い事も開始。
息子の習い事、部活動、将来的な希望には一貫性があると思う。


ある日の下校時には思わぬ再会があったようだ。
学校を出る際に、かつてSAPIXで何度か同じクラスになったことのある女の子と出会ったと。
「じーっと見つめられて『えっ!?』って言ったら『やっと気づいたの?』って笑われた」。

途中まで一緒に下校。入学後初めてのLINEアドレス交換。
まばゆいばかりの青春・・・。


毎日15時半過ぎに6時間目が終了。
そのまま帰宅するにしても学校を出るのは16時くらい。
部活動があれば17時半過ぎ。

帰宅するのに1時間半程度かかるから、いつも帰宅後最初に夕食、
そしてお風呂を済ませてから勉強に取り組むようにしている。


GWに入ると中間試験の3週間前に。

学校からは各教科の試験範囲を詳細に記載したプリントが配布され、
学習計画表を記入して点検を受けた。

学習計画表には、各日における各教科の学習内容や勉強時間以外に
目標順位や目標得点などの記載欄もあった。


中学受験向けの勉強をしている頃、この子には実は郊外にある共学校が向いていると感じていた。
教科書に従い基礎基本から丁寧に教えていただける学校、
語弊を恐れずに言うと地方の公立進学校に似た雰囲気を併せ持つ学校が向いているだろうと。

今、当時のその感覚は間違っていなかったと思うばかりか、
通学している中学校の素晴らしさを感じると同時に、この環境が想像以上に息子に合っているという思いでいる。

今息子は非常に自然体で日常生活を楽しみ、勉学に励んでいる。
幸せな日常、すべての方々に心から感謝。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。