1年半で中学受験 2022 とその後

都内私立小に通い小6秋までSAPIXに通塾した男子の中学受験とその後。小5 8月、母親(私)が仕事を退職し受験勉強の伴走を開始。小6 12月、SAPIX退塾、2022年外部受験。栄東中進学。

夏休み前、試行錯誤する勉強法


息子の苦手な国語の読解問題に一緒に取り組んでいる。

当初は制限時間を設定し、一人で取り組んでもらった後に答え合わせをしていたが、
これでは効果が薄いように感じられた。

そこで最近は初めから一緒に取り組むようにしている。

まず最初に音読をしてもらう。
次に、本文全体の構成について誘導しつつ(問いかけつつ)答えて行ってもらう。
その後一問ずつ一緒に解いていく。その際には根拠と答えを言ってもらう。
最後に再び本文を音読をしてもらう。

適切な読み方ができていない息子にとっては、
こちらのほうが効率的かつ効果的であるように感じる。
どんなふうに読んでいけば良いのか体感できるから。

本人が独特の読み方をしてしまうその前に
本来あるべき読み方を一緒に味わってもらおうと。

しばらくはこの方法で進めて行きたいと思う。
そしてなるべく多くの演習を積みたい。

 

息子にとってどんなやり方が効果的なのか、
どの科目もいつも試行錯誤。

9月に学校で受験する模試の過去問が配布され、それを解いていた。
数学は2回分あり、一回目の結果を見せてもらって「まぁまぁかなぁ」と思った後、
2回目の結果を見せてもらったら
今度はビックリするような点数の低さ。

気持ちが引き締まり「この夏休み、頑張ろう」と思えるから
これもありがたいことなのだろう。

数学についてはその見直しを通し、どこに課題があるかを見極めて
効果的に復習を進めて行きたいもの。

 

「朝はとりあえず簡単な教科書の英作文(宿題として出ているものを繰り返す)から始めるとスムーズに流れに乗れるが、
数学の簡単な計算からではうまく行かない」とか
「数学はその日のテーマとは別に、
簡単な計算(これも学校の宿題として出ているワークが適切)を
基礎トレとして別途毎日継続すべき(これも繰り返す)」
など、
毎日試行錯誤して、現在の本人に最適な勉強順序や時間の過ごし方を決めていっている。

 

この夏休みは、息子も9月に入ってすぐにあるその模試を一つの目標にしているところがある。
弱点補強に努めつつ実のある勉強をしていければと思う。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。