1年半で中学受験 2022 とその後

都内私立小に通い小6秋までSAPIXに通塾した男子の中学受験とその後。小5 8月、母親(私)が仕事を退職し受験勉強の伴走を開始。小6 12月、SAPIX退塾、2022年外部受験。栄東中進学。

嬉しかった息子の言葉 ~教科間の相乗効果~


学校の英語の夏季課題の一つに
教科書の例文を繰り返し練習するというものがある。

昨日これに取り組んでいる際、
息子が「英語って『型』があるよね。」と言ったことが私には嬉しかった。

まだ中1の一学期なので各英文は非常に平易だが、
「主語・動詞・目的語」と構文を意識したり
疑問形容詞にも疑問代名詞にもなり得る「whose」について
その違いなどをまた考えたり……と、文法をしっかり意識する勉強になっている。

 

日本語は息子にとって母語であり
物心のついた頃には当たり前のように使用していたものだから
普段その文法を意識することは少なく、
またそれは主語の省略など曖昧な部分も持っている言語ではあると思う。

しかし、今、国語の読解力を身につけようと一緒に勉強している中で、
息子に意識してほしい、身につけて欲しいと考えているのは正に論理的な読み方。

一文レベルで言えば、主語/述語、修飾語/被修飾語といった関係性、
文と文との関係性で言えば指示語、接続語などによるそれらのつながり、
文章全体としては対比等の論理的な構造、
それらを意識しながら読むということ。

息子が「英語って『型』があるよね。」と言ったとき、
私は「そう! 日本語にも『型』があるからそれを意識してみて。」と答えた。

 

正に説明文の対比構造のように、
ある一つの物事の特徴は他との対比によって明確になったり認識されやすくなったりする。
違いを意識することで、あるものがより深く認識される。

そしてまた、
別のものを新たに理解するためその構造を強く意識するような視点を持つと、
その思考訓練がもう一方(すでにある程度理解しているつもりだったもの)の理解をもより深め進展させてくれることがある。

 

このように教科間には相乗効果がある。

数学も中学になり、算数から数学へと抽象度を増し
論理的なものとして学びやすくなっている。

息子が今回、新たに学び始めた英語についてそのキーとなる事実に気づき
その言葉を発してくれたことが私には嬉しく、
今後相乗的に各科目の理解が深く広がっていくことを期待している。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。