1年半で中学受験 2022 とその後

都内私立小に通い小6秋までSAPIXに通塾した男子の中学受験とその後。小5 8月、母親(私)が仕事を退職し受験勉強の伴走を開始。小6 12月、SAPIX退塾、2022年外部受験。栄東中進学。

中一 三者面談と夏休み中盤

 

夏休みに入り中学入学後初めての三者面談があった。
そして8月に入り、夏休みも中盤の時期を迎えている。

 

三者面談

 

三者面談の場で一学期の通知表をいただいた。
担任の先生は息子本人が答えるよう、本人に向かって問いかけてくださることが多かった。
母親である私には家での生活態度等について尋ねてくださったりした。

通知表は十段階評価だった。
隣には一学期の中間・期末試験の成績が載っており
その順位はすべて学年順位になっていた。

科目によってはコースで試験問題の一部が異なるのかと思っていたのだけれども、
お聞きしてみると全クラスでテスト内容は同じですとのお答えだった。

何か尋ねられた息子が答えるとき、
「かなりもごもご、そしてダラダラと話すなぁ」と思ってしまった。

彼が話していた取り組み内容は私と一緒に進めているもので
私にはその話の要点みたいなものが分かるから、
もっと端的にまとめ、トップダウンで分かりやすく伝えるべきでは?と思った。

細かすぎる具体的な話、要点ではなく一部分を
もごもごと言い続けている気がしたから。

でもそうだとすれば、
私自身にも同じような傾向があるということだと思っている。
だから私も息子と一緒にロジカルで適切な話し方を身につけていきたいと思う。

後で聞くと「テキパキし過ぎた雰囲気が好きじゃないから…」
なんて言っていたのも気になるけれど・・・。

三者面談では2学期の行事等に関するご説明などもあった。
先生がそれぞれの行事等についてプリントに基づき丁寧に教えてくださる。

クラス内の全親子に対して個別にその説明を下さっているのかと思うと、
ありがたいやら申し訳ないやら、そんな気持ちにもなった。

お忙しい中、
一人ひとりに対ししっかり時間を取って向き合ってくださり、
保護者として感謝に堪えない。

 

夏休み中盤

 

夏休みのスタートは決して良い状態で迎えられなかったけれど、
その後徐々に勉強を始め、やがて待期・療養期間が過ぎて
勉強もようやく本格稼働、外にも少しずつ出るようになった。

息子と毎日共に進めている国語読解の取り組みについては
少し手ごたえを感じ始めている。

一定の制限時間を与えてまず一人で取り組んでもらうというのではなく
最初から一緒に取り組み、
誘導する形で適切な「読み方・考え方・答え方」を身につけてもらう。

選択肢の問題も答えるのが早くなったし
正答率も以前に比べると随分上がった気がする。

「ここ」という根拠を明確に示し、それから逸脱していない解答を選択するだけ。
最初にパッと答えてくれた選択肢がだいたい合っている。

悩ましかった言葉や他の選択肢についても教えてもらうと
「随分深い読みをしているねぇ」と思う。

ただ国語読解の問題を解く上では、
あちこちにある言葉の片鱗からあれこれ想像を膨らませる必要はなく、
根拠に基づき端的に答えれば良い、
とにかく文章中にある言葉を忠実に拾えば良いということが分かってきたようだ。

だから最近は
息子との読解の取り組み時間が以前より楽しいものになっている。

まだまだ今後も一緒に取り組む形で進め、これに慣れて行ってもらわねばならない。
今後はさらに演習量を積みたいと考えている。

 

9月に新学期が始まると早々に校外模試がある。
それが一つの良い目標となっているので夏休みの勉強も進めやすい。

どの教科も直近のところはそれに向けて課題を見つけ努力をしている。
どれも楽しさの感じられる体系的な学びになっていけば素晴らしい。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。